★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの小屋」★
20190723メタルの小屋ロゴ png.png
メタルの小屋はコチラ。

2018年05月23日

★2018年5月23日、メタルの宮殿 新入荷情報!【色々70点ほど、再入荷品もあり!】

以下の商品を出品いたしました!

今回は色々70点ほど。再入荷品も数点!

今回入荷したタイトルのショップでの一覧ページはこちらです。
※こちらのページは入荷によりどんどん更新されていきますので、そのうちリンク先が別な内容になります。ご了承くださいませ。

★商品ピックアップ

circlesofmindrevelationinsight.jpg
・CIRCLES OF MIND / Revelation Insight
メキシコ メロディック・パワー・メタル’10年1st(唯一のスタジオ・フル)
'10年リリースにしては若干薄さのある'90年代的なサウンド・プロダクションに、音質だけでなく演奏やヴォーカルそのものもまさに'90年代メロパワ直系のサウンド。緩急は付きつつも疾走パートがメインなのでトータルの疾走感はかなり高い作品ですし、歌メロやギターのフレーズのクサさも上等。メロパワ黄金期サウンドが好きな方は是非とも聴いておきたい1枚です。

carcharodonroachstomper.jpg
・CARCHARODON / Roachstomper
イタリア デス & ロール/ストーナー’13年2nd
ヘヴィなリフ、ブルージーで土臭いグルーヴィでゆっくり目なリズムとグルーヴによる、R&R色を感じさせるストーナー・ロックをデス声気味なヴォーカルが叫び歌うスタイルの個性的なサウンド。ストーナー・デス & ロールといった感じ。

bloodrocuteddisasterstrikesback.jpg
・BLOODROCUTED / Disaster Strikes Back
ベルギー スラッシュ・メタル’15年2nd
スラッシュ・メタル以外の何物でもない王道スラッシュ・メタルを聴かせてくれた前作。ヴォーカルが邪悪さを増してカッコよくなったのがGood!しかし今作は2ビートが主体でありながらも大体の曲にブラスト・ビートも出てきます。さらに、ギター・リフも前作ほど'80年代直系ザクザク感は無く、少しドロドロしており、全体的に幾分デス・メタル寄りになっているのが特徴。

bombarderokotizpakla.jpg
・BOMBARDER / Okot Iz Pakla
ボスニア・ヘルツェゴヴィナ パワー/スラッシュ’16年7th
野太い声での母国語シャウトと歌心の感じられるギター・ソロが印象的なパワー/スラッシュ・メタル。2ビートの高速爆走ナンバーを主体に、曲によってはスピードを抑えて正統派メタル的なノリで聴かせたりもします。総じて'80年代的なサウンドですが音質は非常にクリアで厚みもありクウォリティの高い1枚です。

chronosphereembracingoblivion.jpg
・CHRONOSPHERE / Embracing Oblivion
ギリシャ スラッシュ・メタル’14年2nd
ほとんどが高速疾走パートながら非常にタイトな演奏を聴かせる超高品質スラッシュ・メタル。超高速で刻まれるリフはもちろんのこと、非常にテクニカルで流麗なんだけれどもメロディアス過ぎずに狂気を保ったフレージングのギター・ソロのセンスは抜群!スラッシュ・メタルならとにかく高速で刻みまくれ!そして高速2ビートで爆走しやがれ!という方には激押し。スラッシャー必聴の名盤!

chur.jpg
・CHUR / Лихо(Misfortune)
ウクライナ フォーク・メタル’09年2nd
民族楽器系とドラム恐らくは打ち込み。男性の低音朗唱と女性ヴォーカルの掛け合い、高速疾走ありの展開と、フォーク・メタルとして十分なクウォリティを誇る内容。また、ギターよりも民族楽器系の音の方が目立つのが特徴。メロパワ的でもブラック・メタルが下地でもなく、純粋にフォーク・メタルだコレ!と言えるサウンドが最大の魅力と言って差し支えない1枚。

bloodrainbowsmelteriesofdamnation.jpg
・BLOOD RAINBOW / Smelteries Of Damnation
ハンガリー ブルータル・メロデス’05年2nd
ブルデスばりの邪悪なドロドロリフと高速ブラストや2バスを聴かせつつ、ピロピロしたメロディアスでテクニカルなバッキングやソロ、リフ等が随所で出てくるサウンド。ブルデス的な要素とメロデス的な要素が合わさったものが好きな方にオススメ。

crownofautumnthetreasuresarcane.jpg
・CROWN OF AUTUMN / The Treasures Arcane
イタリア フォーキッシュ・ゴシック・メロデス’97年1st
クサいリフの疾走メロデス・ナンバーTr.2のようなものがあれば、フォーキッシュな叙情スロー・ナンバーTr.3、ゴシック・アンビエントなTr.4もありと多彩な曲を収録した作品。フォーキッシュなメロデスを基本にゴシック要素を加えた感じ。メロディアス度、叙情度は高いです。

