★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの小屋」★
20190723メタルの小屋ロゴ png.png
メタルの小屋はコチラ。

2019年09月12日

ALASTOR / Demon Attack

alastordemonattack.jpg
ポルトガルのブラッケンド・スラッシュ・バンドの’11年4th。

汚いダミ声でシャウトするヴォーカル、シンプルかつ不穏な低音刻みリフ、ガシャガシャした質感の2ビート高速疾走ドラムによるブラッケンド・スラッシュ・サウンド。結成時期は1988年ということでその頃の音をそのまま持ってきてしまったかのようなカビ臭さを放っています。しかしながら活動歴の長さからか2ビートの長時間の疾走にしてもギター・ソロにしても演奏自体は安定感があるのがポイント。ヴォーカルは恐らくポルトガル語です。

爽やかなギター・ソロが炸裂するTr.3、非常にクサい哀愁のツイン・リードが炸裂するTr.8等、ギター・ソロだけメロディアスでパワー・メタル色があるギャップが凄い曲も出てくるのが面白いところです。Tr.10はMOTLEY CRUEの「Red Hot」のカヴァーで、エコーする掠れデス声で見事にブラッケンド・スラッシュなカヴァーに仕上がっています。

また、Tracks 12-19はボーナス・トラックですが、どうやらバンドにとっては幻の1stアルバムのようである1996年のGates of Darknessの曲が収録されています。2ビート主体の爆走スラッシュ・サウンドに違いは無いですが、よりノイジーでトゲトゲしく地下臭のする音質で初期KREATORや初期SODOM等を思わせる非常に邪悪なブラッケンド・スラッシュがカッコいいです。

ヴォーカルにエコーがかかっていたり、ノイジーさがあったりして決して綺麗とは言えないサウンドですが、演奏が分からない程に汚い音質でもないのがポイント。綺麗すぎずしかし安定感はある疾走感抜群のブラッケンド・スラッシュが聴きたい方にオススメ。

ラベル:疾走感強し
posted by メタルの小屋 at 16:05| 千葉 ☀| Comment(0) | ブラック A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]