★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの小屋」★
20190723メタルの小屋ロゴ png.png
メタルの小屋はコチラ。

2019年09月06日

MORSEL / Para Siempre

morselparasiempre.jpg
USのポスト・ロック・バンドの’02年2nd。

柔らかな声質のアンニュイな(多分)女性ヴォーカルが、変則的なリズムと少しモヤっとした音質のフワフワしたサウンドの上を漂うポスト・ロック・サウンド。ハード・ロック的なハードさ、ヘヴィさは控えめですが、手数の多いドラムとテクニカルなリズムで聴きごたえは十分。Tr.6のように若干ノイズを用いたヘヴィな曲もあり。叙情的なキーボードが入る場面もあるなど叙情的かつ浮遊感のある美しく優しいサウンドです。

posted by メタルの小屋 at 17:09| 千葉 ☀| Comment(0) | ポスト/アトモスフェリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MERIDIAM / Meridiam

meridiammeridiam.jpg
スペインのメロディック・パワー・メタル・バンドの’02年1st。

スペイン語のハイトーン・ヴォーカルに哀愁全開の叙情的な歌メロ、クラシカル・フレーバーの感じられる少し長めのメロディアスなギター・ソロが印象的なメロパワ。全体的に哀愁強めのサウンドでとにかく全編メロディアスに仕上がっています。その反面疾走曲は2曲しかなく、あとはシャッフル・ミドルやバラードなど遅めの曲が多めなので、メロディ重視の方やメロディアスなソロが好きな方にオススメな作品。

ラベル:メロパワ
posted by メタルの小屋 at 16:59| 千葉 ☀| Comment(0) | HM/HR K、L、M、N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LIVIN GARDEN / Bring It On

livingardenbringiton.jpg
ブラジルのヘヴィなメロディアス・ハードとでもいうべきバンドの’14年2nd。

PANTERA以降のズッシリとしたグルーヴィ・メタルばりのヘヴィ・リフと野太い中音域主体のヴォーカルが軸になったサウンドながら、歌メロはメロディアス・ハードばりにキャッチーかつメロディアスといった変わったバランスの作品。Tr.4などはもはや爽やかと言っていいレベルですし、歌心のあるギター・ソロも魅力的。リフが物凄くゴツくてヘヴィなメロディアス・ハードが聴いてみたい方にオススメ。総合的にはメロディック・メタルといっていいサウンド。

posted by メタルの小屋 at 16:57| 千葉 ☀| Comment(0) | メロディアスハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HIGHWAY KILLER / Lost Metal Tales

highwaykillerlostmetaltales.jpg
ドイツの正統派メタル・バンドの’10年1stにして唯一の作品。

良い意味で非常にドイツ産らしいダサさが感じられるキャッチーな哀愁のミドル・ナンバーTr.1、JUDAS PRIESTを思わせるような硬質な刻みリフのアップ・テンポ・ナンバーTr.2等まさに正統派メタルな作品。ヴォーカルはメロディをラフに歌いハイトーン・シャウトを決めるスタイル。歌メロやリフにはキャッチーさこそありつつメロディアスさはほどほどで、ギター・ソロでメロディアスに聴かせるような正統派メタルです。

アップ・テンポ・ナンバーが中心ですが、スネア裏打ちの疾走ナンバーは少なめ。そんな中Tr.7「Faster Disaster」は激熱な疾走ナンバーで、Tr.9は珍しくイントロからメロパワ的なクサみのある疾走ナンバーになっています。JUDAS PRIESTやACCEPT辺りが好きな方にオススメな硬派な哀愁の正統派メタル作品。

ラベル:正統派
posted by メタルの小屋 at 16:51| 千葉 ☀| Comment(0) | HM/HR G、H、I、J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GRAVEYARD / Lights Out

graveyardlightsout.jpg
スウェーデンの70'sスタイル・ハード・ロック・バンドの’12年作。

ディオ辺りを思わせるようなハスキーでパワフルなハイトーン・ヴォーカル、ブルース、ソウル、ジャズ的な雰囲気のどんよりした質感のリフを主体にした'70年代的なハード・ロック。Tr.1のように雰囲気が重視されたものもあれば、ソウル的なスロー・ナンバーTr.2、6では哀愁全開で非常にエモーショナルに叙情的に聴かせてきます。ストレートにブルージーなHRナンバーTr.4、DEEP PURPLEのFireballのような疾走曲もありで、やはり総合的に'70年代のUK HRや、'60年代のCREAM辺りからの影響が感じられます。

演奏面ではギター・ソロがほとんど無いところが好みが分かれそうですが、手数全開で高速フィルを決めまくるドラムが非常に印象に残ります。特にTr.2、3のドラムは圧巻です。ヴォーカルがエモーショナルかつパワフルな実力派で、ドラムも手数が多い激渋なハード・ロックが聴きたい方にオススメ。2012年作とは思えない見事なレイドバックぶりです。

posted by メタルの小屋 at 16:49| 千葉 ☀| Comment(0) | HM/HR G、H、I、J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★2019年9月6日、メタルの小屋 新入荷情報!【REIGN OF EREBUS / Inversion Principleなど】

以下のタイトルを出品いたしました!

今回はREIGN OF EREBUS / Inversion Principleなど!

今回入荷したタイトルのショップでの一覧ページはこちらです。
※こちらのページは入荷によりどんどん更新されていきますので、そのうちリンク先が別な内容になります。ご了承くださいませ。

reignoferebusinversionprinciple.jpg
・REIGN OF EREBUS / Inversion Principle
UK ファスト・プリブラ’04年2nd
速度も手数もFrostやTrymといったドラマーに負けないものがあるドラマーの壮絶な叩きっぷりが光りまくっているファスト・プリミティヴ・ブラック!プリブラらしく籠った音とドラムの爆音で少々バランスこそ悪いものの、ほとんどの曲が超高速ブラストによる爆走で疾走感は抜群です。邪悪さ一辺倒のリフの数々に、不穏さを強調する呪術的で寒々しいキーボードの味付けも素晴らしい名盤!

osirefree.jpg
・OSI / Re:Free
US ex:DREAM THEATERとFATES WARNINGのメンバーからなるプログレッシヴ・ロック/メタル’06年EP(Remix)
オリジナルはいずれも4、5分程度でしたが「Go」は10分半に、「Kicking」は8分に、「Home Was Good」は7分に拡張。ロック色は薄く、グルーヴィかつアトモスフェリックな打ち込み系サウンドで、独特な陰鬱な雰囲気にグルーヴィなリズムが絡むサウンドが心地よい作品です。エレクトロ・アンビエントやテクノ等が好きな方にオススメな1枚。

patekxiiivideothrash.jpg
・PATEK XIII / Videothrash
チェコ スラッシュ・メタル’10年1st
チェコ語によるダミ声シャウトを軸に一部の曲ではデス声やACCEPTのUdoのような掠れ声歌唱を聴かせるヴォーカル、ミドル/スロー・パートを軸にしつつ疾走も交えた起伏のある展開で聴かせるスラッシュ・メタル。Tr.1、2こそスネア裏打ち疾走主体でブラスト・ビートも飛び出したりしますが、Tr.3以降は疾走は一部でほとんどがどんよりしたミドル/スロー・パート主体の曲となります。

overyourthresholdfacticity.jpg
・OVER YOUR THRESHOLD / Facticity
ドイツ テクニカル・デス’12年1st
ブラスト・ビートによる疾走を軸に2ビート疾走と切り替わる疾走パートを中心にしつつ、めまぐるしくビートやリズムが切り替わるテクニカル・デス・サウンド。フックがありつつもそこまでメロディアスさの強くないリフがカッコよくこのテのサウンドの中でも特にGORODに近いサウンド。その一方でギター・ソロは非常に流麗でテクニカルでありつつもどのソロも歌心が満載されているのが素晴らしい個性になっています。

perfectchaosbreedhatesteerfate.jpg
・PERFECT CHAOS / Breed Hate : Steer Fate
フィンランド デス/スラッシュ’04年1st
ハードコア的な地声気味なスクリームによる甲高いシャウトを聴かせるヴォーカル、疾走パートは少な目でミドル・パート中心ながらも多めのリフの動きで疾走感を感じさせるデス/スラッシュ・メタル。ソロはありませんがリフの動きがかなりテクニカルで、シンプルな刻みの鋭いザクザク感も爽快なので聴きごたえは十分。ドラムは非常にタイトで手数もあり、変拍子を使った場面も結構多めのエクストリーム・メタル。

rigormortishabemusdiabolos.jpg
・RIGOR MORTIS / Habemus Diabolos
アルゼンチン デス・メタル’14年2nd
ドロドロしたリフにタイトなブラスト・ビートとミドル・パートの切り替え、邪悪なガテラル・ヴォイスによるオールド・スクール寄りなデス・メタル・サウンド。このパートではこのリフ!みたいに各曲で数個のリフが複数回に渡り登場してくるので意外とキャッチーさのある聴きやすいサウンドであるところが魅力的。オールド・スクールなデス・メタルが基本でありつつ、安定感と疾走感のあるデス・メタルが聴きたい方にオススメ。

以上になります。

posted by メタルの小屋 at 01:30| 千葉 ☁| Comment(0) | メタルの小屋入荷情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする