★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの小屋」★
20190723メタルの小屋ロゴ png.png
メタルの小屋はコチラ。

2019年09月26日

AKIN / Forecast

akinforecast.jpg
フランスのプログレッシヴ・ゴシック・メタル・バンドの’03年EP。

可憐で美麗なソプラノ女性ヴォーカルに、バッキングからソロまで多彩でセンスあるフレーズを聴かせるギター、捻りのある展開とリズムが聴きどころのバンドです。Tr.1「The 92nd Flight」、Tr.2「Cassandra」の2曲は2ndフルに再収録されますが、Tr.3「The City in the Sea」はこのEPのみ収録の曲で、AKINらしいスリリングな展開のある曲。割と攻撃的な場面もあり、邪悪さのあるトレモロ・リフが聴きどころでファンであれば必聴の名曲。Tr.4はMOONSPELLの「Opium」のカヴァー、Tr.5は1stの「Dreamland」のアコースティック・ヴァージョン、Tr.6は1stの「To One in Paradise」の別ヴァージョン。

posted by メタルの小屋 at 17:31| 千葉 ☀| Comment(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A NECRONOMICON FOR RENT / A Dream Within A Dream

anecronomiconforrentadreamwithinadream.jpg
詳細不明のダーク・アンビエント。

不穏なメロディのチェンバロかピアノのような単音フレーズが飛び交い、ノイズがザザッと入り、女性のつぶやき、男性の唸り、セリフのようなものが入るとんでもなく気持ちの悪いサウンド。ひたすらに不穏なTr.4、一瞬打ち込みブラスト・ビートや悲鳴、そしてなぜか和風なメロディ(っていうか「さ〜く〜ら〜、さ〜く〜ら〜」のメロディ)が入ったりするTr.7など意表を突いてくる曲もあったりしてもう不気味。コレは異常性の強い1枚です。メタル色はほぼ無いですが、とにかく気持ち悪くなるサウンドが聴きたい方に非常にオススメ。私が今まで聴いた中でもトップクラスの気持ち悪さです。

posted by メタルの小屋 at 17:27| 千葉 ☀| Comment(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NOSTRA MORTE / Un Cuento Antes De Morir

nostramorteuncuentoantesdemorir.jpg
メキシコのシンフォニック・ゴシック・メタル・バンドの’09年1st。

女性ソプラノ・ヴォーカルを中心に、男性ヴォーカルも3人ほど参加して厚みのあるコーラスを聴かせ、さらにキーボード・オーケストレーションやゴシカルなピアノ等がガンガンバックに鳴り響くシンフォニック・ゴシック・メタル・サウンド。ベースの他にチェロ奏者もいて優雅に耽美に楽曲を彩っています。歌唱はスペイン語です。

また、ギターもコードや刻みのみならず、要所でメロディックで印象的なバッキングや歌心のあるメロディアスなソロも聴かせてくれます。スローなリズムが中心なので疾走感はありませんが、スロー・テンポ主体に神秘的雰囲気なソプラノ・ヴォーカルが響くシンフォニック・ゴシック・サウンドが好きな方にはオススメの1枚。美しいサウンドです。Tr.1とTr.15はそれぞれイントロ、アウトロでそれ以外は4分前後の尺の曲がズラリと13曲並んでいます。

イントロが神秘的で悲しげな歌メロやギター・ソロも印象的なTr.4、ダンディな声質の男性ヴォーカルも大活躍なTr.5〜7、ほんのりフォーキッシュなTr.8や11、ピアノが非常にゴシカルなTr.9、シアトリカルで妖しい雰囲気のTr.12、壮大かつ中盤がフォーキッシュなTr.14等々シンフォニックかつゴシカルな雰囲気は統一されつつもバラエティの豊富な作風もポイントです。メロディがあまりキャッチーではなく、特別歌モノといった感じではないのも特徴で、神秘的雰囲気や耽美さの強い1枚です。

posted by メタルの小屋 at 17:24| 千葉 ☀| Comment(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NORDAGUST / In The Mist Of Morning

NORDAGUSTnTheMistOfMorning.jpg
変態ゴシック・メタル、MADDER MORTEMのアグネス・キルケバーグ(vo)がゲスト参加。

基本的にはそのタイトルが示す通りのメランコリックなサウンドがゆったりと流れます。時に不気味なメロディー使いは儀式めいたもの、呪術的なものすら感じさせます。そんな中、曲の一部で流れる妙にメロディアスな泣きのギター・ソロや、ピアノの音が美しく響き、哀メロ好きのツボを的確に突いてきます!決してメタリックなヘヴィさはありませんが、ヴォーカルの普通に泣きそうな歌い方や、沈鬱なメロディーの数々は、ゴシック・メタルなどがお好きな方にはオススメできるサウンドです。

posted by メタルの小屋 at 17:21| 千葉 ☀| Comment(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NENIA / La Casa Del Dolore

nenialacasadeldolore.jpg
イタリアのディプレッシヴ・アンビエントによる’00年1st。

ぶつぶつとつぶやく様なヴォーカルが不気味で、笑い声とか話し声とかも入ってくる、陰鬱な空気が非常に強いディプレッシヴなアンビエント作品。Tr.1から相当陰鬱さは強いですが、陰鬱なキーボードのフレーズがひたすら反復し、ヴォーカルが発狂気味になるTr.2の陰鬱さも強烈。一方で、Tr.3のようにほんのりフォーキッシュさのあるフレーズも交えてきたりする場面もありますが、それでもやっぱり陰鬱…。沈み込むように暗い演奏と、発狂気味に叫んだりつぶやいたりするヴォーカルがひたすら陰鬱な1枚。

アンビエントの中でも単調でありつつも一応メロディらしいメロディがあるものが好きな方、陰鬱なものが好きな方にオススメ。光が一切差し込まない系です。

posted by メタルの小屋 at 17:17| 千葉 ☀| Comment(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◎2019年9月26日〜28日 こちらのグループの商品2点以上で800円均一!

【対象期間:9月26日 00:00 〜 9月28日 23:59のご注文】

上記対象期間中2点以上のご注文で、 こちらのグループの商品が800円均一となります!

※こちらのグループの商品以外も点数にはカウントいたします。
※送料無料、半額は値引前ではなく、値引後の合計金額が対象となりますのでご注意くださいませ。
※カートのシステムの都合上、決済時には割引額が適用されません。ご注文後の自動信メールの後の手動メールにて、割引後の額をお伝えいたしますのでご了承のほどよろしくお願いいたします。

是非ご利用くださいませ。

posted by メタルの小屋 at 03:28| 千葉 ☁| Comment(0) | お知らせ(休業、セール情報等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする