★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの小屋」★
20190723メタルの小屋ロゴ png.png
メタルの小屋はコチラ。

2019年09月20日

★2019年9月20日、メタルの小屋 新入荷情報!【KHORS / Mysticismなど】

以下のタイトルを出品いたしました!

今回はKHORS / Mysticismなど!

今回入荷したタイトルのショップでの一覧ページはこちらです。
※こちらのページは入荷によりどんどん更新されていきますので、そのうちリンク先が別な内容になります。ご了承くださいませ。

powerfulwelcometotheslaughterhouse.jpg
・POWERFUL / Welcome To The Slaughterhouse
イタリア 正統派メタル’07年1st
ラフにメロディを歌いつつロブ・ハルフォードの線を細くしたような金切りハイトーン・シャウトを織り交ぜたヴォーカル、硬質な刻みリフ、骨太なリズム隊による正統派メタル。芯が細めのヴォーカルがちょっとB級臭を感じさせますが、流麗さと豪快さを兼ね備えたソロを聴かせるギターに、手数がかなり多いドラムは魅力的です。JUDAS PRIESTのPainkiller系のあまりメロディアスでない正統派メタルがズラリと並んだ1枚。

blodsritdiktatdeliberi.jpg
・BLODSRIT / Diktat Deliberi
スウェーデン ブラック・メタル’12年7th
多彩な表現力を持ったヴォーカルに、邪悪な刻みとトレモロ・リフを主体としつつ、所々叙情的なアルペジオや泣きのフレーズを入れてくる多彩なプレイを聴かせるギターが印象的。ギター・リフと2バス連打のドラムによる壁のように分厚い演奏が迫ってくるところは見事な迫力です。邪悪で疾走感あるサウンドが主体で、メロブラというほどではない甘すぎない程度の叙情性を入れてくるブラック・メタル。

diabolicalprinciplesmanifestoofdeath.jpg
・DIABOLICAL PRINCIPLES / Manifesto Of Death
ギリシャ ブラック・メタル’14年2nd
生気薄めの掠れデス声と、寒々しいリフ主体に、疾走パートとミドル/スロー・パートを切り替えて進むブラック・メタル。少しモヤモヤしていたりノイジーだったりする音質や、冷たい質感のアンビエント・パートを交えた展開でまた寒々しさを醸し出してきます。冷たく寒々しく、メロディックさ控えめのブラック・メタルが聴きたいにオススメ。

khorsmysticism.jpg
・KHORS / Mysticism
ウクライナ アトモスフェリック・メロディック・ブラック・メタル’08年3rd
叙情的なインストTr.1が示唆する通り、アルバム全編がアトモスフェリックかつ叙情的な空気に包まれたアトモスフェリック・メロディック・ブラック。邪悪さのあるリフと掠れデス声のヴォーカルはブラック・メタル的ですが、リズムはスローなものが主体です。キーボードとギターによるメロディアスな泣きのソロの数々が印象的なので、冷たい質感がありつつ叙情的なものが好きな方にオススメ。

vinterkrigashesofnonexistence.jpg
・VINTERKRIG / Ashes Of Non-Existence
ロシア ブラック・メタル’12年1st(唯一のスタジオ・フル)
重低音のノイズの上をシンプルでふわ〜っとした絶望的なフレーズが反復し、さらにその上をピアノっぽい冷たい音が転がる寒々しくそして圧倒的に暗いアンビエントTr.1は衝撃的に絶望的なアンビエントですが、Tr.2以降は非常にRawなプリミティヴ・ブラック・ナンバーがメイン。とはいえTr.1が本当に衝撃的に暗いので、絶望的な音楽が好きな方にはこれだけでもぜひ聴いてみてほしいです。

以上になります。

posted by メタルの小屋 at 18:40| 千葉 ☁| Comment(0) | メタルの小屋入荷情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DE FACTO / Evangeliom

defactoevangeliom.jpg
ハンガリーのメランコリック・メタル・バンドの’04年2nd。

ストレートなリズムとキャッチーかつメランコリックな歌メロ、冷たく儚げなキーボードのキラキラしたフレーズはまさにメランコリック・メタルといった感じですが、ハスキーで図太い声質のパワフルなヴォーカルに、ゴツい刻みリフでなかなかパワフルさもあるメランコリック・メタル。基本はメランコリックですが、Tr.4のように明るめの曲もあります。ハンガリー語のメランコリック・メタルというのはなかなか珍しいので、そういうものが聴いてみたい方にオススメ。

posted by メタルの小屋 at 13:36| 千葉 ☀| Comment(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DARZAMAT / Oniriad

darzamatoniriad.jpg
ポーランドのゴシック・メタル・バンドの’03年2nd。

男性 & 女性ヴォーカルのツイン・ヴォーカルが印象的なバンドで、ベーシストがプログラミングも担当、華麗なオーケストレーションやゴシカルさを醸し出すピアノやヴァイオリンのフレーズでじっくり聴かせるダークかつ美麗なゴシック・メタル・サウンド。後の作品ではアグレッシヴな要素が強くなり、シンフォニック・ブラック的な側面を強く打ち出してくるバンドですが、この頃は男性ヴォーカルも低音朗唱しかせず、全体的にもアトモスフェリックな要素が強いゴシック・メタル・サウンドです。オーケストレーションが結構目立つ方なので、シンフォニック・ゴシック系が好きな方にオススメ。

posted by メタルの小屋 at 13:25| 千葉 ☀| Comment(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DAKRUA / Shifting Realities

dakruashiftingrealities.jpg
BETOKENでも歌っている女性ヴォーカル、Eva Rondinelliが在籍するバンド。

男性ハイトーン・ヴォーカルと言われればそのように聴こえるような、こぶしが効きつつ太目で結構イカつい声質がなかなか個性的。それにオクターヴ離れてユニゾンしてくる激渋な低音男性ヴォーカルもあり、この実力派ツイン・ヴォーカルがまず魅力的。Tr.2でその渋声の魅力が全開になっています。

メランコリックな旋律を軸にしつつ、ヘヴィでありつつバッキングでも動きが豊富なリフや、メロディアスなギター・ソロ、主張の強いゴリゴリしたベースなどを盛り込んだ演奏面も聴きどころ。ゴシック・メタルの中でも'00年中盤以降のモダンなバンド寄りな作風ですが、歌偏重になっておらず演奏面も魅力的な部分が多いのがGoodな作品です。

posted by メタルの小屋 at 13:22| 千葉 ☀| Comment(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CULTUS SANGUINE / The Sum Of All Fears

cultussanguinethesumofallfears.jpg
イタリアのゴシック・メタル・バンドによる'99年2nd。

煌めくキーボードのサウンドが、イタリアのSADISTにも通じる雰囲気を漂わせるメランコリック・ゴシック。メロディを歌わず、歌詞を低音ボイスで力なくつぶやく、もしくは中音域で叫ぶように歌うスタイルのヴォーカルが特徴的。しかもそれがメロディを歌うわけでもないのに中々にエモーショナルな点は、ディプレッシヴ・ブラックのヴォーカルにもどことなく通じるところがあります。

テンポこそミドル/スロー主体ながら、手数足数多くパターン豊富なドラムに、メランコリックなソロを聴かせるギター、さらにアトモスフェリックな空気を醸し出すキーボードもGood。

ちなみにドラマーはMACBETHというゴシック・メタル・バンドのドラマーで、実はこのファブリツィオさん、ゴシック・メタルらしからぬ手数足数多く、パターン豊富なドラミングをそのMACBETHでも聴かせてくれています。この作品でも彼の素晴らしいドラミングをバッチリ堪能できます。むしろMACBETHでのドラミング以上にいいかも。

SADISTをスロー主体にして、ゴシック・メタル化したような印象の1枚。初期のゴシック・メタル、メロデスなどの系譜に連なるようなサウンドながら、リフにドロドロした感触が無いのが面白いところです。個性派ですし、アルバム全体の統一感も素晴らしく、上記の通りドラムだけでもかなり聴き応えがあるのが魅力的。この作品が最後のスタジオ作品で、'01年には解散してしまった模様です。

posted by メタルの小屋 at 13:19| 千葉 ☀| Comment(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CRYHAVOC / Pitch-Black Blues

cryhavocpitchblackblues.jpg
フィンランドのメランコリック・メタル・バンドの’99年2nd。

中音域の野太いオッサン声ヴォーカルと、ストレートなリズムと分かりやすい正統派メタル的な刻みリフによるメランコリック・メタル。歌メロと、ギターのゆったりとしたリード・フレーズに、メロディアスなソロがメランコリックな要素。やはりSENTENCEDからの影響を感じさせるサウンドで、SENTENCEDほど冷えた感触は無いですが、コレもまたフィンランド産らしいキャッチーな歌メロと、メランコリックなギター・フレーズに彩られた作品。また、アップ・テンポな曲が多いのも特徴で、アルバム全体の統一感もGood。

しかもこの国内盤はTr.9以降がボーナス・トラックとなっており、その内容がまさかの1st丸ごと全部(笑)!つまり、この国内盤を入手すれば、1stも2ndも全部聴けてしまうというスペシャルな内容となっています。路線は全く同じで、こちらもまたガナリ声オッサン・ヴォーカルがキャッチーなメロディを歌い、メランコリックなギター・メロディが響き渡るナンバーで占められています。ということで、分かりやすいリフとリズムと歌メロを持ちつつ、ギターのフレーズが北欧らしいメランコリックさがあるものが好きな方に非常にオススメ。良くも悪くもジャケからは想像付かない音ですw

posted by メタルの小屋 at 13:16| 千葉 ☀| Comment(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◎2019年9月20日〜9月23日、500円引きセール!

【対象期間:9月20日 00:00 〜 9月23日 23:59のご注文】

上記対象期間中合計2,000円以上のご注文で、1,000円以上の商品がほぼ全品表示価格より500円引きとなります!

★SHIVER OF FRONTIER / Can You See The World?のみ対象外です。

また、1,000円未満の商品は表示価格より300円引きとなります。

※値引き前の合計2,000円で対象となります。
※送料半額、無料は値引前ではなく、値引後の合計金額が対象となりますのでご注意くださいませ。
※カートのシステムの都合上、決済時には割引額が適用されません。ご注文後の自動送信メールの後の手動メールにて、割引後の額と正式な送料をお伝えいたしますのでご了承のほどよろしくお願いいたします。

是非ご利用くださいませ。

posted by メタルの小屋 at 02:36| 千葉 ☁| Comment(0) | お知らせ(休業、セール情報等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする