★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの小屋」★
20190723メタルの小屋ロゴ png.png
メタルの小屋はコチラ。

2019年09月05日

GINGER TREES / Along With The Tide

gingertreesalongwiththetide.jpg
スウェーデンの叙情ハード・ロック・バンドの’10年作。

Greg Lake辺りを思わせるような'70年代HRやプログレッシヴ・ロック彷彿の温もりのある声質の中〜高音域のヴォーカル、ハードなリフと伸びやかで叙情的なフレーズを使い分けるギター、レイドバックした雰囲気を醸し出すオルガンと、実に’70年代HR/プログレからの影響が感じられる渋み溢れる叙情サウンド。

DEEP PURPLEみたいなUK HR的リフから始まり、叙情的な静のサウンドに展開するTr.2、ジミヘンぽい雰囲気のブルージーなリフと叙情メロの組み合わせがGoodなTr.3、哀愁のアコースティック・ナンバーTr.5、泣きのソロが素晴らしい哀愁のスロー・バラードTr.6等々'70年代的なサウンドをガッツリ楽しませてくれます。HRとプログレの中間のような叙情サウンドが好きな方に非常にオススメ。

posted by メタルの小屋 at 09:17| 千葉 ☁| Comment(0) | HM/HR G、H、I、J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YSKELGROTH / Unholy Primitive Nihilism

yskelgrothunholyprimitivenihilism.jpg
スペインのブラック・メタル・バンドの’10年1st。

部分的にオーケストレーションを用いて壮大に彩る場面もありますが、そういった場面は味付け程度で、基本は音圧のあるサウンド・プロダクションで、ゴツめのブラック・メタルを聴かせてきます。高速のブラスト・ビートに、ぐちゃぐちゃしたギター・ソロ、邪悪なフレーズの低音 & 高音のトレモロ・リフで若干デス・メタル色も感じさせる内容。ヴォーカルは掠れデス声で文句無しのブラック・メタル系。起伏のある展開ながら、やはり聴きどころはタイトなブラスト。ファスト・パートを軸にした、叙情性ほぼ無しの邪悪なブラック・メタルが好きな方にオススメ。曲の尺も3分半〜4分程度で比較的コンパクトに駆け抜けます。

posted by メタルの小屋 at 09:14| 千葉 ☁| Comment(0) | ブラック O〜Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WOLFCHANT / Bloody Tales of Disgraced Lands

wolfchantbloodytalesofdisgracedlands.jpg
ドイツのフォーク・メロディック・ブラック・メタル・バンドの’05年1st。

イントロダクションTr.1からフォーキッシュな哀愁全開のクサみ溢れる曲で、続くTr.2も勇壮で哀愁に満ち溢れた激クサなトレモロ・リフ等がガンガン飛び出してきます。ヴォーカルこそブラック・メタル的な掠れデス声で所々ブラック・メタルらしい邪悪なリフも出てきますが、トレモロ・リフに速弾き系のリフとソロ、クサみ溢れるフレーズの数々はクサメタラー必聴と言える内容です。

シャッフル・ミドルや哀愁全開のミドル・ナンバー等、ミドル・ナンバーがメインなので疾走感こそあまりありませんが、ギターが前面に出てフォーキッシュな哀愁のクサメロをひたすらにまき散らすようなサウンドが好きな方には非常にオススメ。デス声が苦手じゃなければメロパワ等のクサメタルが好きな方にもぜひとも聴いてみてほしい1枚です。

posted by メタルの小屋 at 09:10| 千葉 ☁| Comment(0) | ブラック O〜Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

URANUS / Doctrine Of Immortality

uranusdoctrineofimmortality.jpg
ギリシャのペイガン・ブラック・メタル・バンドの’03年2nd。

LEGION OF DOOMのAstraiosが在籍(ここではヴォーカル)。篭っていてRawなサウンド・プロダクションの中を響き渡る掠れデス声ヴォーカル、キーボード・オーケストレーション、勇壮さのあるギター・リフが印象的なペイガン・ブラック・メタル。ところどころ民族楽器的な音色も聴こえてきますし、なかなか曲構成も凝っていてドラマティック。イントロダクションTr.1の後の本編Tr.2から6分程度ながらも起伏の多い展開でじっくり聴かせてくれます。

Tr.3のように一瞬クサみのあるフレーズを決めてきたり、神秘的な雰囲気を醸し出してきたりするところも巧み。起伏がありつつも疾走パートもうまく盛り込んであるので疾走感もそこそこ。フォーキッシュでクサクサというわけではなく、かといってGRAVELANDやDRUDKHのように渋いわけでもない独特なバランス感覚を持ったペイガン・ブラック作品。音質がプリブラみたいにRawでありつつ、曲そのものは凝っているような作品が好きな方にオススメ。

posted by メタルの小屋 at 09:06| 千葉 ☁| Comment(0) | ブラック O〜Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

THYESTEAN FEAST / Cycles Of Worldburn

thyesteanfeastcyclesofworldburn.jpg
TWILIGHT OPHERA、CRIMFALL、DRAUGNIMの(Vo)ミッコ・ハッキネンが参加していたメロディック・ブラック・メタル・バンドの唯一のフル・アルバム。

Tr.1の冒頭からさすがフィンランド!と叫びたくなるような、叙情性全開のトレモロ・リフが大炸裂する叙情メロブラ。きらびやかなキーボードもまたフィンランド産らしい冷たさを運んできてくれるし、フォーキッシュなフレーズなんかは同郷のCHILDREN OF BODOMの初期なんかをどことなく思わせたりも。

ミッコの掠れデス声もブラック・メタルらしさ全開で最高ですし、切なさを醸しだすキーボード・ソロもGood。疾走疾走の連続ではなく、ミドル/スロー・パートも絡めた緩急付いた展開をしていますが、DISSECTIONなどのようなドラマティックな展開のメロディック・ブラックが好きであれば、Tr.1からグッとくるものがあるでしょう。泣き度が強まるスロー・ナンバーも聴き所。

基本は4分前後で、長くても6分くらいというちょうどいい長さで聴きやすいのもポイント。ドラマティックさや寒々しさ、フォーキッシュなフレーズなどはやはりDISSECTIONを思わせますが、こちらの方がより直接的に叙情的で哀愁が強い印象。寒々しくも叙情的なメロディック・ブラックが好きな方にオススメ。

posted by メタルの小屋 at 08:50| 千葉 ☁| Comment(0) | ブラック O〜Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◎2019年9月5日〜8日、◎印の商品1,000円、■印の商品1,200円セール!

【対象期間:9月5日 00:00 〜 9月8日 23:59のご注文】

当店の商品にはアーティスト名の前に◎、■等の印がついております。

上記対象期間中2点以上のご注文で、◎印の付いた商品がそれぞれ1,000円、■印の付いた商品がそれぞれ1,200円となります。

印別のページはこちらです。◎印はジャンルごとでもお探しいただけます。

■印はこちらです。■印はオススメ商品です。こちらもジャンルごとでもお探しいただけます。

※カートのシステムの都合上決済時には値引額が適用されません。ご注文後の自動送信メールの後の手動メールにて値引後の額をお伝えいたしますので、ご了承のほどよろしくお願いいたします。
※送料半額、無料は割引前ではなく割引後の合計金額が対象となりますので、ご注意くださいませ。

posted by メタルの小屋 at 02:11| 千葉 ☁| Comment(0) | お知らせ(休業、セール情報等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★2019年9月5日、メタルの小屋 新入荷情報!【OCULTAN / Remains of Evil, the Crucifixionなど】

以下のタイトルを出品いたしました!

今回はOCULTAN / Remains Of Evil, The Crucifixionなど!

今回入荷したタイトルのショップでの一覧ページはこちらです。
※こちらのページは入荷によりどんどん更新されていきますので、そのうちリンク先が別な内容になります。ご了承くださいませ。

ocultanremainsofevilthecrucifixion.jpg
・OCULTAN / Remains Of Evil, The Crucifixion(Lembrancas Do Mal, A Crucificacao)
ブラジル プリミティヴ・ブラック’02年2nd
女性独りブラックのKHAOTICのD. Profanerが参加しているバンド。XASTHURなどのディプレッシヴ・ブラックを思わせるようなモヤモヤと籠っていてペラッペラの音質の中で陰鬱かつ邪悪なリフが不明瞭にフワ〜っと鳴り響き、ドラムのハイハットなどの高音はトゲトゲしいノイズとなっているRawなプリブラ。病的な空気を醸し出しつつも疾走感抜群であり、しかも緩急付いたよく練られた構成でじっくり聴かせてくれる名作。

ophydiantheperfectsymbiosis.jpg
・OPHYDIAN / The Perfect Symbiosis
イタリア プログレッシヴ・メタル’07年1st
スラッシュ・メタル的な刻みリフ、フューチャリスティックでモダンなギター・フレーズ、アトモスフェリックなクリーン・トーン等を駆使して3〜4分の曲の中を多彩に静と動が切り替わる曲で聴かせるプログレッシヴな作品。モダンなメロディック・メタルにエクストリーム要素を若干加味し、構成をかなり複雑にしたような内容。コンパクトな中で意外な展開を見せつけるモダンなメタルが聴きたい方にオススメ。

以上になります。

posted by メタルの小屋 at 02:00| 千葉 ☁| Comment(0) | メタルの小屋入荷情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする