★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの小屋」★
20190723メタルの小屋ロゴ png.png
メタルの小屋はコチラ。

2019年09月14日

ASPERITY / The Final Demand

asperitythefinaldemand.jpg
CARNAL FORGEのPetri Kuusisto、一時期STEEL ATTACKにいたJohan Jalonen Penn、ex:CARNAL FORGE、2009年よりSTEEL ATTACKのStefan Westerbergらによるスウェーデンのメロディック・メタル・バンドの'04年1st。

CARNAL FORGE感は無いミドル・ナンバー中心の叙情的なメロディック・メタルで、ハスキーかつパワフルなハイトーンを聴かせるヴォーカルと、非常に流麗かつテクニカルでメロディアスな構築感のあるギター・ソロがとても魅力的。バッキングでもメロディを弾いたり、片方がテクニカルなソロを弾いて片方がその間緩やかにメロディを弾くなどの巧みなアレンジでも聴かせてくれます。叙情的かつギターがテクニカルなメロディック・メタルが好きな方にオススメ。

posted by メタルの小屋 at 15:44| 千葉 ☁| Comment(0) | HM/HR A、B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

ARREST / Night Stalker

arrestnightstalker.jpg
ドイツの正統派メタル・バンドの’04年3rd。

歌メロ自体は地味ながらパワフルではあるハイトーン・ヴォーカルと、メロディアスな哀愁のツイン・リードのソロが印象的な正統派メタル。特別テクニカルなわけではないものの、速弾きに泣きとオールマイティに聴かせ、バッキングでも動きがあって全体的にギターがなかなか印象に残るパワー・メタルです。歌メロはあくまで地味に、クサみをギターが発散するような正統派メタルが好きな方にオススメ。

ラベル:正統派メタル
posted by メタルの小屋 at 14:47| 千葉 ☁| Comment(0) | HM/HR A、B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ANORIMOI / Kings Of Feta

anorimoikingsoffeta.jpg
ギリシャの個性派パワー・メタル・バンドの’05年2nd。ツイン・ギターでヴォーカルの他にナレーターがいる6人組バンド。

朗々とした中音域のギリシャ語歌唱メインにダミ声シャウトやラップ歌唱のようなものを織り交ぜたヴォーカルがなかなか印象的。篭り気味の音質やヴォーカルからB級臭もかなり漂っていますが、メロディアスなギター・ソロはなかなか流麗です。また、1曲ごとに1〜2分のナレーションが入るのも大きな特徴。正統派と言うには少々メタル外の要素も入っているし、メロパワとかいうにはそんなにメロディックでもなく、どれかといえば少し個性的なパワー・メタルといった感じのサウンド。

ラベル:個性派メタル
posted by メタルの小屋 at 14:45| 千葉 ☁| Comment(0) | HM/HR A、B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ANCIENT EMPIRE / When Empires Fall

ancientempirewhenempiresfall.jpg
USの正統派メタル・バンドの’14年1st。


地味な歌メロを歌うハスキーな熱血タイプのヴォーカル、骨太な刻みリフと哀愁のツイン・リードを聴かせるギター、タイトなリズムによる正統派メタル。中間に叙情的な静の展開があり、その後の泣きの哀愁ギター・ソロに繋がるアップ・テンポなTr.4が聴きどころ。全体的にはあまりメロディアスではなく、要所で哀愁のメロディを聴かせるような正統派メタルが好きな方にオススメ。演奏は安定感がありますし音質も良好です。スネア裏打ちの疾走はほぼしませんがアップ・テンポな曲が多めです。


ラベル:正統派メタル
posted by メタルの小屋 at 14:43| 千葉 ☁| Comment(0) | HM/HR A、B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

ANGRA / Aqua

angraaqua.jpg
ブラジルのメロディック・パワー・メタル・バンドの’10年7th。


(Ds)Aquiles Priesterが抜け、ANGRA初期に参加、かつSHAMANのメンバーでもある(Ds)Ricardo Confessoriが復帰。サウンド・プロダクションが非常にクリアで分厚く良好だった前作、前々作と比較するとちょっと薄っぺらい感じがするのが難点ではありますし、徐々に喉の調子を悪くしてしまっている(Vo)Edu Falaschiの元気がさらに無くなっているのも引っかかるところで、ライヴでもあまりいいパフォーマンスができず、それが原因でANGRAから遠ざかってしまった方もいらっしゃることと思います。


しかしながらこの作品、曲自体は非常に粒揃い。Edu節炸裂の王道クサ疾走ナンバーTr.2、ブラジルの民族音楽要素が加わった軽やかな疾走ナンバーTr.3、ANGRAお得意のメタル色薄めで跳ねるリズミカルなピアノが印象的かつ、ラストの盛り上がりが感動的なTr.4、アルバム中最もドラマティックなメロディを持つ疾走ナンバーで、トリッキーなギター・ソロも素晴らしいTr.5、前々作の「Sprouts of Time」に並ぶくらいに柔らかく優しい感動的なメロディを持ったTr.6と前半だけでもこれだけ魅力的な曲がズラリと並んでいます。


後半も、テクニカルなリズムと明るいメロディで疾走するサビが素晴らしいTr.7他、実に充実した内容。アルバム通して言えることは、前作よりはメロディがとっつきやすいという点と、サンバ等のブラジルの民族音楽要素がかなり強めに入っているという点。2nd、Holy Landほどプログレッシヴ・ロック色は強くはないですが、メロパワ的な疾走リズムにパーカッシヴな民族要素を加えたリズム面に、リズミカルかついつも以上にトリッキーなギターのフレーズが印象的です。


ANGRAではHoly Landが好きな私ですが、個人的にはそれに並ぶくらいの名盤ですし、リリースから数年経った今となっては一番聴いているアルバムはもはやコレかもしれません。冒頭の通りEduの声にはかつてのような元気は無くて苦しそうなところも正直あります。しかし、エモーショナルなヴォーカルはそれでも十分に感動的。音質面もなんだか軽いけど、曲の良さの前には無意味なことです。Tr.5、6だけでもファンは十分聴く価値があると思いますので是非聴いてみてください。


メタルの輸入CDを取り扱うメタルの宮殿を運営しております。
メタルの宮殿はこちらです。
ラベル:メロパワ
posted by メタルの小屋 at 14:22| 千葉 ☁| Comment(0) | HM/HR A、B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ANGRA / Aurora Consurgens

ANGRAAurora Consurgens.jpg
ブラジルのメロディック/シンフォニック・パワー・メタル・バンドの’06年6th!


前作はコンセプト・アルバムで、プログレッシヴさも強めな一枚でしたが、今作も引き続きそちら方面にシフトした作品です。ブラジルのリズムもふんだんに盛り込まれており、2nd並にブラジリアンな要素の強い作品でもあります。ストレートな疾走曲は少ない反面、やはり(G)キコ・ルーレイロのギター・ソロの複雑なフレーズが印象的!(Ds)アキレスの複雑な叩きっぷりも相変わらずで、テクニカル・メタル好きにこそ聴いてほしい作品です。


メタルの輸入CDを取り扱うメタルの宮殿を運営しております。
メタルの宮殿はこちらです。
ラベル:メロパワ
posted by メタルの小屋 at 14:14| 千葉 ☁| Comment(0) | HM/HR A、B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ANGRA / Temple Of Shadows

angratempleofshadows.jpg
ブラジルのメロディック・パワー・メタル・バンドの'04年5th。


今作はコンセプト・アルバムですが肩ひじ張らずに1曲1曲普通に楽しめるのが特徴で、言われなければコンセプト・アルバムとは分からないでしょう。疾走曲が少ないという点で不満を感じる方もいらっしゃるかと思いますが、Spread Your Fire」に、Kai Hansen」がゲスト参加した当時ANGRA最速とバンド自身が言っていた「The Temple of Hate」の2曲はバンドの疾走曲の中でも突出した内容になっており、聴かないと損レベルの内容ですのでこの2曲だけでもぜひ聴いてみて欲しいです。


スネア裏打ち疾走がメインでは無いもののテンポが速い「Angels and Demons」、叙情的なメロディが美しい「Waiting Silence」、穏やかで爽やかなメロディが素晴らしい「Wishing Well」、複雑な構成とテクニカルなリズム、叙情的なメロディと民族要素が絡み合うプログレッシヴな「The Shadow Hunter」、メタル色は薄めながらも明るくも切ないメロディが素晴らしすぎる「Sprouts of Time」等々、疾走にこだわらない人にとっては名曲多数の作品。


個人的にはとにかく「Sprouts of Time」が大好きで、Fire Worksに収録されていた「Fire Works」や「Gentle Change」、BTの「Rainy Days」、Aquaに収録されている「Spirit of The Air」のようなANGRAのメタルっぽさが希薄な曲が好きな方にはぜひとも聴いてみてほしい超絶名曲です。この曲はメタルを聴かない方でもすんなり聴ける普遍的な良さを持っていると言えます。


音質面もクリアでバンド史上でも非常に良好な部類に入ります。総合的に見てクウォリティの非常に高い名盤。Eduもまだまだ力強い歌唱を聴かせてくれます。


メタルの輸入CDを取り扱うメタルの宮殿を運営しております。
メタルの宮殿はこちらです。
posted by メタルの小屋 at 14:10| 千葉 ☁| Comment(0) | HM/HR A、B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ANGRA / Rebirth

angrarebirth.jpg
ブラジルのメロディック・パワー・メタル・バンドの'01年4th。リズム隊の脱退とAndreの脱退によりピンチに陥っていたANGRAですが、新たに名ヴォーカル、Edu Falaschi、超絶リズム隊、(B)Felipe Andreoli、(Ds)Aquiles Priesterを加入させて放った作品。


6th以降少々喉の調子が悪くなりパフォーマンスが劣化してしまうEduですが、この作品ではパワフルそのもの。これが本来のEduだ!と言わんばかりの素晴らしい歌唱が聴けます。前任者よりさらに主張が強くテクニカルなベースに、独立した手と足の動きが化け物級のドラムもすさまじいの一言。曲の方も疾走感溢れる「Nova Era」、重厚かつテクニカルな「Acid Rain」、美麗なスロー・ナンバー「Heroes of Sand」等々、疾走感が高めでありつつもミドル/スロー・ナンバーもバランス良く収録されており人気の高さがよく分かる1枚。


また、「Silence And Distance」みたいな「Millennium Sun」、「Carolina IV」のようなTr.6「Unholy Wars」、「Evil Warning」のような「Running Alone」と今までのアルバムに収録されていた曲に近い雰囲気の曲が収録されているのも特徴。そこで若干の今までのアルバムの焼き直し感を感じてしまう方もいるかと思いますが、「Millennium Sun」の解放感ある展開は実に素晴らしいですし、「Unholy Wars」も疾走感と緊張感あってやはり聴きごたえ十分です。


ANGRAの中では比較的ストレートな曲も多く最初に聴くにもオススメしやすい1枚です。


メタルの輸入CDを取り扱うメタルの宮殿を運営しております。
メタルの宮殿はこちらです。
ラベル:メロパワ
posted by メタルの小屋 at 13:50| 千葉 ☁| Comment(0) | HM/HR A、B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ANGRA / Freedom Call

angrafreedomcall.JPG
ブラジルのメロディック・パワー・メタル・バンドの'96年EP。

アルバム未収録曲はTr.1と3。Tr.1「Freedom Call」は「Nothing to Say」に近い雰囲気で、美しいバラード・ナンバーTr.3「Reaching Horizons」は「Holy land」、「Make Believe」、「Deep Blue」などが好きな方必聴の曲。JUDAS PRIESTの「Painkiller」のカヴァーは骨太さが本家より劣るので好みが分かれるところですが、ギター・ソロの流麗さはさすがの一言。Tr.3はほんとに美しいのでANGRAのバラード系ナンバーが好きな方はぜひ。

メタルの輸入CDを取り扱うメタルの宮殿を運営しております。
メタルの宮殿はこちらです。
ラベル:メロパワ
posted by メタルの小屋 at 13:33| 千葉 ☁| Comment(0) | HM/HR A、B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ANGRA / Fireworks

angrafireworks.jpg
ブラジルのメロディック・パワー・メタル・バンドの'98年3rd。

当時の(Vo)Andre Matosが参加した最後の作品。今までの作品はプログレッシヴ・メタル色が強く、構成が入り組んでいたり変拍子が多めだったり、民族的な要素が濃かったりといった内容が印象的でした。また、オーケストラ・サウンドやクラシカルなフレーズをフィーチュアしたシンフォニック・メタル的なサウンドであったことも大きな特徴です。今作にももちろんそういった要素は窺えるものの、だいぶ希薄になっているのが特徴。

というより、ANGRAの作品群の中でも最もオーソドックスなメロディック・メタルなアルバムと言っていい内容です。正統派メタル寄りになったイカつさのある骨太なギター・リフのサウンドと、ずっしりくるドラムのサウンドもそれを物語ります。ただし、存分にメロディアスであることに違いは無く、リフそのものは動きが多くてテクニカルなところは変わらず。

Tr.1「Wings of Reality」は今までの作品を踏襲したような路線の非常にドラマティックな疾走曲なので、ファンはコレだけでも聴く価値あり。IRON MAIDENを思わせる要素がありつつ、哀愁のメロディとギター・サウンドが美しいアップ・テンポなTr.2「Petrified Eyes」も名曲。異国の夕暮れ時を思わせるTr.3「Lisbon」は渋み溢れるナンバー。

また、このアルバムではメタル色が薄めの曲が素晴らしいのがポイント。花火をイメージしたTr.7「Fireworks」は陽気なメロディと一瞬の切なげなメロディが入れ替わる展開が素晴らしいし、バンド史上でも最も優しい曲の一つTr.9「Gentle Change」のメロディは実に美しくて感動的。「Sprouts of Time」や「Spirit of the Air」が好きな方には絶対にこの2曲は聴いてみてほしいです。日本盤ボーナスの「Rainy Nights」も切ないメロディが素晴らしいです。

ということで、シンフォニック要素が減ってよりバンド・サウンド重視な骨太サウンドになりつつも、メロディアスさやキャッチーさはそのままに、曲構成が今までの2枚よりも若干ストレートになって聴きやすくなった1枚。ファンであれば1度は聴いてほしい内容。個人的にはメタル色薄めのメロディアスなTr.7、9だけでも元が取れるアルバムです(笑)。1st、2ndと路線は違えどコレも名盤。


メタルの輸入CDを取り扱うメタルの宮殿を運営しております。
メタルの宮殿はこちらです。
posted by メタルの小屋 at 13:27| 千葉 ☁| Comment(0) | HM/HR A、B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ANGRA / Holy Land

デビュー作、「Angel's Cry」でシンフォニックメタルの雛形を提示してみせたブラジルのメロパワバンドの1996年の2nd!


この作品ではそのシンフォニックさに加えて地元ブラジルの民族音楽、民族楽器を大胆に取り入れた作風となっております。疾走度の高いAngel's CryとRebirthに人気が集中しがちですが、この作品は、ANGRA史上で最も民族要素が濃厚な作品で、彼等の後輩にあたるブラジルのバンドのほとんどがこの手法を取り入れていることを考えると実はかなり重要な作品のハズ!疾走度は中程度ですが、リフのリズムに捻りがあって面白いです。10分程度の大作、「CAROLLINA W」の展開は見事!バラードでのマトスのボーカルも感動的!ちょいプログレなパワーメタル好きにオススメ。


メタルの輸入CDを取り扱うメタルの宮殿を運営しております。
メタルの宮殿はこちらです。
ラベル:メロパワ
posted by メタルの小屋 at 13:24| 千葉 ☁| Comment(0) | HM/HR A、B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ANGRA / Angels Cry

angraangelscry.jpg
ブラジルのメロディック・パワー・メタルの代表にして、シンフォニック・メタル勢への影響も大きい重要な1枚。

当時のヴォーカル、アンドレ・マトスによる、クラシックからの影響を押し出したメロディー使いや、オーケストラ・サウンドをフィーチュアしたサウンドに、疾走感溢れるメロディック・パワー・メタル・サウンドが見事に融合した作品です。ギター・ヒーロー、キコ・ルーレイロのテクニカルなプレイも早速炸裂しています。

ただし、プログレッシヴな要素も比較的多いのも特徴で、曲構成も割と入り組んでいます。疾走パートこそ多いものの、代表曲Tr.2「Carry On」のように全編疾走する曲は稀。なので、初めて聴く方には意外と聴きづらいかもしれません。ただ、バンドの代表曲である「Evil Warning」、ミドル・テンポのメロディアスな名曲「Time」などなど名曲多数収録ですので、とにかく1度は聴いてみてほしい1枚。

なお、ドラマーは本来のメンバーが収録に参加できず、SIEGES EVENのメンバーであり、後にRHAPSODYでその名を知らしめることになる、アレックス・ホルツワースが代わりに叩いています。

メタルの輸入CDを取り扱うメタルの宮殿を運営しております。
メタルの宮殿はこちらです。
ラベル:メロパワ
posted by メタルの小屋 at 13:21| 千葉 ☁| Comment(0) | HM/HR A、B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

ANTHEM / Domestic Booty

anthemdomesticbooty.jpg
日本の正統派メタル・バンドの’92年7th。'00年に復活する前のラスト・アルバム。


硬質で骨太なリフとリズム、森川のパワフルなヴォーカルによる実にANTHEMらしいTr.1からファンは必聴。今作より参加、再始動後も引き続き活躍している(G)清水による歌心のあるメロディアスな速弾きギター・ソロが大きな聴きどころ。キーボードにDon Aireyがゲスト参加しているのもポイントで、Tr.6、7等でキーボード・プレイを聴かせてくれます。ANTHEMにしてはミドル・ナンバーが多いなあという印象もありますが、逆を言えばアップ・テンポ/疾走系と、ミドル/バラード等のナンバーのバランスがいい作品とも言えます。


Hunting Timeのようなスピーディな曲中心の内容を期待すると微妙かもしれませんし、歌メロの盛り上がりというかメロディアスさに欠けるというのも少々気になるところ。そんな中、キャッチーな哀愁のサビを持つTr.3、なかなか動きの多いバッキングが印象的なTr.4、泣きのギター・ソロが素晴らしいTr.11等が聴きどころです。最初に聴くにはオススメではないですが、前作No Smoke Without Fireが好きな方にはオススメ。

メタルの輸入CDを取り扱うメタルの宮殿を運営しております。
メタルの宮殿はこちらです。
posted by メタルの小屋 at 18:09| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR A、B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ALICE COOPER / The Alice Cooper Show

alicecooperthealicecoopershow.jpg
USのハード・ロック・アーティストによる’77年Live盤。


ストレートなUS系R&RナンバーTr.1のような曲もあれば、Tr.2のように哀愁とシアトリカルで壮大な雰囲気のUKハード・ロック的なナンバー、Tr.3のように起伏のあるプログレッシヴ・ロック的ナンバーも披露。全体的にはやはり初期のAliceらしくストレートな曲よりもアヴァンギャルドさやプログレッシヴさ、サイケデリックさが感じられるUKハード・ロック色が強めの曲中心のセット・リストになっています。完成度の高いライヴ演奏はさすがの一言。当時の空気を感じられつつ演奏がしっかりとクリアに録られている録音状態もGood。少しひねりのあるハード・ロック・ライヴが聴きたい方にオススメ。

メタルの輸入CDを取り扱うメタルの宮殿を運営しております。
メタルの宮殿はこちらです。
posted by メタルの小屋 at 18:07| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR A、B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ALICE COOPER / Trash

alicecoopertrash.jpg
USのハード・ロック・アーティストの’89年作。(G)John McCurry、(B)Hugh McDonald、(Ds)Bobby Chouinardがメインでサポートをし、ゲストでKip Winger、Jon Bon Joviら著名人が多数参加。


USハード・ロックらしいキャッチーな歌メロを持ったミドル・ナンバーが主体の作品。'89年のハード・ロック作品とはにわかに信じがたいような非常にクリアで音圧のある'90年代以降のような優れたサウンド・プロダクションがとても印象的。Aliceのダーティなヴォーカルに、ゲスト・ヴォーカルのコーラスが幾重にも重ねられたサビがとても印象的で、L.A.メタルのようなパーティ感覚も抜群です。サポート・メンバーの演奏の安定感も素晴らしく、Alice Cooperという稀代のアーティストを実力派が支えるスタイル。


Alice Cooperを知らない方であっても、R&R的なストレートなノリのハード・ロックを主体に、穏やかで明るいバラードを混ぜたスタイルは、Girls, Girls, Girls以降のMOTLEY CRUEや、SKID ROW、RATTなどのキャッチーなUSメタル勢が好きであれば聴いてみてほしい作品。もしくはLORDIのような北欧のR&R系メロディック・メタル・バンドが好きな方にもオススメです。恐らくジャケットからくるイメージよりも随分とハード・ロック/メタルな音で驚くのではないでしょうか。


メタルの輸入CDを取り扱うメタルの宮殿を運営しております。
メタルの宮殿はこちらです。
posted by メタルの小屋 at 18:05| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR A、B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする