★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの宮殿」★
新宮殿ロゴデフォルト2017年4月改訂(送料半額).JPG
メタルの宮殿はコチラ。

2017年04月30日

★2017年5月1日、メタルの宮殿 新入荷情報!【DEATHMOOR / Actus Sacrophagia Mortem】など

以下のタイトルを出品いたしました。


今回はDEATHMOOR / Actus Sacrophagia Mortem】など


※こちらのページは入荷によりどんどん更新されていきますので、ご了承くださいませ。

★オススメ・タイトル

dejavuejected.jpg
・DEJA VU / Ejected
ドイツ 正統派メタル’16年3rd
ブルース・ディッキンソンからの影響を感じさせる歌唱法と声質のヴォーカルに、硬質な刻みリフと哀愁のフレーズを聴かせるギター、タイトなリズム隊による非常に王道な正統派メタル。'80年代直系の正統派メタル・サウンドながら、そこに'90年代的なクリアな音質とへヴィさを加えたようなサウンド。ほとんどの曲がアップ・テンポ/疾走ナンバーであり、アルバム全体の疾走感は高めです。正統派好きにとてもオススメ。

deathrageselfconditionedselflimited.jpg
・DEATHRAGE / Self Conditioned, Self Limited
イタリア スラッシュ・メタル’88年1st
'80年代のアンダーグラウンドなスラッシュ・メタルらしいちょっぴり篭り気味な音質と、地声吐き捨て型ヴォーカル、ミドル/スロー・パートも織り交ぜて展開も多少多めの内容ながら、大体の曲にジャーマン・スラッシュばりの超高速爆走パートがあるのがとても魅力的な邪悪なスラッシュ・メタル。2nd、3rd辺りのSODOMやKREATORみたいな爆走スラッシュ・メタルが好きな方にとてもオススメ。

deliriumtremensreadmyfist.jpg
・DELIRIUM TREMENS / Read My Fist
ドイツ スラッシュ・メタル’14年3rd
ミドル・パートって何?とでも言わんばかりに徹頭徹尾疾走することしか頭に無いようなサウンドが非常に魅力的なスラッシュ・メタル。高速疾走が主体ですが、曲によってはパワー/スピード・メタル的なテンポやノリでの疾走も聴かせるのが特徴。そしてジャーマン・スラッシュ的などんよりしたサタニックさが無い明快なノリもポイント。疾走しまくりのスラッシュ・メタルが聴きたい方に非常にオススメの名盤。

deadbydawnlivinglegacy.jpg
・DEAD BY DAWN / Living Legacy
ギリシャ メロディック・デス’10年1st
ほどほどにメロディックな中音域の刻みリフを軸にした'90年代的なメロディック・デス・メタル。ブラスト疾走パートを主体にスロー・パートまで起伏があって切り替わりも多いリズム面と、メロディックなラインを奏でたりするベースも聴きどころ。展開が多めながらもリフが分かりやすいので曲の構成が把握しやすいのが強みです。メロデスの中ではブラスト使用頻度が高いのもポイント。なかなかの力作。

deathboundtocurethesanewithinsanity.jpg
・DEATHBOUND / To Cure The Sane With Insanity
フィンランド デス・メタル’03年1st
全9曲28分半程度しかありませんが、その短さがなんだという!?全編怒涛のブラストと超高速2ビートで爆走につぐ爆走の嵐!!ブラストがメインなのでデスラッシュというよりはもはやグラインドコア級の超絶なブルータル爆走ぶりです。細かい説明必要なし!叙情性皆無でひたすらブルータルに爆走するデス・メタルが聴きたい方に非常にオススメの名盤。

decapitatedhackedtodeath.jpg
・DECAPITATED / Hacked To Death
フィリピン デス・メタル’03年1st
ノイズ成分を含んだ汚い低音の刻みリフを軸に、低〜中音域の邪悪なメロディのトレモロ・リフをウマく駆使するギター、力みが感じられて若干不安定ながらも2ビートとブラスト主体にスリリングに爆走するドラム、ガテラル・ヴォイスと高音の喚き声を切り替えながらアグレッシヴに叫ぶヴォーカルによる叙情性皆無のオールド・スクール・スタイルのデス・メタル。コレはかなりの力作です。

defilementrevelinmadness.jpg
・DEFILEMENT / Revel In Madness
セルビア ブルータル・デス’11年1st
高速2ビートとブラスト・ビートによる爆走パートが主体のブルータル・デス。時折絶叫も絡めるガテラル・ヴォーカルに、低音のドロドロしたリフにピッキング・ハーモニクスを絡めてキュイキュイ言わせるギター、グラヴィティ・ブラストも所々使う上に手数も非常に多いドラムでとてもブルータルな作品。スローなパートもありの起伏のついた性急な展開も盛り込んだテクニカルさも感じさせるサウンドです。

delyriaregressioninmind.jpg
・DELYRIA / Regression In Mind
イタリア メロディック・デスラッシュ’09年1st
ザクザクした刻みリフに叙情フレーズを混ぜたアグレッシヴでありつつもメロディックさもあるリフに、2ビートでのスタスタした高速疾走をメインにミドル/スロー・パートもウマくからめつつも疾走/爆走パートが多めのサウンドはまさにデスラッシュ的ですが、ソロではツインでハモったり、ワウを効かせたりしながらARCH ENEMYを思わせるような非常にメロディアスで叙情的なギター・ソロを聴かせるメロディック・デスラッシュ。

demisemodeterror.jpg
・DEMISE / Mode:Terror
ヴェネズエラ デス・メタル’09年1st
スロー〜ブラストまで幅広く駆使した起伏のある展開と、ex:CRYPTOPSYのMike DiSalvoを思わせるようなアグレッシヴなグロウル、刻みリフとドロドロした邪悪なメロディのトレモロ・リフを駆使するヴォーカルによる王道のデス・メタル・サウンド。時折性急な展開を見せつつもしっかりと無理なく練られた楽曲に、安定感ある演奏、そして綺麗すぎない程度に良好な音質と全くB級臭さの無い充実の内容。

deathmooractussacrophagiamortem.jpg
・DEATHMOOR / Actus Sacrophagia Mortem
ロシア ブラック・メタル’15年4th
Tr.1から12:03、9:14、24:11と、3曲入りでありながらも長尺な曲3曲が並んだ大作主義の作品。篭り気味でノイズの膜に覆われたような不明瞭な音質の中で、発狂気味に喚き散らすヴォーカル、トレモロ、単音、アルペジオいずれも不穏なリフを連発するギター、ドカドカと爆走するドラムが響き渡る不穏さが非常に強い不気味なブラック・メタル。実は曲そのものはかなり展開多めで練られているのもポイント。

decayedhexagramhonouretfidelitas.jpg
・DECAYED / Hexagram (Honour Et Fidelitas)
ポルトガル プリミティヴ・ブラック’07年6th
HOTH、ALASTORなどのバンドでも活躍し、恐らくポルトガルという国ではカルトな存在であろうJ.A.氏が中心のバンド。メロディックさがほぼ無いどんよりとした反復するシンプルなトレモロ・リフを、篭り気味の音質の中をドカドカと爆走するドラムに乗せたまさに王道の地下臭のする初期型プリミティヴ・ブラック・メタル。とにかく暗くて邪悪なブラック・メタルが聴きたい方にオススメ。


以下のタイトルも出品いたしました。

・DARK MIRROR / Portrait Of Evil
US 正統派/パワー・メタル’09年2nd

・DARK MIRROR / Visions Of Pain
US 正統派/パワー・メタル’07年1st

・DARKING / Sons Of Steel
イタリア エピック・メタル’10年1st

・DEATHRAGE / Down In The Depth Of Sickness
イタリア スラッシュ・メタル’90年2nd

・DEATHNA RIVER / Легенды Чернограда
ウクライナ ペイガン・メタル’13年1st

・DARK MAN SHADOW / Victims Of Negligence
ドイツ ゴシック・デス’13年3rd

・DE LIRIUM'S ORDER / Victim No. 52
フィンランド デス・メタル’04年1st

・DEATH KULT / Beyond The Flesh
コロンビア デス・メタル’11年1st

・DECISION TO HATE / Prepare For Self-Destruction
ドイツ デス・メタル’06年1st

・DECREPANCY / Paralyzed Will
セルビア デス・メタル’12年1st

・DEFACED CREATION / Serenity In Chaos
スウェーデン デス・メタル’99年1st(唯一のスタジオ・フル)

・DEFORMED SLUT / Stench Of Carnage
ブラジル ブルータル・デス’11年1st

・DARK PARANOIA / Emptied By Necessary Apathy
イタリア ディプレッシヴ・ブラック’11年1st

・DARKNESS ALMIGHTY / Shadows Dominion
コロンビア メロディック・ブラック’15年1st

・DE SILENCE ET D'OMBRE / Vol. Iv - Worship The Hideous
フランス 独りブラック’13年2nd

・DEAD DAWN RISING / Dead Dawn Rising
ギリシャ シンフォニック・ブラック’08年1st

・DEATH NOIZE / Conquest War Famine Death
ルーマニア ブラック/スラッシュ’13年1st

・DEATHINCARNATION / Roar From Within
ウクライナ デス/ブラック’11年2nd

・DEATHROW / The Eerie Sound Of The Slow Awakening
イタリア 独りプリブラ’14年4th

以上になります。

posted by メタルエリンギ at 23:46| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタルの宮殿入荷情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

★2017年4月27日、メタルの宮殿 新入荷情報!【新入荷じゃないけどギタリスト系コメント大幅更新!】

以下のタイトルのコメントを更新いたしました。

今回は新入荷じゃないけどギタリスト系コメント大幅更新!

入荷当時、作品をじっくりチェックする時間が無く不本意ながらあっさりしたコメント、もしくはコメント無しで出品していたタイトルになります。埋もれた名作が多数ございました!ぜひともチェックを!この作品どんな内容だろう?と気になっていたタイトルがあるかもしれません。

今回改めて聴いてみて特に、ALEX MASIの後年の作品の流麗さや、BORISLAV MITICのあまりにも壮絶なテクニック、EDWARD BOXやSTRINGS 24のメロディの良さ、MASSIMO IZZIZZARIの凄まじいレガート・プレイ、MATTSSONの17分の壮大なインスト、VARGTON PROJEKTの超絶技巧に圧倒されました!名盤だらけです!

※こちらのページは入荷によりどんどん更新されていきますので、ご了承くださいませ。

★オススメ・タイトル

alexmasieternalstruggle.jpg
・ALEX MASI(MASI名義) / Eternal Struggle
イタリア テクニカル・ギタリスト’01年8th
まずかつての作品と違って音質が格段に良くなっていることに驚きます。非常にクリアになって、ギター・サウンドもクッキリと切れ味を増したサウンド・プロダクションにより、B級臭もすっかり無くなっています。歌メロもキャッチーさと起伏を増してとてもメロディアスになり、ギター・プレイも高速でありつつ粗さも無くなってメロディアスになり、全ての面で良質に成長した哀愁/ネオクラ系メタルの名盤。

alexmasilatenightsatdesertsrimrock.jpg
・ALEX MASI / Late Nights At Desert'S Rimrock
イタリア テクニカル・ギタリスト’06年11th
クラシカルな作風を得意としているAlex Masiですが、この作品では2004年のプロジェクトMCMの影響か、大きく変化してフュージョン・メタル的な作風となっています。クラシカルなフレーズはほぼ出てこず、音程差の大きい非常にトリッキーな超絶速弾きフレーズを満載した内容。ミステリアスでちょっぴりダークな雰囲気に、異国情緒を加えたような曲を聴かせてくれる名作です。

alexmasitheoryofeverything.jpg
・ALEX MASI / Theory Of Everything
イタリア テクニカル・ギタリスト’10年12th
前作はフュージョンが基本のアドリブ重視のインスト作品でしたが、今作はかつてのネオクラシカル路線とも違う、構築感溢れるフレーズと歌うようなギター、そしてスリリングな速弾きギターによるハード・ロック/へヴィ・メタル基調の分かりやすいインストになっています。荒々しい速弾きを連発していたあのAlexが、こんなにもメロディアスにゆったりとしたフレーズを弾くようになるとは驚き!名盤です!

anandjoy4ever.jpg
・ANAND / Joy 4 Ever
オランダ ギタリスト’03年作
ワウを効かせた艶やかで少し粘っこいトーンでギターがメロディをエモーショナルに歌うタイプのインスト。切なげなキャッチーなメロディが主体となっており、要所でテクニカルな速弾きを聴かせるスタイルです。メロディの切なさやギターの歌いっぷりで言えば、Neil Zaza辺りが近め。とにかくエモーショナルなギターと切ないメロディの数々が素晴らしい作品です。泣きギター好きにもオススメ。

borislavmitictheabsolute.jpg
・BORISLAV MITIC / The Absolute
セルビア テクニカル・ギタリスト’09年3rd
クラシカルなフレーズを軸に超絶テクニカルな速弾きと、クサメロが満載されたインスト作品!目が回るほどの超絶高速フレーズを決めまくりつつ、非常にメロディアスなのでテクニック・ゴリ押し感が無いのが最大の魅力!このテのインストでもトップクラスの名盤!クラシカル系の中でもシリアスで荘厳で重めなやつじゃなくて、クサくて分かりやすいインストが好きな方に非常にオススメ。

cyrilachardconfusion.jpg
・CYRIL ACHARD / Confusion
フランス テクニカル・ギタリスト’97年作
変拍子満載かつ先の読めないテクニカルな展開、そこに叙情的な泣きのギター、流麗な速弾きが乗るインスト作品。ギター・インストというよりは、この展開の多さはプログレッシヴ・ロック/メタルが好きな方にこそ聴いてみてほしいです。プログレ的な展開の多さを持ちつつ、切ないメロディのメロディアスな泣きのギターや流麗なソロが満載されたインスト作品が聴きたい方に激押しの名盤!

danielpalmqvistalandscapemadefromdreams.jpg
・DANIEL PALMQVIST / A Landscape Made From Dreams
スウェーデン テクニカル・ギタリスト'06年作
あまりハードではないロックを下地にしたギター・インストながら、切ないメロディをロングトーンの泣きのギターが歌い、そこに速弾きを絡めたような泣きに特化した演奏が印象的な作品。決してスウィープ等の派手でテクニカルなプレイが満載されたインストではありませんが、メロディ重視の方や爽やかな泣きのギターが好きな方にはぜひとも聴いてみてほしい名作です。

edwardboxmoonfudge.jpg
・EDWARD BOX / Moonfudge
UK テクニカル・ギタリスト’06年2nd
ワウのかかった粘っこいトーンで、歌心のあるフレーズを軸に、グルーヴィなリフとタッピングを駆使した派手な速弾きを聴かせる王道のハード・ロック・ギター・インスト。爽やかで明るい曲が多く、メロディもキャッチーなのでとにかく聴きやすいインスト作品。なんだかんだ泣き系の曲が多いのが特徴ですが、ゲーム音楽的なノリのクサメロ・ナンバーもアツいです。純粋に「あ〜、ギター・インストっていいなぁ」と思える1枚。

jenniferbattensstribalragemomentum.jpg
・JENNIFER BATTENS'S TRIBAL RAGE / Momentum
US 女性テクニカル・ギタリスト’97年作
民族音楽的要素を交えたハード・フュージョン・ギター・インスト作品。Jenniferのプレイはテクニカルな速弾きを連発するようなスタイルではなく、アーミングやエフェクター、得意のタッピングを駆使した表情豊かでトリッキーなプレイと泣きのプレイを軸にしたスタイル。表情豊かなギター・プレイで独自のサウンドを披露しているギター・インストが聴きたい方にオススメの名盤。

massimoizzizzariunstablebalance.jpg
・MASSIMO IZZIZZARI / Unstable Balance
たぶんイタリア ギタリスト’07年作
ファンクを下地にしたフュージョン・ギター・インストですが、とにかく全編に亘りとんでもなく滑らかな高速レガート・プレイが満載されているのが特徴!この滑らかさはまさにGreg Howeとかその辺と比較しても遜色ないレベル!それでいて歌心溢れるメロディも満載されていて、テクニカルでありつつ聴きやすい名盤!メタルであることにはこだわらない方に是非とも聴いてみてほしいです。

mattssonpowergames.jpg
・MATTSSON / Power Games
フィンランド テクニカル・ギタリスト'03年7th
今作は7分半、8分、17分と長尺な曲も数曲収録されているところからもうかがえる通りのプログレッシヴ・メタルがメインの内容。名ヴォーカルLance Kingが参加!しかし最大の聴きどころは17分のTr.7!なんとまさかの長大なインスト曲で、変拍子や速弾きメインの動、激泣きギターが5分くらいずっと炸裂する静の対比…。17分ほぼギター弾きっぱなしの圧巻のLars劇場はギター好き必聴の超名曲です!

michaelharrisegodecimationprofile.jpg
・MICHAEL HARRIS / Ego Decimation Profile
US テクニカル・ギタリスト’96年2nd
Tr.1こそ荘厳なクラシカル・ナンバーですが、トータルでは普通に叙情的なメロディック・メタルが下地になっているインスト。分かりやすいリズムと曲構成、歌心のあるフレーズを軸に、テクニカルなソロや手数多いドラムでスリリングに聴かせる場面もしっかりとある実にバランス感覚に優れたインスト作品。ギターが歌うようなインストが好きな方にも、スリリングな速弾きテクが堪能できるインストが好きな方にもオススメ。

strings24strings24.jpg
・STRINGS 24 / Strings 24
イタリア ギタリスト3人による8弦ギター・プロジェクト’09年1st
ARACHNESのFranco Caruso、TIME MACHINE、ex:ARKHE'のGianluca Ferro、Stefano Xottaの3人のギタリストが8弦ギターを使ったプロジェクト。8弦らしいへヴィなリフを駆使しつつ、歌心溢れる構築感あるフレーズが軸になった非常にメロディアスなギター・インスト。ソロもテクニカルなだけでなく歌心のあるフレージングが素晴らしいですし、ギターが複数いることによるハモりも楽しめる名盤。

vargtonprojektprogxyprimetal.jpg
・VARGTON PROJEKT / Progxyprimetal
MATS / MORGAN BANDの(Ds)Morgan Agren、(G)Mats Hedbergらによるスウェーデン テクニカル・フュージョン/メタル’11年1st
超絶な速弾きと変拍子だらけのリズムのハイテンションなテクニカル・ナンバーがメインの超絶テクニカル・フュージョン/メタル。メタリックなへヴィなリフを混ぜつつ、妖しげな雰囲気や異国情緒を感じさせるフレーズが印象的。楽器演奏重視な作風なのでインスト好きにオススメしたいテクニカルモノ大名盤。


以下のタイトルのコメントも更新いたしました。

・ALEX MASI / Vertical Invader
イタリア テクニカル・ギタリスト’90年4th

・ALEX MASI / In The Name Of Bach
イタリア テクニカル・ギタリスト’00年7th

・ALEX MASI(MASI名義) / Fire In The Rain
イタリア テクニカル・ギタリスト’87年1st

・CHRIS POLAND / Return To Metalopolis Live
US テクニカル・ギタリスト’07年Live盤

・CYRIL ACHARD / Violencia
フランス テクニカル・ギタリスト’10年作

・CYRIL ACHARD TRIO / Trace
フランス テクニカル・ギタリスト

・JAMES BYRD(ATLANTIS RISING名義) / Crimes Of Virtuosity
US テクニカル・ギタリスト’98年通算5th

・JOOP WOLTERS / Workshop
オランダ テクニカル・ギタリスト'03年1st

・JOOP WOLTERS / Speed, Traffic And Guitar-Accidents
オランダ テクニカル・ギタリスト’04年2nd

・JOSE DEL RIO / Journey Into The Fourth Dimension
チリ ネオクラシカル・ギタリスト’06年1st

・LARS ERIC MATTSSON / Electric Voodoo
フィンランド テクニカル・ギタリスト’91年3rd

・MATTSSON / Another Dimension
フィンランド テクニカル・ギタリスト'00年6th

・MATTSSON / Tango
フィンランド テクニカル・ギタリスト’10年12th

・MILAN POLAK / Straight
オーストリア テクニカル・ギタリスト’07年作

・MILAN POLAK / Murphy'S Law
オーストリア テクニカル・ギタリスト’09年作

・PATRIK CARLSSON / Melodic Travel
スウェーデン テクニカル・ギタリスト

・SIMONE FIORLETTA / When Reality Is Nothing
イタリア テクニカル・ギタリスト’09年4th

・THORBJORN ENGLUND / Influences
スウェーデン マルチ・プレイヤー’06年1st

・TONY HERNANDO / Iii
スペイン テクニカル・ギタリスト’04年3rd

・TONY HERNANDO / Actual Events
スペイン テクニカル・ギタリスト’09年4th

posted by メタルエリンギ at 12:11| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メタルの宮殿入荷情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

CRYING STEEL / The Steel Is Back!

cryingsteelthesteelisback.jpg
イタリアの正統派メタル・バンドの’07年作にして、20年ぶりの復活の2nd。2016年からはなんとヴォーカルにはあのTony Millsが参加しているそうですが、このアルバムは違う人です。この作品はどうやら'80年代の時と同じメンバーのようです。


完全なる'80年代直送正統派メタル・サウンドが心地よい作品。少し細目の声質ながらも切れのあるハイトーン・ヴォーカル、硬質な刻みリフとフラッシーなソロをガンガン決めるギター、安定感抜群のリズム隊と、さすがに活動歴そのものは長いだけあって実力派のサウンド。また、正統派メタルの中でもIRON MAIDENではなくJUDAS PRIESTタイプのストレートな構成とリズム、キャッチーな歌メロで聴かせるスタイルが特徴。とにかく真っ直ぐで分かりやすい正統派メタルが爽快です。


また、程よくミドル・ナンバーを交えつつもアップ・テンポ・ナンバーと疾走ナンバーが主体で聴いていてかったるさが無く、曲の配置のバランスもいいのがポイント。歌メロは正統派らしくクサすぎない程度の程よい哀愁がかかっており、やっぱりそういった点もJUDAS PRIEST的。Tr.5のように若干哀愁強めでACCEPTを思わせるような曲もあります。ともあれ、IRON MAIDENみたいに曲にひねりのある正統派ではなく、とにかく愚直なまでにストレートなJUDAS PRIEST、ACCEPTタイプの正統派メタルが好きな方にオススメな1枚。綺麗すぎない音質もまた'80年代的でVery Goodです。


posted by メタルエリンギ at 09:19| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR C、D、E、F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CONQUEST / Frozen Sky

conquestfrozensky.jpg
ウクライナのメロディック・パワー・メタル・バンドの’05年2nd。


今作ではヴォーカルがAlex G.L.に交代。クリアなハイトーンを軸にしたヴォーカルで、より起伏に富んだ歌メロに仕上がっているのが今作の特徴。また、前作はツイン・ギター編成でしたが今作はギタリストは中心人物のW.Angelのみとなり、キーボーディストが新たに加入しており、北の国らしい冷たい空気を運んでくるバッキングを聴かせてくれます。ギタリストは1人になったとはいえ、前作同様力強い硬質な刻みリフは健在で、それがやはりこのバンドの魅力の一つ。


また、前作は全13曲中10曲が疾走という驚異の爆走ぶりでしたが、今作は実質的1曲目Tr.2がシャッフルのアップ・テンポ・ナンバーで、それが示唆するかのように中身も疾走曲だけではないバランスの良い内容に切り替わっているのが特徴。全11曲中、高速疾走が主体の曲は2曲しかなく、部分的に爆走パートがあるのが2曲と、前作の爆走ぶりと比較すると随分と落ち着いてしまったなぁと思ってしまう内容。歌メロこそ前作と変わらないかそれ以上のインパクトがありますが、やはり前作を聴いたあとだとこの疾走感は物足りなさを感じてしまいます。


Tr.7がミドル・ナンバー、Tr.8がバラード、Tr.9が短い泣きのインストと、少々中だるみしてしまう曲の配置もマイナス。とはいえ、前作でもそうであったように、このバンドはそもそもメロディが良いので疾走曲のみならずバラードもいい仕上がりであることには違いは無いです。特に、冷たくメランコリックな空気を運んでくるキーボードと、美しいクリーン・アルペジオが素晴らしい非常にエモーショナルなバラードTr.5は名曲です。


また、終始疾走ではないながらもサビで爆走し、サビとイントロのクサさは非常に強烈なTr.4や、高速の刻みリフがカッコいい部分爆走ナンバーTr.6と、決してメロパワ好きが聴いて損するような内容ではなく、むしろ高速疾走にこだわらなければ非常にメロディックで安定感もあって良い仕上がりの1枚と言えます。ということで、どうしても前作の爆走ぶりのインパクトが残ってしまうこのバンドですが、疾走感は落ちつつもメロディの良さと安定の演奏でしっかりと聴かせるこのアルバムも十分な力作と言えます。


posted by メタルエリンギ at 09:16| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR C、D、E、F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CONQUEST / Endless Power

conquestendlesspower.jpg
ウクライナのメロディック・パワー・メタル・バンドの’02年1st。↑コレは再発盤のジャケで、オリジナルはもっとダサいですw


当時、DRAGON FORCEがValley of the Damnedで2003年にデビューする前だったので、このテンポでの爆走ぶりはマニア間で話題になりました。今改めて聴いてみてもDRAGON FORCEの初期よりも明らかに安定感のある演奏とヴォーカルで、非常に速いだけでなく確かなクウォリティを持っていた作品であることが確認できます。フォーキッシュなツイン・リード・フレーズが印象的な実質的1曲目Tr.2からメロスピ・ファンなら必聴と言っていい曲。


ヴォーカルはDRAGON FORCEみたいに突き抜けるようなハイトーンではないですが、中〜高音域でウマいことこのヴォーカルに合わせたクサメロを作れているところが実に素晴らしいところ。そして要所で強烈なハイトーン・シャウトを聴かせるヴォーカルも見事。1stアルバムにしてドラムもバタバタせず非常にタイトな演奏を聴かせてくれますし、ギターもスウィープ等のテクニカル・プレイこそ無いながらもメロディアスなフレーズとスリリングな速弾きでじっくり楽しませてくれます。


また、疾走ナンバーがメインではありますが、北欧らしい非常に叙情的なバラードTr.5、9もGood。特にクサみの強いTr.4はメロパワ好き必聴。また、この再発盤のボーナス・トラックTr.14がとにかく激クサです。3〜5分ほどと長さもちょうどよく、トータル60分と満足のボリューム感もポイント。BT含み14曲のうち、実に11曲が疾走ナンバーという疾走感の高さが魅力である反面聴き疲れしそうですが、Tr.5、9とちょうどいいところにバラードがあるため聴き疲れしないところもGood。


メロディの傾向は強烈すぎない程度に哀愁がある感じの曲をメインに、Tr.11のような明るい曲も少々収録。なので、DRAGON FORCEみたいな超絶爽やか系とも、BURNING IN HELLみたいな熱血暑苦し系とも違う感じで聴きやすいバランスでもあるのが魅力的。DRAGON FORCEのような派手さは無いものの、王道のメロパワをより高速にそれでいて安定感抜群に仕上げた傑作。とにかく安心して聴いていられますし、クサメロも充実していて文句無しの仕上がりです。


posted by メタルエリンギ at 09:11| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR C、D、E、F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする