★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの小屋」★
20190723メタルの小屋ロゴ png.png
メタルの小屋はコチラ。

2019年10月01日

AUTUMN / On The Verge Of Existence

autumnonthevergeofexistence.jpg
ハンガリーのゴシック・メタル・バンドの’03年1st。

中音域の悲しいメロディとクリーン・トーンでの儚げなフレーズをメインにメロデスのような動きのあるリフも聴かせるギターに、儚く煌くフレーズと荘厳さを醸し出すフレーズでバックを彩るキーボードが独自のメランコリックな世界観を構築するゴシック・メタル。ガテラルをメインに時折高音でグロウルする男性ヴォーカルも慟哭感があり、見事な表現力です。また、テンポはスローながらもなかなか手数が多いドラムも聴きどころ。

全7曲中、7、8分の曲が4曲とちょっとした大作主義になっていますが、7分あるTr.1からテンポ・チェンジなどを駆使した起伏のある展開でじっくり聴かせてくれます。泣きのメロディのパートと邪悪で荘厳なパートを展開させるTr.4、これまた泣きのメロディが印象的なTr.6等聴きどころはたくさん。ダークで耽美なサウンドに、泣きのメロディが加わって、ちょっとテクニカルな展開もある'90年代直系のゴシック・メタルが好きな方にオススメ。

やはりMY DYING BRIDEに近い傾向ですが、あちらほど絶望的ではなく、こちらはメランコリックとか慟哭というフレーズが似合うサウンドです。名作!

posted by メタルの小屋 at 16:35| 千葉 ☁| Comment(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]