★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの宮殿」★
新宮殿ロゴデフォルト2018年9月改訂(中古無し).JPG
メタルの宮殿はコチラ。

2018年05月12日

MIND MASQUE / Mind Masque

MIND MASQUE.jpg
ドイツのテクニカル・メタル・バンドの’98年1stにして唯一の作品。後にXANDRIAで長らく活躍することになる(B)Nils Middelhauveが在籍していたバンド。

歌メロはそんなにキャッチーではないながらも要所でキャッチーなサビメロや叙情的なメロディを繰り出してくるスタイルで、ヴォーカルは若干吐き捨て気味なところがありつつもしっかりと芯があって力強いハイトーン歌唱を利かせてくれます。リズム面は変拍子で攻めるところは攻め、それ以外は比較的ストレートにといった感じですが、ちょっとしたアクセントにサビで変拍子が出てくる場面もあるなど出てくる場面自体は多めで総合的にはかなりテクニカル。

主張の強い音作りで派手な速弾きソロや泣きのソロを流麗に決めるギターに、これまたギターに負けないくらいに高速で派手なソロを聴かせるキーボードも大きな聴きどころ。Tr.5のようにギターとベースがユニゾンしてきたり、ベースが若干目立つ曲もあります。変拍子が多めで他より叙情的な歌メロと泣きと速弾きのソロが印象的なTr.3、美麗な静のパートと泣きのギターが印象的なTr.4、間奏の変拍子だらけのパートがテクニカルなTr.5等、ハードさを抑えて叙情性を強調し、泣きのギターやエンディングのピアノが美しい10分弱のTr.7が大きな聴きどころ。

曲の尺も7〜8分程度の曲がほとんどで、カッチリしつつも巧みな展開でじっくりと聴かせてくれます。バンドが続いていればもっとメロディ面が魅力的になったりとかの進化があったのかな〜と思えるような1枚。ともあれ、テクニカル/プログレッシヴ・メタル・マニアは聴いてみて損の無い1枚です。

posted by メタルの宮殿 at 13:22| 千葉 | Comment(0) | テクニカル/プログレッシヴ&ソロ・プレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]