cunnilingusthereturnoftheblasphemicdepravation.jpg
・CUNNILINGUS / The Return Of The Blasphemic Depravation
ポルトガル デス声パワー・メタル’16年1st
バックの演奏や疾走時のスピード自体やリフはパワー・メタルや正統派メタルのソレ。しかしながらヴォーカルがデス声というのが大きな特徴。パワー・メタルな演奏ながらもデス声というアンバランスさが面白い1枚。

darkcelebrationphlegetonthetranscendenceofdemonlords.jpg
・DARK CELEBRATION / Phlegeton The Transcendence Of Demon Lords
ブラジル メロディック・デス・メタル’09年2nd
メロディックな刻みリフとトレモロ・リフを駆使したメロディック・デス・メタルを基本にしつつ、トレモロ & ブラスト等で所々メロブラ的な雰囲気も醸し出すサウンド。クサみの強い正統派メタル/メロパワ的なギター・フレーズも飛び出してくるところが特徴的で、特にメロパワみたいなクサいハモり・リフとスネア裏打ち疾走のイントロを持つTr.2のインパクトは強烈です。

bloodrainbloodrainivhostishumanigeneris.jpg
・BLOODRAIN / Bloodrain Iv: Hostis Humani Generis
ロシア 薄メロ・プリブラ’10年4th
寒々しく薄ら叙情的なトレモロ・リフとキャッチーさのある刻みリフを刻むギター、ギンギンと主張の強い音でアグレッシヴに刻まれるベースが印象的な薄メロ・プリブラ。ブラストに2ビートを安定感抜群に聴かせるドラムに、時折クリーン歌唱も聴かせつつ基本は汚くシャウトするヴォーカルも全部が非常にカッコいい1枚。

dantalionreturntodeeplethargy.jpg
・DANTALION / Return To Deep Lethargy
スペイン 悲しみのブラック・メタル’12年4th
怒りと悲しみが入り混じったような気合の入った絶叫グロウルに、地声混じりの泣きそうな絶叫を聴かせるヴォーカルがディプレッシヴな空気を醸し出すブラック・メタル。悲しいメロディのトレモロ・リフのスロー・パートと、叙情性のあるトレモロ・リフのブラスト疾走パートを切り替える起伏の付いた展開もGood。計算されて構築された曲も演奏も素晴らしい名作。


以下のタイトルも出品いたしました。

・BLACK PHANTOM / Better Beware!
イタリア 正統派メタル’17年1st

・BOOZE CONTROL / The Lizard Rider
ドイツ へヴィ・メタル’16年3rd

・CRIMSON VALLEY / Crossing The Sky
ポーランド メロディック・パワー・メタル’12年1st

・CLAIR DE LUNE MORTE / In Absence Of Words
チリ メランコリック・ゴシック・ドゥーム’13年1st

・CRIMSON DAWN / Chronicles Of An Undead Hunter
イタリア メロディック・ドゥーム’17年2nd

・BEYOND / Thrash
ハンガリー スラッシュ・メタル’09年2nd

・BEYOND / Thrash In Black
ハンガリー スラッシュ・メタル’11年4th

・BIRTH A.D. / I Blame You
US クロスオーヴァー・スラッシュ’13年1st

・BLACK ROCK / The Mighty Sacrifice
フィンランド ブラッケンド・スラッシュ’15年1st

・BLASPHEMER / Executioner
コロンビア デス/スラッシュ・メタル’08年1st

・BUNKER 66 / Screaming Rock Believers
イタリア ブラッケンド・スラッシュ’14年2nd

・CACERIA / En Guerra
パラグアイ スラッシュ・メタル’15年1st

・CEIFADOR / Heavy Metal 666
ブラジル ブラッケンド・スラッシュ’14年1st

・CHAINSAW / Filthy Blasphemy
ギリシャ スラッシュ・メタル’17年2nd

・CHILDREN OF TECHNOLOGY / Future Decay
イタリア リズム隊が女性のハードコア/スラッシュ’14年2nd

・CROSSING DEATH / Todos Tenemos El Mal
メキシコ クロスオーヴァー・スラッシュ’15年1st

・BIRTH ASPHYXIA / Human Obelisk
日本 デス・メタル’12年1st

・BLASPHEMER / Ritual Theophagy
イタリア ブルータル・デス’16年2nd

・BLEEDING GODS / Shepherd Of Souls
オランダ デス・メタル’15年1st

・BLOOD RED THRONE / Brutalitarian Regime
ノルウェー デス・メタル’11年6th


・BLOODYOBSESSION / Husaria
チェコ デス・メタル’17年4th

・BODYSNATCH / Insights Of A Rotten Theatre
スイス デス・メタル’11年1st

・CACADOR DE ALMAS / Vigario Maldito
ブラジル デス・メタル’12年1st

・CANNIBE / Beast Of Zhytomyr
イタリア グラインドコア’15年3rd

・CANNIBE / The Mind Is Collapsed
イタリア グラインドコア’12年2nd

・CARNAL DIAFRAGMA / Grind Restaurant Pana Septika
チェコ ゴアグラインド’17年4th

・CORPROPHEMIA / Abhorrogenesis
カナダ テクニカル・デスコア’16年2nd

・CRANIAL IMPLOSION / Lost On Dead Dominions
チリ デス・メタル’15年1st

・CRIMINAL ELEMENT / Criminal Crime Time
US テクニカル・デス’15年3rd

・CROCELL / Prophet'S Breath
デンマーク メロディック・デス’15年4th

・CRUCIFICTION / Portals To The Beyond
ギリシャ デス・メタル’10年1st

・CRYPTIC REALMS / Enraptured By Horror
多国籍 オールド・スクール・デス・メタル’16年1st

・CUMBEAST / Straight Outta Sewer
フィンランド デス・メタル’16年4th

・CUTTERRED FLESH / Dying In Pieces
チェコ デス・メタル’13年3rd

・BLACK INVOCATION / Chaos - Triumph - A New Beginning
ブラジル プリミティヴ・ブラック’17年1st

・BLACKDEATH / Satan Macht Frei
ロシア ブラック・メタル’04年4th

・BLACKRAT / Hail To Hades
カナダ ブラック/スラッシュ’16年2nd

・BLOOD COVENANT / Sign Of Time
アルメニア シンフォニック・ブラック’13年3rd

・BLUTKRIEG / Blooddawn
詳細不明 Rawプリブラ’15年作

・BODE PRETO / Inverted Blood / Dark Night
ブラジル プリミティヴ・ブラック'10年EPと’12年1stの2in1

・BOG OF THE INFIDEL / Asleep In The Arms Of Suicide
US メロディック・ブラック’16年2nd

・BRIARGH / Eboros
スペイン ペイガン・ブラック’15年3rd

・BURIAL SUN / Burial Sun
フィンランド ブラック・メタル’11年1st

・CARPATUS / Procellarum
ブラジル ブラック・メタル’06年2nd

・CHAOSWOLF / Templo De Palabras Muertas
メキシコ ブラック・メタル’15年2nd

・CHEVAUCHEE / Phrenolepsia
ロシア 独りブラック’17年1st

・CHRISTIAN EPIDEMIC / Sirba Szant Teremtes
ハンガリー シンフォニック・デス/ブラック’15年5th

・CIEN / Ecce Homo
ポーランド メロディック・ブラック’14年1st

・CIEN / Time Of Anti-Humanity
ポーランド ブラック・メタル’15年編集盤

・CLAVICULA NOX / 333
ブラジル ブラック・メタル’16年1st

・COLD / A Call From The Grimness
チリ 独りディプレッシヴ・ブラック’15年編集盤

・COLISEUM / Mirmillon
ベルギー エピック・メロデス/メロブラ’15年1st

・COLUMBARIUM / Evoking The Sylphs
US ブラック・メタル’16年1st

・COMMON GRAVE / Dust Of My Existence
イタリア 悲しみのブラック・メタル’15年2nd

・CROSS OF IRON / In The Steelstorms
ポーランド デス/ブラック’11年2nd

・DARK DOMINATION / Let Satan Speak Through Our Lips
ラトヴィア ブラック・メタル’05年1st

・DARK FORTRESS / Profane Genocidal Creations
ドイツ メロディック・ブラック’03年2nd

・DARK FORTRESS / Tales From Eternal Dusk
ドイツ メロディック・ブラック’01年1st


メタルの宮殿はこちらです。
posted by メタルの小屋 at 00:27| 千葉 ☀| Comment(0) | メタルの小屋入荷情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

★2018年5月16日、メタルの宮殿 新入荷情報!【色々少量】

以下の商品を出品いたしました!

今回は色々少量。

※こちらのページは入荷によりどんどん更新されていきますので、そのうちリンク先が別な内容になります。ご了承くださいませ。

・DIEMONDS / Never Wanna Die
カナダ 女性ヴォーカル・メロディック・メタル’15年作

・CHROMING ROSE / Insight
ドイツ 元メロパワ(まさかのメロハー路線)’99年5th

・AION / Symbol
ポーランド メランコリック・メタル’01年4th

・CREMATORY / Pray
ドイツ ゴシック・メタル’08年10th

・DARGAARD / The Dissolution Of Eternity
オーストリア ゴシック・ミュージック’01年3rd

・COUNT RAVEN / Mammons War
スウェーデン ドゥーム・メタル’09年5th

・INNER MISSING / The Age Of Silence
ロシア メランコリック・デス・ドゥーム’10年1st

・DARKMOON / ...Of Bitterness And Hate
スイス メロディック・ブラック/デス’05年1st

・DARKMOON / Apocalyptic Syndrome
スイス メロディック・ブラック/デス’07年2nd

・STARKILL / Fires Of Life
US クサ・メロデス/シンフォ・ブラック’13年1st

・BLACK CIRCLE / Behold My Visions And Wisdom
スウェーデン プリミティヴ・ブラック’04年1st

・NETRA / Melancolie Urbaine
フランス ポスト・ブラック’10年1st

・SECRETS OF THE MOON / Seven Bells
ドイツ ブラック・メタル’12年5th

以上になります。

posted by メタルの小屋 at 17:31| 千葉 | Comment(0) | メタルの小屋入荷情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

INFERNAL DEATH / Call to War

infe.jpg
同名バンドがいますがこちらはデンマークのデス・メタル・バンドの’15年 1st。

昔ながらのヨーロピアン・デス・メタル・サウンドをしっかりと継承しているのが特徴的で、割と緩やかなハードコア的な2ビート疾走を多用した展開は初期のENTOMBED辺りを思わせます。そこにミドル・パートやブラスト・ビートによる疾走を交えた緩急ある展開もまさに王道のデス・メタル。低音のスラッシュ・メタル的なザクザクした刻みリフと、ドロドロした重低音の刻みリフを軸に、邪悪なトレモロ・リフも交えたギターが聴きどころ。

バタバタしたブラストと邪悪なメロディのトレモロ・リフのブラック・メタル的パートや、スラッシーな刻みリフとクレイジーなギター・ソロもありのTr.5等、展開が多めの曲もあります。メロディックさがほぼ無い初期ヨーロピアン・デス・メタル的なサウンドが好きな方にオススメ。音質面はクリアすぎず、汚すぎずの'90年代中盤くらいを思わせる音をしています。


posted by メタルの小屋 at 14:48| 千葉 ☁| Comment(0) | デス/メタルコア A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

INFERNAL DEATH / Gniew

gniew.jpg
同名バンドがいますがこちらはポーランドのデス・メタル・バンドの’11年1st。

活動自体は1991年からしていたものの、デモのリリースのみでスタジオ・フルのリリースはこの2011年作が初。Tr.10までが本編で、この再発盤はTr.11〜18はボーナス・トラックになっております。ボーナス・トラックは1992年のデモ、Twilight Talesの曲を8曲36分半を全部収録。したがってボリュームはかなりのものになります。

サウンドの方は重低音と中音域のドロドロしたトレモロ・リフや、切れ味のある低音刻みリフを主体としたギター、硬い音でビートを多めに切り替えるドラム、ガテラル・ヴォーカルが印象的な王道のデス・メタル。音質は非常にクリアですが、ヴォーカルにちょっぴりエコーがかかっている質感があって、初期デスゆずりの非常に邪悪なサウンドにしあがっています。

前半はミドル・パートと疾走パートが半々くらいの曲がメインですが、後半になるとタイトな高速ブラスト・ビートが主体のブルータルなナンバーが増えてくるのが特徴。緩急の付いた展開やひねりのあるリズムがある曲はもちろんのこと、ブルータルに爆走する曲も聴きごたえ十分です。曲によっては狂気的な速弾きギター・ソロや、邪悪なメロディのソロもあります。

また、ボーナス・トラックの方はというと、本編とは打って変わって音質が劣悪!ノイズ塗れかつペラッペラな初期のブラック・メタルみたいな地下臭い音質をしており、音量レベルも小さくていかにもデモといった感じの音作りです。2ビートでの疾走やハードコア的なリフなども使った、スラッシュ・メタル上がりのデス・メタルといった感じのサウンドを聴かせてくれます。もはや完全に別物と言っていいサウンドですが、どの道全体から溢れる邪悪な空気は強烈なものがある1枚です。王道のデス・メタルが好きな方にオススメ。

posted by メタルの小屋 at 14:44| 千葉 ☁| Comment(0) | デス/メタルコア A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

INDETERMINABLE / Symbols That Disappeared

inde.jpg
ロシアのデス・メタル・バンドの’15年2nd。

汚い過ぎない程度にノイズを纏った低音刻みリフ主体のギターと、グロウルを聴かせるヴォーカル、2ビートとブラスト主体の疾走感強めのドラムによる王道のデス・メタル。特別テクニカルすぎたり、超高速だったりということはありませんが、安定感ある演奏とうまくミドル・パートを配した構成やテンポの切り替えを駆使したいくらか起伏のある展開で聴かせるサウンドは素直にカッコいいです。高速パート主体のTr.7が聴きどころ。

posted by メタルの小屋 at 14:29| 千葉 ☁| Comment(0) | デス/メタルコア A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする