★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの小屋」★
20190723メタルの小屋ロゴ png.png
メタルの小屋はコチラ。

2019年09月10日

SURVIVORS ZERO / CMXCIX

survivorszerocmxcix.jpg
IMPALED NAZARENEの(Ds)Reima Kellokoski、SOULGRIND、ex:FINNTROLL、WIZZARDの(B,Vo)Tapio Wilska、ex:DEATHCHAINの(Vo)Tommi Virrantaとなかなか豪華なメンバーが集まったフィンランドのデス・メタル・バンドの’09年1st。

ズッシリしたリフやビートダウン気味な展開でヘヴィさを押し出したパートを軸に、サビのバッキングではメロディアスにピロピロ聴かせたり、メロディアスかつ粒立ちの良いギター・ソロも聴かせてブルータルさとメロディックさの押し引きを心得たメロディック・デス・メタル・サウンド。ストレートな曲構成やリズムは実にフィンランド産らしいなと思わせます。

基本的には'00年代以降のモダンなデス・メタルが軸になっていますが、Tr.1のイントロではブラック・メタル的な高速トレモロ・リフが聴けたり、ミドル・ナンバーが中心ですがブラスト・ビートが聴ける曲も少々あります。ずっしりとヘヴィかつフックあるリフとメロディアスなソロが楽しめるメロデスが聴きたい方にオススメ。

ラベル:メロデス
posted by メタルの小屋 at 12:57| 千葉 🌁| Comment(0) | デス/メタルコア O〜Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PRION / Impressions

prionimpressions.jpg
アルゼンチンのデス・メタル・バンドの’08年2nd。

ぐちゃぐちゃドロドロした動きの多いテクニカルな低音リフに、ゲロゲロ感強めのガテラル・ヴォイス、怒涛の2バス連打をしつつブラスト→ミドルとせわしなく切り替わるリズムによるデス・メタル。ドラムの2バス連打の持久力が凄いので、高速2バス連打がブルータルに鳴り響くデス・メタルが聴いてみたい方にオススメ。展開もかなりめまぐるしくてスリリングな1枚。ギター・ソロに若干のメロディアスさはありますが、リフは叙情性皆無の無慈悲なサウンドです。

また、音作りもかなりノイジーでぐちゃっとして汚いところもポイント。演奏がクリアでハッキリと聴き取りやすいデス・メタルが好きな方にはあまりオススメできませんが、オールド・スクールなドログチャ感が楽しめるデス・メタルが好きな方はぜひ。ブラスト・ビートが多めで疾走感が強いのも魅力的です。

posted by メタルの小屋 at 12:55| 千葉 🌁| Comment(0) | デス/メタルコア O〜Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

INEXIST / Am I Senseless?

inexistamisenseless.jpg
ロシアのメロディック・デス・メタル・バンドの’04年1st。

やたらとハイテンションな甲高いスクリームを軸に要所でクリーン歌唱も聴かせるヴォーカル、モダン・ヘヴィなリフとメロディックなリフを使い分け、日本のV系バンドみたいな歌心ある非常にメロディアスなソロを聴かせるギターが印象的なメロディック・デス。Tr.1のイントロから日本産バンドのような激クサなハモリ・フレーズが飛び出してきます。

疾走ナンバーもありますが叙情的なミドル・ナンバーが多めの内容で、リフのクサさやキャッチーさという点からもColonyの頃のIN FLAMESを思わせるようなサウンドです。イントロがもはやメロパワな激クサ・リフの疾走曲Tr.6、8等もあって、総合的に実にクサメロが充実した作品。Colonyの頃のIN FLAMESに、メロパワ色やSOILWORK的なモダンなヘヴィさを加味したようなものが聴いてみたい方にオススメ。

とにかくクサいメロデスです。

posted by メタルの小屋 at 12:52| 千葉 🌁| Comment(0) | デス/メタルコア A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IKUINEN KAAMOS / Fall of Icons

ikuinenkaamosfalloficons.jpg
フィンランドのプログレッシヴ・デス・メタル・バンドの'10年2nd。

OPETHのミカエルのようなディープなガテラル・ヴォイスを軸に、ブラック・メタル寄りの絶叫やクリーン声朗唱も聴かせるヴォーカルがGood。そして耽美な静とデス・メタルばりに邪悪でヘヴィな動の切り替わりの多い複雑かつドラマティックな展開に、儚いギターのアルペジオなどはまさにWatershedまでの耽美なテクニカル・メタル路線だったOPETHのようなサウンドと言えます。Tr.1のイントロからして「おぉっ、OPETH!」と丸わかりですw

変拍子も多めに盛り込んだテクニカルなリズムに、分かり易い泣きのギター・ソロ、スローなテンポとリズムが主体ながらも高速の2バス連打や音数多いプレイでアグレッシヴに聴かせるドラム等演奏面の聴きどころはやはり多め。また、5曲入りながらもTr.1から11分弱で、その後も9分弱、8分弱、10分弱、16分半と長尺な曲が続く大作主義でその辺もかつてのOPETHを思わせます。

というわけでどうしてもOPETHっぽさというのが抜けないサウンドではありますが、OPETHのStill Life辺りが好きな方にはぜひとも聴いてみてほしい作品。サウンドが近いだけでなく演奏やヴォーカルもしっかりと一級品であるところが魅力的です。総合的には名盤と言っていい内容です。

posted by メタルの小屋 at 12:49| 千葉 🌁| Comment(0) | デス/メタルコア A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DIABOLIC / Vengeance Ascending

diabolicvengeanceascending.jpg
USのブルータル・デス・メタル・バンドの’01年3rd。

ドロドロした低音リフと勢い溢れつつスウィープも絡めた速弾きソロを聴かせるギター、2ビートとタイトなブラストを切り替え高速2バス連打も聴かせシンバルをバッシバシとぶっ叩くブルータルなドラム、アグレッシヴにグロウルするヴォーカルによる基本的には叙情性皆無のブルータル・デス。リフもドラムも高速さと手数で聴かせるスタイルで、曲の展開やリズムはそこまで複雑ではないところがポイント。

リフはドロドロで邪悪なためメロディアスさも叙情性も皆無ですが、ギター・ソロが若干メロディアスで若干叙情性も孕んでいるという点と、曲が比較的ストレートに爆走という点で初期のLOST SOULや3rd辺りのMORBID ANGELなどが好きな方に非常にオススメ。スピードを落としたパートやスロー・ナンバーもありますがほとんどの曲がブルータルに爆走しています。

posted by メタルの小屋 at 12:46| 千葉 🌁| Comment(0) | デス/メタルコア A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★2019年9月10日、 メタルの小屋 新入荷情報!【SIRIUS / Aeons Of Magickなど】

以下のタイトルを出品いたしました!

今回はSIRIUS / Aeons Of Magickなど!

今回入荷したタイトルのショップでの一覧ページはこちらです。
※こちらのページは入荷によりどんどん更新されていきますので、そのうちリンク先が別な内容になります。ご了承くださいませ。

siriusaeonsofmagick.jpg
・SIRIUS / Aeons Of Magick
ポルトガル シンフォニック・ブラック’00年1st
メロディアスとか叙情的といった感じではなく、荘厳さと邪悪さを秘めたオーケストレーションが常に前面に出たシンフォ・ブラック。モヤモヤした広がるような音質は初期のDIMMU BORGIRっぽさがあり、練られた構成やハイテンションな掠れデス声絶叫は初期のEMPERORを思わせます。荘厳さもあるオーケストレーションはARCTURUSを思わせたりも。オーケストレーションが前面に出たシンフォ・ブラックが好きな方にオススメ。

slaviaintegrityandvictory.jpg
・SLAVIA / Integrity And Victory
ノルウェー 独りブラック’11年2nd
今作の大きな特徴は2曲入りでしかもその2曲がいずれも15:06、18:42の大作であるということ。どちらも展開していくというよりは曲中で一度曲が終わって場面がガラッと切り替わるような曲になっています。ひたすら邪悪なノイズ塗れの爆走プリブラと不気味な静のパートが切り替わるようなものが聴きたい方にオススメ。

stalwartannihilationbegins.jpg
・STALWART / Annihilation Begins
ロシア テクニカル・デス’09年3rd
スクリームとガテラルを切り替えたまにダミ声で歌うヴォーカルは若干メタルコア色が強いですが、ガシガシ刻まれる低音リフにスピーディかつ太い音のドラム、変拍子を交えたテクニカルなリズムで聴かせるテクニカル・デス系のサウンド。演奏の安定感は抜群ですし、ブラスト・ビートも多めでブルータリティも強めです。ブルータリティがありつつリズム面がテクニカルなものが好きな方にオススメ。

以上になります。

posted by メタルの小屋 at 01:39| 千葉 ☁| Comment(0) | メタルの小屋入荷情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする