★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの宮殿」★
新宮殿ロゴデフォルト2017年4月改訂(送料半額).JPG
メタルの宮殿はコチラ。

2017年03月12日

◆DODHEIMSGARD / 666 International

DODHEIMSGARD  666 International.jpg
ノルウェーのアヴァンギャルド・インダストリアル・ブラック・メタル・バンドの'99年3rd。


金属音的で機械的なリズムの音が冷徹な雰囲気を醸し出し、ドロドロしたギターとモワモワしたキーボードのフレーズがゴシカルかつ不気味な雰囲気を醸し出す個性的なインダストリアル・サウンド。変拍子を用いたり、ガナりながら歌詞を叫び散らすヴォーカルもあって総合的にかなり不気味なサウンド。Tr.1はかなりゴシック・メタル色が強いですが、打ち込みブラストとトレモロ・リフで爆走するTr.2のようなインダストリアル・ブラック・ナンバー、インダストリアル全開で無機的なTr.9等も収録。


しかしTr.2のような曲にもシュワシュワしたサウンドや、不穏なピアノ、エレクトロ・サウンドが絡みついたりしてきてサイバーでサイコな雰囲気が充満している作品。さらに今作は9分、10分、7分半、6分半と尺が長めの曲も収録されていて、特にTr.4は緩急ついた目まぐるしい展開と不気味なサウンドで圧倒してくる名曲。長尺なTr.1、4、7、9などの曲は奇妙な展開が多くプログレッシヴ色もかなり強いので変態的なサウンドが好きな方にもとてもオススメ。


そしてTr.10〜65まで長々と無音部が続きますが、その後のサイコなテクノ・ナンバーTr.67、インダストリアルかつ耽美で展開も多い9分のインストTr.68と、シークレット・トラックに至るまで聴きどころは満載の名盤です。インダストリアル・ブラックを基本に、ゴシック要素も加味させつつ、展開も多めのダークかつプログレッシヴ或いはアヴァンギャルドな作品が聴いてみたい方にとてもオススメ。


posted by メタルエリンギ at 12:28| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

MENTAL APRAXIA / Cinical - Hypocritical Existence

mentalapraxiacinicalhypocriticalexistence.jpg
コロンビアのデス・メタル・バンドの’06年1st。


少々ドラムの音がデカくて全体の音のバランスが悪いのが気になる、初期CRYPTOPSYタイプのオールド・スクール・デス・メタル。高速でウネリまくったり、妖しいメロディのリフを決めたり、ピッキング・ハーモニクスを決めたりと色々ギターもやっているのですが、ドラムの音がいかんせんデカいw 


ただ、かなりの高速ブラストを聴かせるドラムはそれはそれで実力派。何を言っているのか分からないタイプのガテラル・ヴォーカルもGood。言ってみればCRYPTOPSYの1stをさらにRawにしてバランスを悪くしたような感じ。高速ブラストとスラム・パートの緩急付いた展開もGood。音のバランスが悪かろうが、そこそこテクニカルな展開があって、綺麗さのカケラも無いデス・メタルなら大好きだぜ!っていう方には非常にオススメ。


posted by メタルエリンギ at 19:07| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | デス/メタルコア A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PANACEA / Pray

panaceapray.jpg
ドイツのスラッシュ・メタル・バンドの’95年1stにして唯一のスタジオ・フル。


地声成分が残った咆哮スタイルがメインでガナリながら歌唱する場面もあるMETALLICAのジェイムズみたいなヴォーカル、疾走とミドル、スローを切り替える展開や叙情的な曲もあるあたり、やっぱりMETALLICAを思わせるところが多いスラッシュ・メタル。OVER KILLみたいなギンギンしたベースの音がカッコいいです。ギター・ソロはメロディアスさ控えめの速弾きスタイル。スロー/ミドル・パートは完全にグルーヴ・メタル的なノリですが、なんだかんだ疾走パートもそこそこあるのが魅力的。METALLICAよりは疾走してますw


一つ言えることは、ドイツ出身だけれどもサウンドはUSです。ジャーマン・スラッシュ的な粗暴な疾走感というものはありません。


posted by メタルエリンギ at 19:05| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スラッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OVERKILL / Under The Influence

overkillundertheinfluence.jpg
USのスラッシュ・メタル・バンドの’88年3rd。


OVERKILLらしいアップ・テンポなパート主体にザクザクのギター・リフと、ギンギンした主張の強い音と動きの激しいベースで聴かせるスラッシュ・メタル。シャウトというよりは抑揚の少ないメロディをハイトーンで歌うスタイルのヴォーカルが特徴的で、曲によっては正統派メタル寄りだったり、サビがメロディアスだったりするのが特徴。かといって全体的には別にメロディアスというわけではなく、実にスラッシュ・メタルらしいメロディアスさ控えめの内容です。


さらに、クレイジーに高速で弾きまくるギター・ソロも印象的。勢い重視の破壊的なギター・ソロは曲に実にフィットしています。ただ、アルバム中最もメロディアスなTr.7はギター・ソロもメロディアスです。Tr.1こそ超高速の爆走パートがありますが、基本的には2ビートでの高速疾走はほとんどないので、ベイエリア・スラッシュくらいの疾走感のスラッシュ・メタルが好きな方にオススメ。


posted by メタルエリンギ at 19:02| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スラッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MEGADETH / Super Collider

megadethsupercollider.jpg
USのスラッシュ・メタル・バンドの’13年作。メンバー・チェンジの多いバンドですが、今作は前作と同じメンバーで制作。


リズムにちょっぴり捻りのあるミドル・ナンバーが主体の作品。今作は疾走ナンバーと言えるものは無いので、Endgameにあったような疾走曲が聴きたい方にはオススメではないです。相変わらずギタリスト、Chris Broderickの流麗なソロが強烈ですし、切れ味鋭いギター・リフもいつも通り。Tr.2、Tr.9、10は歌重視の曲になっており、特にTr.9、10はMEGADETH流メロディアス・ハードとでも言いたくないような内容。ほんのり切ないメロディと歌心のあるメロディアスなギター・ソロが印象的なTr.9はこのバンドでは珍しいタイプの曲です。


また、5分弱の長さながらも数度にわたり展開していくドラマティックなTr.6は初期のMEDADETHファンも納得の1曲と言えるでしょう。


posted by メタルエリンギ at 19:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スラッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする