★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの小屋」★
20190723メタルの小屋ロゴ png.png
メタルの小屋はコチラ。

2020年02月17日

★2020年2月17日 新入荷商品【HANDFUL OF HATE / Qliphothic Supremacyなどブラック・メタル中心に30点ほど!】

以下のタイトルを出品いたしました!

今回はHANDFUL OF HATE / Qliphothic Supremacyなどブラック・メタル中心に30点ほど!

今回入荷したタイトルのショップでの一覧ページはこちらです。
※こちらのページは入荷によりどんどん更新されていきますので、そのうちリンク先が別な内容になります。ご了承くださいませ。

★オススメタイトル

gloomdoggod.jpg
・GLOOM / Doggod
スペイン ブルータル・デス’15年2nd
怒涛の高速ブラストに高速2バスやタイトな2ビートを聴かせるドラム、ドロドロした低音高速リフ、メロデス/デスラッシュ的なフックある刻みリフにメロディックなトレモロ・リフを使い分け、さらに曲によっては流麗なソロも聴かせるギター、迫力あるガテラル・ヴォイスとスクリームを聴かせるヴォーカルによるクウォリティの非常に高いブルータル・デス。ブラスト主体で疾走感も抜群です。

gracedisgracedtheprimalcausewomanumental.jpg
・GRACE DISGRACED / The Primal Cause: Womanumental  再入荷!
ロシア 女性ヴォーカル・テクニカル・デス’14年2nd
1st以上に予測のできない性急な展開を聴かせ、またリズムも急激な切り替わりが多い上に変拍子もあって非常に複雑。そこにうまくストレートな疾走パートやメロディアスなギター・ソロも取り入れている曲構成は複雑でありながらもフックがあり、作曲センスを感じさせます。とにかく展開が多くリズムも複雑な、1度聴いただけでは覚えられないようなテクニカル・デスが聴きたい方に1stと併せて非常にオススメ!

fjorsvartnirlegionsofthenorth.jpg
・FJORSVARTNIR / Legions Of The North
デンマーク 独りメロブラ’12年1st
パワー/フォーク・メタル的な質感が強そうなジャケのイメージからすると意外とプリミティヴ・ブラック寄りなノイジーさのあるサウンドと邪悪な掠れデス声、寒々しさと薄らメロディックで薄暗いトレモロ・リフ、そこに時折叙情的な泣きのフレーズや派手な速弾きソロ、きらびやかなクリーン・アルペジオが入ってくるメロディック・ブラック。疾走、3連、スローと緩急ついた展開でじっくり聴かせてくれる1枚です。

forestofimpaledforwardthespears.jpg
・FOREST OF IMPALED / Forward The Spears
US ブルータル・デス/ブラック’03年2nd
掠れデス声で絶叫するヴォーカル、ブラスト・ビート主体に突っ走るリズムはブラック・メタル下地ですが、高速の2バス連打や刻みリフ主体のギターはブルータリティが強くデス・メタル色も感じられます。言ってみれば3rd以降のEMPERORからシンフォニック色を抜いたような質感のカッチリしたデス/ブラック・メタル。リフの邪悪さとストレートな突っ走りっぷりでどちらかというとブラック・メタル寄りなものが好きな方にオススメ。

forestofimpaledriseandconquer.jpg
・FOREST OF IMPALED / Rise And Conquer
US ブルータル・デス/ブラック’07年3rd
掠れデス声で絶叫するヴォーカル、ブラスト・ビート主体に突っ走るリズムはブラック・メタル下地ですが、高速の2バス連打や刻みリフ主体のギターによってデス・メタル色もあるデス/ブラック。より低音の刻みリフ主体になったギターに、手数足数を増したドラムによりブルータリティが強まった1枚。リフにドロドロ感が加わってデス・メタル成分が増しています。

funerealmoonbeneaththecursedlightofaspectralmoon.jpg
・FUNEREAL MOON / Beneath The Cursed Light Of A Spectral Moon
メキシコ アンビエント・プリブラ’96年1st
虚無感強めのアンビエントに唸るような邪悪な掠れデス声が乗っかる曲もあれば、非常に薄っぺらく音量も極めて小さいプリミティヴ・ブラック・ナンバーに、邪悪なアンビエントを纏いながら疾走するアンビエント・ブラックも収録した1枚。1996年という時期ならではの実験的な雰囲気が感じられる内容です。色々な意味でプリミティヴさが濃いめなところが魅力的な1枚。

haglirminsul.jpg
・HAGL / Irminsul
ロシア メロディック・ブラック’11年2nd
ヴォーカルは死にそうな泣きそうな声で絶叫していますが、メロディックなトレモロ・リフを軸にメロデス的なフックある刻みリフも盛り込み、メロディアスなソロ等も聴かせるギターが非常に印象的なメロディック・ブラック。ブラスト、ミドル、スローと緩急付いたドラマティックな展開も素晴らしい1枚。また、緩急付いた展開でありつつもほとんどが3分程度とコンパクトなところもポイント。

haglintheheart.jpg
・HAGL / In The Heart
ロシア メロディック・ブラック’13年3rd
前作はヴォーカルが死にそうな声で絶叫していましたが、今作は迫力のある掠れデス声になっています。メロディックなトレモロ・リフを軸にしたギターは相変わらず魅力的ですが、前作よりも寒々しさを増しているような印象。今作は4〜5分台の曲が増えて若干長さが増しています。が、相変わらず展開がしっかりとある割には聴きやすいサウンドですので、メロブラ好き、メロデス好き双方にオススメしたい作品です。

hakenkreuzaxisofcosmos.jpg
・HAKENKREUZ / Axis Of Cosmos
ニュージーランド デス/ブラック’07年1st(唯一のスタジオ・フル)
非常に籠った音質の中を小さい音量で重低音のギターとベースの邪悪な音の塊がモゴモゴと蠢くようなブラック/デス。何を演奏しているのか判別するのはかなり困難なほどの籠りっぷり。何を演奏しているかとかはどうでもいいのでとにかく邪悪な重低音の塊がドカドカと鳴っているような非常にRawなデス/ブラックが好きな方に非常にオススメな激マイナー盤。

handfulofhateqliphothicsupremacy.jpg
・HANDFUL OF HATE / Qliphothic Supremacy
イタリア メロディック・ブラック’97年1st
メロディックで寒冷なトレモロ・リフを軸に、要所で効果的にクリーン・サウンドも聴かせるギター、邪悪な掠れデス声絶叫ヴォーカル、ブラスト中心のドラムによるメロディック・ブラック。疾走パート中心に静のクリーン・パートなで緩急付いた展開によって割とDISSECTIONに近めのサウンド。Tr.2の寒々しいトレモロ・リフが実に魅力的です。'90年代のメロブラが好きな方には是非とも聴いてみてほしい名作。

heldentodvirradat.jpg
・HELDENTOD / Virradat
ハンガリー 薄メロ・プリブラ’14年1st
邪悪でありつつ薄ら叙情性も感じさせる寒々しいトレモロ・リフ主体のギター、バタバタしたブラスト・ビート中心に突っ走るドラム、ギターと時折ユニゾンするベース、掠れデス声でハイテンションに叫び散らすヴォーカルによるプリミティヴ・ブラック。全体的に薄らメロディックなので薄メロ・プリブラ好きにオススメしたい1枚。

hopelesselements.jpg
・HOPELESS / Elements
ディプレッシヴ・ブラック’09年作
Tr.1はイントロからとんでもなく暗く、非常に篭っていて不明瞭なサウンドになっていますが、Tr.2以降はギターのフレーズが明瞭になり、悲しみが強くなってきます。ヴォーカルは絶叫はしているものの奥に引っ込んでいることもあり、曲によってはキーボードが包み込むように広がるところもあったりして、悲しく陰鬱でありつつもアトモスフェリックでもある1枚です。

hrizganthemstodecrepitude.jpg
・HRIZG / Anthems To Decrepitude
スペイン 独りプリブラ’10年2nd
悪すぎずきれいすぎずの音質、なかなかスピーディなブラスト・ビートを軸にしたドラム、不穏かつ寒々しい非常にブラック・メタルらしいトレモロ・リフ、邪悪なグロウルを聴かせるヴォーカルによる王道かつバンドものと変わらないクウォリティで楽しめる完成度の高い独りプリブラ。薄ら悲しく冷たいトレモロ・リフが魅力的なので薄メロ・プリブラ好きにもオススメ。

hrizginferno.jpg
・HRIZG / Inferno
スペイン 独りプリブラ’11年EP(5曲、27分)
前作からあまり間を置かずリリースされていることもあってか、延長上にあるような作風で、悪すぎずきれいすぎずの音質、緩急付いたリズム、不穏かつ寒々しいトレモロ・リフに時折メロディアスなソロも聴かせるギター、邪悪なグロウルを聴かせるヴォーカルによる王道かつバンドものと変わらないクウォリティで楽しめる完成度の高い独りプリブラ。3〜5分程度の曲4曲と8分の曲1曲の合計27分程度の作品でボリューム感も十分。

ishaltbecomepoison.jpg
・I SHALT BECOME / Poison
US シンフォニック・ディプレッシヴ・ブラック’10年5th
Tr.1と2の前半こそそうでもないですが、Tr.2の後半以降かなりオーケストレーションが前面に出てくるのが特徴的。非常にスローなリズムとノイジーかつ陰鬱なリフ、唸るような生気薄目のヴォーカルによってディプレッシヴ・ブラックが下地になっていつつも、オーケストレーションが前面に出て悲しみを大々的にアピールしてくるシンフォニック・ディプレッシヴ・ブラックとでも言いたくなるような独自のサウンド。


以下のタイトルも出品いたしました。

・FJORD / Vor Tru
カナダ フォーク・メタル’09年1st(唯一のスタジオ・フル)

・GRENADE / The Howling Damned
オーストラリア ブラック/デス’07年編集盤

・GRIMNESS 69 / The Bridge
イタリア デス/グラインド’10年3rd

・EXTIRPATION / Reverse The Reality
イタリア ブラック/スラッシュ’13年1st

・FLAME / March Into Firelands
フィンランド ブラック/スラッシュ’11年2nd

・FOREST OF DOOM / Ancient Woods Of Darkness
メキシコ ブラック・メタル’07年1st

・FORESTS OF OLD / Voices From Oblivion
US ディプレッシヴ/プリブラ’09年EP

・FROST / Trapped In The World
カナダ 独りブラック’12年2nd

・FROST / ...From The Dark
ハンガリー 薄メロ・プリブラ’13年3rd

・GJALLARHORN / Awakening(Пробудження)
ウクライナ ブラック・メタル’09年1st

・HADES ARCHER / The Curse Over Mankind
チリ プリミティヴ・ブラック’12年2nd

・HATS BARN / Primitive Humans Desecration
フランス プリミティヴ・ブラック’10年2nd

・HEGEMOON / Szaty Klamstw
ポーランド プリミティヴ/ペイガン・ブラック’11年2nd

・HEIDEN / Tinne
チェコ ポスト・ブラック’05年2nd

・HEKSERI / Hekseri
US 女性ヴォーカル・ブラック・メタル’10年1st

・HELLVETO / Klatwa
ポーランド 独りペイガン・ブラック’05年5th

・HIMINBJORG / Where Ravens Fly
フランス ペイガン・ブラック’98年1st

以上になります。

posted by メタルの小屋 at 18:32| 千葉 ☀| Comment(0) | メタルの小屋入荷情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]