★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの小屋」★
20190723メタルの小屋ロゴ png.png
メタルの小屋はコチラ。

2019年05月31日

COPROFAGO / Genesis

coprofagogenesis.jpg
チリのDjent系テクニカル・エクストリーム・メタル・バンドの’00年2nd。

MESHUGGAHからの影響を感じさせるテクニカルなリズムと切れ味鋭いヘヴィ・リフ、咆哮スタイルのヴォーカル、そこにフュージョン要素が塗されて宇宙的、機械的な質感を感じさせるテクニカル・エクストリーム・メタル。ギターのみならず、ベースも浮遊感のあるソロを聴かせてくる実力派でバンド全体が非常にテクニカルです。音質面も非常にクリアで一線級のサウンド。

2000年当時はまだDjentという言葉は無かったものですが、このサウンドは紛れもなく今で言うところのDjentですので、Djent系サウンドが好きな方にとてもオススメです。ギタリストやヴォーカリストがキーボードも操っており、キーボード・ソロも切り込んでくるのが特徴で、トータルでもMESHUGGAHよりフュージョン要素が濃い目です。

なお、本編はTr.6までで、Tr.7〜9は1stフルに収録されていた曲の再録版だそうです。このTr.7〜9では興味深いことにDjent要素は薄めで、むしろDEATHのようなそこそこメロディックな速弾き系リフと変拍子によるある種王道のテクニカル・デスを聴かせてくれます。一応そこに単音ヘヴィ・リフでDjent要素も感じさせますが、恐らくこの2ndの制作を機にMESHUGGAH系のサウンドに思い切って切り替えたのであろうことがうかがえます。

Djent的なリズムに、DEATH的な速弾きリフ、ハードコア/スラッシュ・メタル的疾走パートが切り替わって目まぐるしいスリリングな展開で聴かせるTr.9は全テクニカル・デスで見ても相当なクウォリティを誇る名曲です。

posted by メタルの小屋 at 17:38| 千葉 ☁| Comment(0) | デス/メタルコア A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]