★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの小屋」★
20190723メタルの小屋ロゴ png.png
メタルの小屋はコチラ。

2019年05月31日

CJSS / Kings Of The World

cjsskingsoftheworld.jpg
David T. ChastainらによるUSのバンドの2000年3rd。フル・アルバムとしては1986年の2nd以来となる久しぶりの作品ながら、メンバーは当時と変わらずです。

骨太な刻みリフと部分的にDioっぽさのあるパワフルなヴォーカル、タイトなリズム、ほどほどに哀愁のある歌メロが魅力的な正統派メタル・サウンド。Chastainのギターはさすがの聴きごたえで、ガシガシした刻みリフのカッコよさはもちろんのこと、アップ・テンポな曲では豪快な速弾きソロを中心に、ミドル/スロー系では構築感や歌心のあるメロディアスなソロや泣きのソロも聴かせてくれます。

収録曲もPainkillerの頃のJUDAS PRIESTを思わせるようなアップ・テンポ・ナンバーもあれば、RAINBOWやDio期のBLACK SABBATH等のUKハード・ロックを思わせるような哀愁のミドル/スロー・ナンバーもバランス良く収録。ただ、序盤と終盤にアップ・テンポな曲、真ん中はミドル/スローが集中しており、通して聴くと曲の配置のバランスは若干悪いです。

また、なかなかテクニカルなバス・ドラムを聴かせるドラマーに、叙情的な曲ではエモーショナルな歌唱もできるヴォーカルと、Chastain以外のメンバーの演奏、歌唱も聴きごたえがあります。US産でありながらも総合的にはUKハード・ロック/メタル要素が濃いので、そっち系の正統派メタルが好きな方にオススメ。

posted by メタルの小屋 at 17:33| 千葉 ☁| Comment(0) | HM/HR C、D、E、F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]