★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの宮殿」★
新宮殿ロゴデフォルト2017年4月改訂(送料半額).JPG
メタルの宮殿はコチラ。

2018年01月14日

Twitterの新アカウント

そういえばTwitterのアカウントを新しいものに切り替えました。

流す情報はブログやメルマガとあんまり変わりませんがよろしくお願いいたします。

posted by メタルの宮殿 at 02:03| 千葉 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

●2018年1月12日、メタルの宮殿は楽天市場に出店いたしました!

いつもご利用誠にありがとうございます。

メタルの宮殿はこのたび販路の拡大を目的に「楽天市場」へ出店いたしました


そこで若干の注意点がございますので、いつものメタルの宮殿を便宜上この場では「本店」として、その違いをお伝えいたしますのでよろしくお願いいたします。

本店と楽天市場店では以下の違いがございます。

●取り扱い商品
楽天市場店で取り扱う商品は海外から仕入れた輸入品のみで中古品は無し。

●セールに関すること
本店で開催しているセールは楽天市場店には適用されません。
楽天市場店で今後楽天スーパーセールなどに参加するかもしれませんが、その場合はもちろん本店にはそれは適用されません。

●ポイント
本店のポイントはもちろん付かず、楽天スーパーポイントが付き、またご利用いただけます。

●お値段に関する注意点
諸事情により楽天市場店の方が少々高めの値段設定となっております。

●楽天市場店でご購入希望の場合の注意点
仮にお問い合わせいただいたとしても本店の価格に合わせるような価格の操作は一切できませんのでよろしくお願いいたします。出店に際して様々な厳しい規約が課せられておりますので何卒ご了承くださいませ。

●送料や手数料について
送料や代引手数料は同じ金額ですが、半額、無料等の規定は今のところはございません。

●本店には無い決済方法
楽天バンク決済をご利用いただけます。楽天銀行の口座をお持ちの場合、そこの残高から自動で引き落とされる形になる決済方法です。振り込む手間が省けます。


ということで、本店をすでにご存じでご利用いただいているお客様にとっては、楽天スーパーポイントがご利用いただけるということ以外にそれほどメリットはございません。

とりあえず、すでに本店をご利用いただいているお客様にはお知らせと注意点という形でお伝えさせていただきました!

また、まだご利用いただいていないお客様も「メタルの宮殿か〜、前からなんとなく気になるCDはあるんだけどマイナーなショップで買うのはなんか怖いんだよな〜。」と思っていた方も、「楽天に出しているならいいか〜」くらいの気持ちでぜひご利用をご検討いただければと思います!運営しているのは結局同じ人間ですがw

あ、あとまだ出品途中で全商品出せていないので商品は少ないです!
これから順次出してまいりますのでよろしくお願いいたします。

それでは、本店でも楽天市場店でもご利用お待ちしております!

メタルの宮殿
梶原

posted by メタルの宮殿 at 20:36| 千葉 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

◎2017年9月20日16時頃〜ショップを再開いたしました!

いつもご利用誠にありがとうございます。

大変お待たせいたしました。2017年9月15日(金)より一時閉店しておりましたが、先程ショップを開店いたしました。

早速ですが、新入荷もあります(詳細は後程)。

別件ですが、私用により、23日〜25日の間は宮殿を離れます。この期間はご注文いただいた場合も商品のチェックができないため、メールの返信もできません。受注後の手動確認メールの返信26日以降となりますので、よろしくお願いいたします。

posted by メタルの宮殿 at 16:43| 千葉 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

☆2017年8月、こんなところでへヴィ・メタル!特集開催!

今ある在庫で以下の特集を組んでみました!

題して【こんなところでへヴィ・メタル!】特集!

vorumpoisonedvoid.jpgwarnamentwherehomeisfound.jpgazotadorinsertandolasustancia.jpgdantescowedontfearyourgod.jpgdalkhudescendintonothingness.jpgdjinnandmiskatonicforeverintherealm.jpgsargonincontempt.jpgdarkdominationrebellion666.jpgsilentkingdombloodless.jpg

ウルグアイ、エクアドル、エストニア、スロヴェニア、マケドニア…

日本から見て(あくまで日本から見てw)辺境と言われたり、あんまりメタルをやっているイメージが無い国のCDを集めてみました!平たく言えば辺境メタル特集です。

アーティスト自体はたくさんいてもはやメジャーなものの、やっぱり辺境枠で語られがちなロシア、ウクライナ、アルゼンチン、チリなどのバンドもあれば、おやこんな国にもメタル・バンドがいるのか〜と思ってしまうような国のバンドまで、国ごとにグループを作成してみました!(US、UK、イタリアとかはありません)

ロシアとかいっぱいいるので、その辺のバンドが好きな方にはチェックしてみていただきたいですし、単純に「へ〜、こんな国にもメタル・バンドいるのか〜」といった感じに参考になれば幸いです。


20日、21日限定でこちらの特集商品のお買い得セールも開催いたします!詳細は後程!
posted by メタルの宮殿 at 19:47| 千葉 🌁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

◎オススメ品のページを紹介です!

当店には私が聴いてみて、「おぉ、これは素晴らしい!」と思った商品を並べているページがございます。

先日の値下げでこちらのオススメ品コーナーにも内容が良くてお買い得な商品がたくさんございますので、ぜひぜひチェックしてみてください!

お約束のマイナー輸入盤もありますが、中古店でもよく見かける国内盤が出ている有名なタイトルもございます。

posted by メタルの宮殿 at 14:11| 千葉 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

★商品検索時の裏技みたいなもの。

いつも当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

当店では商品検索機能がありますが、こちらの特徴についてここで説明させていただきます。

簡単に言うと、検索した語句が含まれている商品がヒットします。

極端に言えば、「あ」と検索すれば、「あ」が含まれているものがヒットします。

さらに範囲は、アーティスト名やアルバム・タイトルのみならず、私が入力したコメントにも適用されるようになっています。

たとえば、ディプレッシヴ・ブラックという語句を検索すれば、私がコメント欄にて「ディプレッシヴ・ブラック」と記載してあればその商品もすべて引っかかります。

当店ではカテゴリはそこまで細かくは分かれておりません。

が、メロデスが聴きたいんだ〜!ということで、ピンポイントでメロデスを検索したい方もいらっしゃるハズ。

そこで検索欄に、「メロデス」とか、「メロディック・デス」と入力してみてください。

そうすれば、「USメロデス」とか、「ドイツのメロディック・デス」とか私が入力したものがひっかかります。

このように、サブ・ジャンルを探す際に便利なのはもちろんのこと、もっとフワフワとした語句を検索してもいいわけです。

たとえば…

疾走してる曲が多く入っているアルバム聴きたいな・・・とか思った場合は、「疾走」と検索すれば「疾走感のある」とか、「疾走曲ばかり」とか書いてあるものがひっかかります。ただし逆に、「疾走感はイマイチ」とかそういうのもひっかかりますw

これを応用すれば、「ブラスト」と入力すれば「ブラスト・ビート満載の」とか、「ブラスト・メインの」とかがひっかりかります。この際のポイントは、コメント欄では「ブラスト」という語句と「ブラスト・ビート」という語句を両方使っておりますので、あえて「ブラスト」で検索を止めておくことです。

「ブラスト・ビート」で検索すると、「ブラスト・ビート」と書いてあるものじゃないとひっかかりませんが、「ブラスト」であれば、「ブラスト」も「ブラスト・ビート」もひっかかります。

ギター好きの方は「速弾き」とか、「テクニカル」とか検索してみてください。

イングヴェイみたいのが聴きたいなとか思ったら、「イングヴェイ」、「インギー」などと人名を検索するのもありです。

ここで、検索語句の入力の際の手助けとなる、私の文章の特徴を記載しておきましょう!

私が文章を書く際の特徴は以下の通り!

1、カナ表記の場合、単語と単語の間には・を入れています。
たとえば、メロディック・デスの場合は「メロディックデス」ではなく、「メロディック・デス」、「メロディックブラック」ではなく「メロディック・ブラック」といった感じです。ただし略称の場合は基本的に・は入りません。「メロ・デス」ではなく、「メロデス」。「メロ・ブラ」ではなく、「メロブラ」と表記しています。

2、カナ表記と英語表記の法則
例外もありますが、基本的にはものによって使い分けています。

・アーティスト名、作品名は英語表記が基本。
例:DARK ILLUSION / Where The Eagles Fly
コメント中でも基本的にHELLOWEEN、ANGRAなどと英語表記していますが、たま〜にBLING GUARDIANを「ブラガ」、IRON MAIDENを「メイデン」というように、カナ表記にしている場合もあります。

・人名は英語表記が基本ですが・・・
コメントで人名を紹介する際は英語表記が基本となっています。が、「誰々のような・・・」というコメントを書く際はちょっとめんどくさいので(おい)、カナ表記も結構あります。
例:「ブルース・ディッキンソンのような…」、「JUDAS PRIESTのロブのような…」
などです。
?
・ジャンルはカナ表記です。
BLACK METAL、DEATH METALとは表記せず、「ブラック・メタル」、「デス・メタル」と表記しています。コレは例外なくこのスタイルです。あ、ジェントだけは「Djent」って書いてあるかも…。

私が文章を書くときの特徴はこんな感じです!

なので、「BLACK METAL」ってやっても全然ひっかかんね〜な〜と思った場合は、そういうことです。
「ハロウィン」って検索してもひっかかんね〜な〜と思った場合もそういうことですw

ぜひぜひ検索の際の参考にしていただければと思います!!人名だけちょっと厄介ですねw

posted by メタルの宮殿 at 11:12| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

★2015/3/6 メタルエリンギの宮殿 マーク別割引ちょい更新!

=======================
★2015/3/6 マーク別割引ちょい更新!
=======================

当店では、アーティスト名にあるマーク別に割引を実施しております。この度の更新で以下のようになりました。

●マーク → 1点から表示価格より50%オフ!【更新!】

◆マーク → 1点から表示価格より30%オフ!

◎マーク → 1点から表示価格より20%オフ!

★マーク → 1点から表示価格より10%オフ!

気になっていたあのタイトルが割引になっているかも?是非チェックしてみてください!



posted by メタルの宮殿 at 10:50| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

ブログ名を旧来のものに戻しました。

旧ブログの消し方が分からず、ブログ名を旧ブログとは別な名前にしておりましたが、先日いとも簡単に削除できましたのでw、こちらも旧ブログと同じ名前に戻します。


で、いろいろ思うところがあって、表記もMETAL ERINGIにしていたのですが、こちらも旧来のカタカナ表記に戻します。


まぁ、大差ないですが、これからはメタルエリンギでいいので、検索しやすくなると思いますw


ただ、しばらくは削除した旧ブログが検索にひっかかる可能性がありますので、ご注意ください。


ういじゃ〜。
posted by メタルの宮殿 at 14:26| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

DAKOTA / The Last Standing Man

DAKOTA.jpg
USの80'sメロディアス・ハード・ロック・バンドの'97年5th!


冒頭から一度聴いたら覚えてしまえるくらいのキャッチーな哀愁のメロディーが流れてきて、期待してしまいます。その後もその期待通りの分かり易い歌メロを持った曲が続きますが、特徴的なのが哀愁の強さ。北欧産でもないのに見事なまでに哀愁に満ち溢れています。


それを歌うヴォーカルもまた中音域の若干ハスキーな渋い声質の持ち主で見事なハマりよう。Tr.5のようなジャジィな空気も感じさせる曲もよくハマッています。MICHAEL SCHENKER風の哀愁3連ハード・ロック・ナンバーであるTr.10「Fading You Tonight」もカッコいい。


そして、キャッチーなサビメロと強烈な哀愁、泣きのギターもキマッているアルバム表題曲Tr.8「Tha Last Standing Man」はアルバム中でも屈指の名曲!哀愁のメロハー好きであれば必聴といっていい曲です。


最後まで勢いは途切れることなく、時折ライトな感触の曲も挿みつつ、哀愁メインで突き進みます。特別尖った部分は無いながら、メロディアスなギター・ソロも曲に合っていていいし、コレは哀愁のメロハーという点ではかなり高レベル。


ハイトーン・ヴォーカルが好きな方には物足りないかもしれませんが、中音域の温もりある声質のヴォーカルが歌う哀愁のメロハーというものにピンとくる方にはぜひとも聴いてみてほしいタイトルです。


ういじゃ〜!
posted by メタルの宮殿 at 12:20| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

GOOGLE CHROME翻訳遊び

全メタラー必見!?


1年くらい前の話・・・


調べ物に便利なあのサイト「Metal Archives」ですが、私はそこで調べ物をしていた際、何気なく翻訳をしてみたんです。


そしたら!!


なんじゃこりゃ〜〜〜〜〜〜!!!!


という訳が出てきました!


そしてハマってしまった私は、色々なバンドで珍訳を検証、集めてみたのが以下の結果です。


超ヒマな方はぜひ御覧ください!


※以下は私の笑いのツボにハマったものであり、皆さんのツボにハマるかどうかは分かりませんので悪しからずw
※また、クロームもどんどん賢くなっていまして、最近ではここまで面白い訳は出て来ません。コレは去年の同時期くらいに翻訳した時のデータですので、そこもご了承ください。


●訳 / 元の曲名 / アーティスト / アルバムタイトル
 

●失わメモリ / Lost Memory / ARTENSION / Into The Eye Of The Storm

●ユーアーマイハートですか / You Are My Heart / ARTENSION / Forces Of Nature

●時間はでゆっくりゴーズ / Time Goes Slowly by / ARTENSION / Machine

●ユアアームスでテイクミー / Take Me In Your Arms / ARTENSION / Future World

●のキャリー / Carry On / Angra / Angels Cry

●とんでもないウォーズ / Unholy Wars / Angra / Rebirth

●まあウィッシング / Wishing Well / Angra / Temple of Shadows

●すべての時間のためにのろわ / Damned for All Time / Blind Guardian / Follow the Blind

●ブラインドに従ってください / Follow the Blind / Blind Guardian / Follow the Blind

●トワイライトホールで失わ / トワイライトホールで失わ / Blind Guardian / Tales from the Twilight World

●私は"ファイン、クレイジーマンドゥーインしています / I'm Doin' Fine, Crazy Man / Helloween / Pink Bubbles Go Ape

●私はノーモアクライないドントワナ / I Don't Wanna Cry No More / Helloween / Chameleon

●私たちは、バーン / We Burn / Helloween / The Time of the Oath

●鋼いじめ / Steel Tormentor / Helloween / The Time of the Oath

●キングスはキングスウィルビー / Kings Will Be Kings / Helloween / The Time of the Oath

●主ヘイ! / Hey Lord! / Helloween / Better than Raw

●我々は夜を畜生 / We Damn the Night / Helloween / The Dark Ride

●天国は嘘を伝えますしない / Heaven Tells No Lies / Helloween / Gambling with the Devil

●ノーモアため息をつくない / アルバムタイトル / Gamma Ray / Sigh No More

●無料の土地 / Land of the Free / Gamma Ray / Land of the Free

●いいえストレンジャーない(生命のアナザーデイ) / No Stranger (Another Day in Life) / Gamma Ray / Somewhere Out in Space

●どこ銀河の / Anywhere in the Galaxy / Gamma Ray / Power Plant

●いいえワールドオーダーなし! / アルバムタイトル / Gamma Ray / No World Order!

●マシン畜生 / Damn the Machine / Gamma Ray / No World Order!

●見捨てられた、喜んで、ブレインウォッシュ、利用 / Abandoned, Pleased, Brainwashed, Exploited / Sonata Arctica / Winterheart's Guild

●イーグルスはどこデア / Where Eagles Dare / Iron Maiden / Piece of Mind

●ワイルドゴーン年齢 / Age Gone Wild / Royal Hunt / Land of Broken Hearts

●ここに今日、明日ゴーン / Here Today, Gone Tomorrow / Royal Hunt / Clown in the Mirror

●ダウンにてご利用いただけます / Stay Down / Royal Hunt / Moving Target

●お問い合わせの神を助ける / Help Us God / Royal Hunt / Eye Witness

●お鎖を断ち切る / Break Your Chains / Royal Hunt / Paper Blood

●日を設定することを手伝ってくれるサービス / The Ones Who Help to Set the Sun / Dream Theater / When Dream and Day Unite

●画像と単語 / アルバムタイトル / Dream Theater / Images and Words

●毎回私は、ダイ / Everytime I Die / Children of Bodom / Follow the Reaper

●天使たちはキルしないでください / Angels Don't Kill / Children of Bodom / Hate Crew Deathroll

●トリプル死体Hammerblow / Triple Corpse Hammerblow / Children of Bodom / Hate Crew Deathroll

●あなたがデッドした方がよいでしょう / You're Better Off Dead / Children of Bodom / Hate Crew Deathroll

●オブボドムできそこない / Bastards of Bodom / Children of Bodom / Are You Dead Yet?

●忍び足で歩くミス自殺 / Pussyfoot Miss Suicide / Children of Bodom / Relentless Reckless Forever

●執拗な無謀なフォーエバー / Relentless Reckless Forever / Children of Bodom / Relentless Reckless Forever

●それはそれは価値があった? / Was It Worth It? / Children of Bodom / Relentless Reckless Forever

●不気味移住 / Transmigration Macabre / Arch Enemy / Black Earth

●デッドアイズノーフューチャーを参照していない / Dead Eyes See No Future / Arch Enemy / Anthems of Rebellion

●手に血 / Blood on Your Hands / Arch Enemy / Rise of the Tyrant

●いいえ神なし、なしマスターズ / No Gods, No Masters / Arch Enemy / Khaos Legions

●美しさがなければ残酷さ / Cruelty Without Beauty / Arch Enemy / Khaos Legions

●我々は神を恐れぬエンティティです / We Are a Godless Entity / Arch Enemy / Khaos Legions

●私の肉の中のとげ / Thorns in My Flesh / Arch Enemy / Khaos Legions

●復讐イズマイン / Vengeance Is Mine / Arch Enemy / Khaos Legions

●サンライズはできますか? / Will the Sun Rise? / Stratovarius / Episode

●永久無料 / Forever Free / Stratovarius / Visions

●ハンティングハイとロー / Hunting High and Low / Stratovarius / Infinite

●ディープ不明 / Deep Unknown / Stratovarius / Polaris

●どういうわけかプレシャス / Somehow Precious / Stratovarius / Polaris

●私はそれをマイウェイか / I Did It My Way / Revolution Renaissance / New Era

●我々は、マジックですか / We Are Magic / Revolution Renaissance / New Era

●ちょうどレットイットレイン / Just Let It Rain / Revolution Renaissance / Trinity

●冷凍冬のハート / Frozen Winter Heart / Revolution Renaissance / Trinity

●イットアップか / Do It Up / Riot / Narita

●道路レースを" / Road Racin' / Riot / Narita

●ダウンアンダー発射 / Fire Down Under / Riot / Fire Down Under

●ブリングミーダウンしないでください。 / Don't Bring Me Down / Riot / Fire Down Under

●いいえライズなし / No Lies / Riot / Fire Down Under

●あなたは私でバーン / You Burn in Me / Riot / Born in America

●ここで、兵士のルール / Where Soldiers Rule / Riot / Born in America

●ジャニーズ戻る / Johnny's Back / Riot / Thundersteel

●ブラックレザーときらめくスチール / Black Leather and Glittering Steel / Riot / The Privilege of Power

●私は実行によ / I'm on the Run / Riot / Nightbreaker

●英語の血液 / Blood of the English / Riot / The Brethren of the Long House

●オンリーユーはロックミー可能(UFOカバー) / Only You Can Rock Me (UFO cover) / Riot / Through the Storm

●私のドアでノッキン / Knockin' at My Door / Riot / Army of One

●まだマン / Still Your Man / Riot / Immortal Soul

●翼は天使のためのものです / Wings are for Angels / Riot / Immortal Soul

●ウイスキー党 / Whiskey Man / Riot / Immortal Soul

●いいえマーシーを表示しない / Show No Mercy / Slayer / Show No Mercy

●私はあなたの神ゴナビーです(バカ大将カバー) / I'm Gonna Be Your God (The Stooges cover) / Slayer / Undisputed Attitude

●ヘイトが大好き / Love to Hate / Slayer / Diabolus in Musica

●ここで痛みカムズ / Here Comes the Pain / Slayer / God Hates Us All

●注文スルー美しさ / Beauty Through Order / Slayer / World Painted Blood

●エムのすべてを殺す / Kill 'Em All / Metallica / Kill 'Em All

●ライトヒット / Hit the Lights / Metallica / Kill 'Em All

●火災にジャンプ / Jump in the Fire / Metallica / Kill 'Em All

●つ / One / Metallica / ...And Justice for All

●貧乏くじ / The Shortest Straw / Metallica / ...And Justice for All

●悲しみの収穫機 / Harvester of Sorrow / Metallica / ...And Justice for All

●ニティの擦り切れた即決 / The Frayed Ends of Sanity / Metallica / ...And Justice for All

●ライブには、死ぬことです / To Live Is to Die / Metallica / ...And Justice for All

●悲しいが、真 / Sad but True / Metallica / Metallica

●ミーにトレッドしない / Don't Tread on Me / Metallica / Metallica

●他には何もターズ / Nothing Else Matters / Metallica / Metallica

●磁気死 / Death Magnetic / Metallica / Death Magnetic

●来るはずのないデー / The Day That Never Comes / Metallica / Death Magnetic

●すべてナイトメアロング / All Nightmare Long / Metallica / Death Magnetic

●ガレ​​ージ株式会社 / Garage Inc. / Metallica / Garage Inc.

●脳手術でクラッシュコース(バッジーのカバー) / Crash Course in Brain Surgery (Budgie Cover) / Metallica / Garage Inc.

●ホーリーウォーズ... ためにお仕置き / Holy Wars... The Punishment Due / megadeth / Rust in Peace

●毒はキュアでした / Poison Was the Cure / megadeth / Rust in Peace

●クール持って、旅行する / Have Cool, Will Travel / megadeth / Cryptic Writings

●だからバイルなし / アルバムタイトル / Cryptopsy / None So Vile

●おガッツを切った / Slit Your Guts / Cryptopsy / None So Vile

●飲めや歌えの切腹 / Orgiastic Disembowelment / Cryptopsy / None So Vile

●そして次に、あなたが初級だろう / アルバムタイトル / Cryptopsy / And Then You'll Beg

●だからライブなし / アルバムタイトル / Cryptopsy / None So Live

●私はブラックウィザードアム / I Am the Black Wizards / EMPEROR / In the Nightside Eclipse

●夜Eclipseで / アルバムタイトル / EMPEROR / In the Nightside Eclipse

●あなたがたEntrancemperium / Ye Entrancemperium / EMPEROR / Anthems to the Welkin at Dusk

●従ってNightspiritをspeakの過去 / Thus Spake the Nightspirit / EMPEROR / Anthems to the Welkin at Dusk

●強さで私はバーン / With Strength I Burn / EMPEROR / Anthems to the Welkin at Dusk

●あなたのすべての人に悪態をつく! / Curse You All Men! / EMPEROR / IX Equilibrium

●私の墓でとげ / Thorns on My Grave / EMPEROR / Prometheus - The Discipline of Fire & Demise

●Wackenオープンエアー2006で生きる / アルバムタイトル / EMPEROR / Live at Wacken Open Air 2006

●インフェルノ/ Wackenオープンエアー2006年に住みなさい / アルバムタイトル / EMPEROR / Live Inferno / Live at Wacken Open Air 2008

●新しい神に魂の力をチャネリング / Channelling the Power of Souls into a New God / Burzum / Burzum

●忘れてしまった悲しい精神を忘れました / A Lost Forgotten Sad Spirit / Burzum / Burzum

●スターへの私の旅 / My Journey to the Stars / Burzum / Burzum

●DET SOMをアンギャングヴァール / Det Som En Gang Var / Burzum / Hvis Lyset Tar Oss

●Hvis Lysetタールオッス / Hvis Lyset Tar Oss / Burzum / Hvis Lyset Tar Oss

●ハイッTiðandi / Illa Tiðandi / Burzum / Dauði Baldrs

●モティRagnarǫkum / Móti Ragnarǫkum / Burzum / Dauði Baldrs

●あなたは、以下の点で月に到達することはありませんよ / You'll Never Get To Moon In That / Orange Goblin / The Big Black

●あなたがOne(ロックンロールを保存できない)よ / You're Not the One (Who Can Save Rock n' Roll) / Orange Goblin / Thieving from the House of God

●ただ有料ました(ZZトップカバー) / Just Got Paid (ZZ Top cover) / Orange Goblin / Thieving from the House of God

●何か用スタンド / Stand for Something / Orange Goblin / A Eulogy for the Damned




いかがでしょう!?


なに?


バカだなお前!!


ですと!?


そのとおり!

面白すぎる!

ういじゃ〜!
posted by メタルの宮殿 at 11:51| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

VAN DER GRAAF GENERATORのススメ

VAN DER GRAAF GENERATORの来日公演間近!


ということで、メタルもそこそこにVAN DER GRAAF GENERATORばかり聴いているMETAL ERINGIです。


しばらくはPROG RERINGIになりますw


さて、このバンドですが、実はテクニカル・メタル好きにもとってもオススメなバンドなんですよ〜。


メタルを聴いてて、なんとなくプログレもかじった方で、


YESってカッコいいよね!超テクニカルで!


という方や、


KING CRIMSONってヘヴィでいいよね!


という方や、


EL & Pのキース・エマーソンのキーボードやばいっしょ!あれはハード・ロックしてるね!


なんていう方は結構いらっしゃるかと思います。


が、


VAN DER GRAAF GENERATOR最高でしょ〜!!


とすぐに出てくる方は割と少ないんじゃないかと思います。


かえって、イタリアのARTI & MESTIERIの方が知っているなんていう方もいるかもw


で、このVAN DER GRAAF GENERATORですが、プログレッシャーには有名なバンドです。


言ってみれば、メタラーにはRHAPSODYは有名だけど、一般的には知られていない。みたいな位置づけのバンドです。


読み方は、ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレイターぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


名前からしてカッコいいですね〜!


UKのバンドです。


このバンドがその優れた音楽と、演奏力に反して、KING CRIMSON、YES、GENESIS、EL & P、PINK FLOYDらから遅れをとってしまったのは、その活動時期が関係しています。


70年より前に結成され、一般的にプログレッシャーから名盤と言われている2nd〜4th。


その4thがリリースされたのが'71年。


しかしながら、その後解散。再結成が’75年になります。


すなわち、プログレ黄金期と言われている'72年〜’74年辺りにものの見事に表舞台から姿を消してしまっていたというわけです。




だがっ!!




この音が知られないのはあまりにも惜しすぎる!


まぁ、本当にいいバンドなんですよ。


というわけで、どんなバンドか軽くご紹介〜。


まず中心人物であるピーター・ハミルによる哲学的な歌詞が特徴。


私には難しくてさっぱり理解できませんが爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾、とにかく深い歌詞の世界に圧倒されます。


そしてそれを歌うハミルの歌唱!!


コレが凄いんです。


時はまだパンクなんて登場する何年も前ですが、その吐き捨てるようにアバウトにメロディーを歌うスタイル、強烈にがなるスタイルは、のちのパンクスにも影響を与えたと言います。ハード・ロックのヴォーカリストも驚きなハイトーン・シャウトもします。


でもそればかりじゃないんです。


囁くように歌ったり、語るように歌ったり、叙情的な歌メロをエモーショナルに歌ったり・・・


それらのスタイルが全て一体となり、完全独自のヴォーカル・スタイルを築いているわけです。


単語を吐き捨てたかと思えば、いきなりエモーショナルに歌ったりという技はもはや反則です。泣かされます。とにかく圧倒的な歌唱力。それらを計算ではなく、自然体でやっているというのが感じられますが、到底常人には真似できない歌唱です。


で、歌いながらもピアノを弾いたり、ギターを弾いたりというスタイルです。


さらにメインとなるのが、相方とも言えるオルガニストのヒュー・バントン。


ヒューの時にアトモスフェリックな空間を形成し、時にアグレッシヴに速弾きや、変拍子に合わせてのフレーズを繰り出すそのサウンドは無くてはならないものです。


もうひとりがドラマーのガイ・エヴァンス。ヒューを睨むようにドラミングするのが印象的ですがw、変拍子満載の楽曲のリズムを支える存在です。


現在もこの3人で活動中。


時期によっては、サックスなどを担当していたデヴィッド・ジャクソンが加わったりします。


時期によってサウンドになんとなく変化はありますが、それでもそこからにじみ出てくる音は間違いなくVAN DER GRAAF GENERATOR。非常に濃厚です。


ここで、テクニカル・メタラーにもオススメなタイトルを2つほど。


まずは’71年の4th「Pawn Hearts」

pawn hearts.jpg
10分程度の曲が2曲、20分程度の曲が1曲の超大作主義の1枚。地味にゲストにKING CRIMSONのロバート・フリップ氏が参加しています。


Tr.1「Lemmings」は、このアルバムの中で最もヘヴィかつアグレッシヴな1曲。メインのリフがインパクトに残りますが、ダークな静のパートとヘヴィなメイン・リフの対比が印象的。変拍子も早速多めに炸裂しています。


Tr.2はメロウな静のパートから始まり、中間部ではダークな変拍子ユニゾン・パートになり、またメロウな歌メロに戻るという展開の聴き応えある曲。中間部はちょっとCRIMSONの太陽と戦慄を思い出しますね。あっちの方がリリース大分あとですが。この曲ではハミルの柔らかな歌唱が光っています。Tr.1との歌唱を比較すると面白いと思います。


Tr.3が20分超えの大作で最大の聴きどころ!10のパートに分かれた組曲ですが、その静と動の激しい切り替わり、動のパートの複雑なリズムが強烈なインパクトを残します。出だしの何かが起こりそうな不気味なメロディーもインパクトありますが、特にPt.5「Presence Of The night」の、複雑な変拍子に奇妙な歌メロが乗る様は圧巻!また、これまたおどけたような変なメロディーのPt.8「The Clot Thickens」もインパクトあります。そして最後は壮大に締めて、無理矢理にでも感動させられてしまう素晴らしい曲です。歌詞は難しすぎてわかりません。わかりませんが・・・


ALL THINGS ARE A PART
ALL THINGS ARE APART
ALL THINGS ARE A PART


という最後の歌詞が全てを物語っているように思います。


わからなくてもいいんです。


音を聴いて・・・


「そうか、そうなんだ。全てのものごとは一部であり〜・・・なんだ・・・。」


と、納得すればいいのです!


全てを聴いた後でのエンディングでのこの歌詞とこのメロディー、やばいです。ものすごく感動しますよ!分からないのに爆弾w!


さてさて、以上が「Pawn Hearts」。


お次はというと、


再結成後第2弾である'76年の大名盤「STILL LIFE」

stilllfe.jpg

この題名を見て、なんかどこかで聞いたな〜?というメタラーさんは、おそらくOPETHの4thアルバムを思い出したんじゃないでしょうか?


あっちも超名盤ですけど、こっちも超名盤ですよ〜!


5曲入りで、7分2曲、8分1曲、10分弱1曲、ラストが12分の大作という構成。


私がとにかく今ハマっているのがこのTr.1の「Pilgrims」exclamationexclamation


これのメロディーは素晴らしすぎます・・・。まじめに泣きますよコレ。


アトモスフェリックに静かに、優しくはじまり、ハミルも丁寧に歌メロを歌い、そしてサビで大爆発!


がなっているようであり、それでいてものすごくエモーショナルなハミルの歌唱にはひたすら涙!あ〜やばい、今聴いていないのに思い出しただけで泣きそうだwexclamationexclamation


2度のサビを終え、エンディングが2分ほどありますが、ここのフレーズももうとにかく感動の一言!なんなんすかね?この切ないとか、儚いとかそういうのとなんか違う感じ・・・もはや表現できません。美しすぎます。変拍子とかテクニカル要素は無いですが、VAN DER GRAAF GENERATOR史上でも最高クラスにメロディアスなこの曲はとにかくメロディー命です。


続くTr.2「Still Life」もまた名曲。


同じく静かに始まりますが、こちらはもっと直接的に悲しいメロディーになっています。これも中間部でハミルのがなり歌唱がとにかくカッコいい!「What abject despair demands an end to all things of infinity?」のところがとにかく最高!中間部に入る前の歌詞を詰め込みまくるテクニックも圧巻です。最後は文を読むようなスタイルになっていますが、それがまたカッコいいのです。


そして中間部で盛り上がりを見せた後、再び静のパートに切り替わり、より悲しみが広がるメロディー展開になります。これもよくわからなくても、


Hers forever.
hers forever.
hers forever.
in still life.


という歌詞が全てを物語っているように感じます。


なお、この曲は'78年リリースのライヴ盤「VITAL(この作品では名義がVAN DER GRAAF)」では、ヘヴィなアレンジになっていますが、それもまたかっこ良く、ラストが


in・・・still・・・life・・・


と、つぶやきスタイルになっているのがまた渋くてカッコいいのです。


さて、2曲比較的メロディアスな曲が続き、続くTr.3はある意味VAN DER GRAAF GENERATORらしい忙しい展開の、割とアグレッシヴな曲。テクニカル派にもオススメな曲です。続くTr.4ふわ〜〜っとまどろむような曲


そして最後の聴きどころがTr.5「Childlike Faith In Childhood's End」。


コレはお得意の起伏に富んだテクニカルな展開と、静のパートでのメロディアスさ、この作品に顕著なサビでの盛り上がりというものが全て盛りこまれた大傑作!


動のパートの躍動感あるリフが印象的ですが、やはりポイントはサビにおけるハミルの歌唱でしょう。コレもとにかく聴いてると泣ける。凄いです。個人的にはTr.1と並んで好きな曲。


そんなこんなで大変長くなりましたが!


よりテクニカルなものをお求めの方には「Pawn Hearts」を。
テクニカルさもあるけど、メロディアスな方がいいなぁという方には「Still Life」を
オススメいたします。


メタラー間にももっと広がってほしいバンドです。


また、ハミルの歌唱は・・・


JUDAS PRIESTのロブ・ハルフォードに似ている


という話もあり、実際似ている部分がありますw メタラーにも馴染みの良い声なんじゃないでしょうかね?


皆さん、ぜひ聴いてみてください!


METAL ERINGI号泣の1曲「Pilgrims」


Pawn Hearts1曲目。「Lemmings」



ちなみに最新作、「Alt」は、ノイズ/アヴァンギャルド方面が好きな方にオススメな、インプロヴィゼーション・メインの実験的なインスト作品です。テクニカル・メタラーにはオススメいたしませんw 前作「A GROUNDING IN NUMBERS - 違心伝新~ア・グラウンディング・イン・ナンバーズ
」なら変拍子も多くて面白いのでオススメです。曲は短いですが。


ういじゃ〜!

AMAZONでお取り扱いがございます。
     Pawn Hearts             Still Life


ラベル:プログレ
posted by メタルの宮殿 at 22:37| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする