★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの宮殿」★
新宮殿ロゴデフォルト2017年4月改訂(送料半額).JPG
メタルの宮殿はコチラ。

2017年04月30日

2017年4月30日 エリンギ日記【私の文章の書き方】

また久しぶりの日記ですね。

いつもこのブログを読んでくださっている方や、ショップの方で私の拙いコメントを読んでくださっている方がどれくらいいらっしゃるか分かりませんが、文章を書くということについて少々書いてみようかなと思います。

というのも、もしかしたら私のショップとかこのブログとかを読んで、「将来自分もこういう風に好きなものにコメント書いて、それを売ってっていう仕事やってみたいな〜。この人どうやって文章の書き方身に着けたのかな?」って思っている方がいらっしゃるかもな〜と思ったからです。

まず、私がこういうCDを聴いた感想などを書くようになったきっかけですが、それはあるメタル系専門の掲示板がきっかけでした。

当時クサメタルをメインに、そこからテクニカル系、ブラック・メタル等々幅を広げていった時期でしたね。

そこではとにかく好きな曲について思うがままにコメントを書いていたなぁと思います。

今よりも専門的な用語の知識も浅かったので、今読むと「うわ〜〜〜」と思ってしまうようなものも多数w
「疾走カッコいい!」とか「ギター・ソロがカッコいい!」とかそういうレベルですw

ただ、好きな曲やアルバムについてあれこれ紹介していくのは楽しかったので、ひたすら書いていって、同時にアレコレ知識も身に着けていく中で自然と文章はマシなものになっていったかなとw

その間、今に至るまで、文章を書くということに関しては特別「こうすれば魅力的な文章になる!」みたいなこと(いわゆるライティングっていうやつ?)は専門的に勉強したことは無くて、努力したという感覚も一切無いのです。

ホントに上記の通りで、好きなアルバムを自分で紹介していって、同時に知識も身についていく中で…

「あ〜、あそこはああいう風に紹介できたなぁ。」
「う〜、コレはもうちょっと分かりやすい言い方が今ならできるなw」

とか思いながら、少しずつ自然と改善していった形になります。

当時はネットも今ほど充実していたわけではないので、基本的な知識(リフとかそういう単語)は国内盤のライナーで覚えました。で、その意味がよく分からんのでもう少し詳しく知りたいっていう時にネットで検索して知識を補完していった感じです。

そんな私がコレを仕事にしたいなと思ったきっかけは、都内近郊ではある程度有名なCD/レコード屋さんがありまして、そこで無料配布していた冊子を読んだことがきっかけなんです。

「あ、自分もこうやって冊子とかに自分の好きなアルバム紹介してみたいな〜」

と。そう思ったことがきっかけでした。

まぁ自分がかつて人の文章を読んでそう思ったので、もしかしたらこのブログやショップの文章を読んだ人も?と思ったわけですね。

で、そのお店で働いてはみたかったんですが、正直当初は「趣味は仕事にしない方がいいって言うしな〜」とか、「う〜ん自分の知識でついていけるのかな?」っていう不安があったりして結局踏み出せずにいました。

が、数年後(数年かかりましたw)にそこでアルバイトするに至ります。

そこで、とにかく店頭のCDのコメントを書きたかった私は、先輩に「これ、文章書いてもいいですか!?」と鼻息荒めに聞いてみたわけですが、あっさりとOKをもらえたので、その時からガンガン書くようになりました。

当時書いた文章も含め、今まで書いたコメントは全てデータで保存しているわけですが、今読むと当時の文章のショボいことショボいことwww

「あ〜、こんな文章書いていたのかぁ。恥ずかしいのぅ。」と思ってしまいますw

で、私が書く上で一つそこで参考になったことがあって、それが当時の社員の方が言っていた「!マークは一か所だけ」というものです。

あ、言われてみば自分は店頭のCDに添付する短いコメントの中だけでも鼻息荒く!マーク何か所も使いすぎて、どこを強調したいんだかわからないな…と実感したのでした。

そこからそれを実践しているわけですが、すると不思議と以前は自分の気持ちばかりが前面に出ていたのが、より冷静にその作品の特徴をとらえた文章に移り変わっていったのでした。

で、私の文章の特徴はまさにそこなのです。

今の文章の書き方は大体当時、アルバイトで加入して3年が経つころにようやく確立したといった感じです。

読んでいて分かる方や、今ここで言われて「あぁ、そういえば」と思われる方もいるかもしれませんが、とにかく私の文章は、あまり自分の思ったこと「好き、嫌い」といった感じのものを表してはいません。
(このブログを始めた当初は一時期昔のスタイルに戻りましたがw ALHAMBRAのアルバムのコメントとか読むと分かります。)

なので、正直そんなに「この作品が大好きなんだ!オススメしたいんだ!!」っていうアツさは感じない文章なのではないかと思います。

割と淡々と、「ブラスト・ビートが中心で、ガテラルで、オールド・スクールで…」みたいな解説がメインになっているハズです。

というのも、変に気持ちが入りすぎていると、「読んでてウザいなw」とか思ってしまう時がありますし、何よりも幅広くメタルを取り扱うという点からも自分が実はあまり好きではないサウンドに対しても嫌悪感を出さないようにしたいというのがあるのです。

私が好きなものは、テクニカルなメタルと、インストモノ、初期デス、初期ゴシック、大体のブラック・メタル、疾走メロパワといった感じです。それらは文章を書くのも簡単です。

反対に、モダン・メロデス、メタルコア、R&R、歌メインのゴシック・メタルなどは正直あまり好きではないのです。これらは個人的には文章を書くのは難しい方です。でもこれらを「つまらないです。クソです。」とだけ書いてもしょうもないのですwww

自分が好きか嫌いかはさておき、文章を読む方にその音の特徴は伝えないといけません。そして、「おそらくこのテのサウンドが好きな方にとっては非常にオイシイ作品なんだろうな」というのを考えながら文章を書くようにしています。

モダン・メロデスならやはり、クリーン歌唱がウマい!とか、メタルコアならビートダウンの落としっぷりが凄い!とかですね。そういう特徴が分かるような文章を心がけています。

ってなわけで、こんな解説じみた文章では面白くないのかもな〜と思いつつも、やっぱり「その音源が今手元に無くても読めば音が想像できる」文章っていうのを常に意識して書いています。

いや、自分で言うのもなんですが、客観的に読んでみてやっぱりわかりやすいですw

たくさんの音源を聴いている反面、その音源はその場限りでハッキリ言って完全にどんな音か忘れてしまっている作品がほとんどです。ところが自分が書いた文章を読むと…

「あ〜、そういう音ね。」

ってすぐ分かりますし、実際に聴いてみるとやっぱりそういう音なんです。

で、勝手に「おお、自分すごいな!自画自賛している馬鹿者ですwww

そういうわけで、こういうスタイルの文章もアリかなと思ってずっと続けております。

こんな文章でも楽しんでくださっている方々には大変感謝でございます。

今までブログは何件か変更してきましたが、このブログを人生最後のブログにしようと考えておりますので、今後もお楽しみいただければと思います。

あー、まぁこのSeeSaaブログというのがいつまでもつかが問題ですがw

まぁ簡単にまとめると、メタルをはじめ音楽が好きで、あと当時はカップ麺のこともブログに書いてましたねw とにかく好きなモノを紹介したいがためにアレコレ書いていたら、特にライティングだとかを勉強したり、なにか特別努力したりとかすることなく自然とこういう書き方になりましたよっていう話です。誰かの文章を参考にしたということも無いです。

上記の通り、「!マークは一か所だけ」というのを意識するようになった以外は、他者からの影響も無いというのが事実です。

専門的な技術を勉強しないがゆえの自然体の自分の文章っていうのも悪くないんじゃないですかねw

まぁこんなヤツもいるよと参考までに。

ういじゃ〜!
posted by メタルエリンギ at 22:40| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | エリンギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449480935
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック