★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの宮殿」★
新宮殿ロゴデフォルト2017年4月改訂(送料半額).JPG
メタルの宮殿はコチラ。

2017年04月16日

AUTUMNBLAZE / Words Are Not What They Seem

autumnblazewordsarenotwhattheyseem.jpg
ドイツのメランコリック・メタル・バンドの’04年4th。


ダンディな声質でエモーショナルに歌い上げるヴォーカルが絶品。アルバム全体に歌メロにしてもバッキングにしてもメランコリックさやアンニュイさが漂った統一感に優れた作品。曲の尺がそこそこ長いのも特徴で、5分程度の曲が並びつつ7分の曲や10分の曲もあります。ハードなギター・リフとドラムの動のパートと、クリーン・トーンの儚げなギター主体の静のパートの起伏のある展開も魅力的で、ただメランコリックなだけでないところがGood。浮遊感やアトモスフェリックさも感じさせるサウンドはANATHEMAを思わせたりもします。


ギター・レスで儚げなキーボードが曲を引っ張るTr.4のような曲も聴きどころ。儚げで美しいメロディのメランコリック・メタルが好きな方にオススメ。ANATHEMAよりは歌メロが分かりやすい印象ですし、曲の構成も結構凝っていてプログレッシヴ色もありますので、WOLVERINE辺りが好きな方はぜひ。


なお、Disc2は少々趣が異なっており、基本的にはドラム以外のバンド演奏は無しの打ち込みサウンドを駆使したアンビエント・インスト系ナンバーが収録されています。ヴォーカルも歌というよりは効果音的に漂っています。やはり浮遊感のある儚げでアンニュイなサウンドが魅力的なので、Disc1の音が好きならハマれるはず。


posted by メタルエリンギ at 18:29| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449066411
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック