★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの宮殿」★
新宮殿ロゴデフォルト2016年11月改訂.JPG
メタルの宮殿はコチラ。

2017年03月08日

NOCTURNAL RITES / Tales of Mystery and Imagination(エンド・オヴ・ザ・ワールド)

nocturnalritestalesofmysteryandimagination.jpg
スウェーデンのメロディック・パワー・メタル・バンドの'97年2nd。


日本盤には収録曲、「End of the World」からエンド・オヴ・ザ・ワールドという放題がアルバム自体につけられており、かつジャケットも違うため、Tales of Mystery and Imaginationとは全くの別物に見えてしまいますが、同じタイトルですのですでに持っている方はご注意ください。
※というのも私がかつてダブり買いしてしまったからです(笑)。


この頃のヴォーカルは日本人的にはインパクト絶大な名前のアンダース・ザックリソン。パワーこそ特筆すべきところはないものの、アンダースのマイルドでエモーショナルなクリア・ハイトーン・ヴォーカルはなかなかに魅力的。ニルス・ノーベリのテクニカルで構築感のあるフレーズの速弾きソロ魅力的。また、余計なイントロダクションが無くTr.1からいきなりクサ疾走曲というのも魅力的です。


また、後の作品では正統派メタル寄りになって疾走感が控えめになっていく彼らですが(それでもメロディは充実していますが)、このアルバムは疾走感がとにかく強く、それでいてメロパワ感も非常に強いです。全12曲中、Tr.1、4、5、8、9、10、12と実に7曲が疾走ナンバーで、HELLOWEEN的な明るいものもあれば、ネオクラ寄りなシリアスなものに、正統派寄りなものとバラエティに富んでいます。中でも明るい疾走曲でサビがキャッチーなTr.10はメロパワ・ファン必聴のキラー・チューンです。


そして他に、IRON MAIDEN丸出しな3連アップ・テンポ・ナンバーTr.2、アンダースのエモーショナルなヴォーカルが絶品な哀愁のミドルTr.3、HELLOWEENぽい明るい3連ナンバーTr.6などなどをバランス良く配置した素晴らしいメロディック・パワー・メタル作品。強いていうなら音質が多少薄っぺらいと感じるところもありますが、それでも総合的にはメロパワ・ファンであれば1度は聴いておきたいと言える充実の内容です。
posted by メタルエリンギ at 18:31| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR K、L、M、N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MINSTREL(吟游家) / Departure for Daydream Orbit

minstreldeparturefordaydreamorbit.jpg
台湾のメロディック・パワー・メタル・バンドの’13年1st。


全体的にとにかく日本のメロパワ・バンド、GALNERYUSのYAMA-B時代のサウンドを意識しているのがよく分かるサウンド。Syuのようにワウを効かせつつ泣かせまくり、かつ流麗な速弾きもガンガン決めるギター、YAMA-Bっぽい歌いまわしのヴォーカル、Yuhkiっぽい音色のキーボード、さらには歌メロはもちろんのこと、疾走しつつテクニカルなリズムを随所にぶちこみたがるところまで見事にGALNERYUSフォロワーなサウンドです。


ただ、音質が薄っぺらいのが難点。メロディのクサさやギター、キーボードのソロの音、ソロのクサさを伝える分には全く問題の無いクリアな音ですが、弱々しく軽いドラムや刻みリフの音はメタル的アグレッシヴさやハードさが全く伝わってこないレベルです。さらに、ヴォーカルも低〜中音域はYAMA-Bとそんなに変わらない感じで歌えていても、高音域になると一気にか細くそれこそファビオ・ドッゾみたいになってしまうのが残念なところw 高さも中途半端です。安定感十分のギターやキーボードに比べ、ドラムが少し不安定な個所があるのも難点。


曲はもうGALNERYUS好きならば「いいねぇ〜、YAMA-B時代のガルネリみたいな音出すバンドが出てきたか!」と楽しめるか、「いやいや、ガルネリの劣化コピーでしょ。」と拒否反応を示すか二つに一つでしょう。実際、Tr.5は「Shining Moment」みたいな歌メロで、展開やフレーズが「Everlasting」といった感じだし、Tr.8も「The Awakening」を思わせるような展開をします。また、起伏のある展開の曲がほとんどで、終始疾走している曲が無く、部分疾走がほとんどなところも好みが分かれるでしょう。


そんな中、インストTr.7はクサメタラー必聴なほどの激クサなギターが大炸裂する曲で、もしかしたらコレがハイライトかも…と思える内容。スロー・パートが主体ながらも疾走ありの起伏のある展開は実にドラマティックですし、高音で哀愁全開のメロディで泣きまくるギターはとにかく強烈。全9曲でTr.1がイントロ、Tr.9がアウトロですが、それぞれの曲がそれなりに長いのでボリューム不足感はあまりないところは魅力的。


とにかくB級なGALNERYUSといった感じで粗削りなクサメタルですが、クサいのが好きな方は聴いてみて損の無い内容ですし、ギターやキーボードは十分なレベルと言えます。GALNERYUSみたいな激クサなメタルが聴きたい方にはオススメ。
posted by メタルエリンギ at 18:28| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR K、L、M、N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

MASQUERADE / Surface of Pain

masqueradesurfaceofpain.jpg
スウェーデンのへヴィ・メタル・バンドの’95年2nd。


前作1stはメロディアス・ハード・ロック的な内容でしたが、今作からはそのメロディアスさが大幅に減退しリフのへヴィさが増大。欧州産というよりはUS産のメタル・バンドくらいのメロディアスさとなり、叙情性というものはほとんど無くなっています。次作ではオルタナティヴ・ロック的なアンニュイな要素が強くなり、KING'S Xを思わせるような内容になりますが、この作品ではまだアンニュイさはさほど強くなく一部に現れる程度。


しかしながら、変拍子が出てきたりしてリズム面にひねりのある曲がチラホラあったり、ドリーミーな雰囲気の曲が数曲あったりとその片鱗はすでにうかがうことができます。ギター・ソロは粒立ちが良くかなりスピーディな速弾きを聴かせてくれますが、これもいかんせんメロディアスさに欠けるためイマイチ印象に残らないというのが正直なところ。プログレッシヴ・メタルに指一本くらい突っ込んだへヴィ・メタルといった感じの作品。


posted by メタルエリンギ at 23:13| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR K、L、M、N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MANOWAR / Sign of The Hammer

manowarsignofthehammer.jpg
USのへヴィ・メタル・バンドの’84年4th。


戦士のイメージから果たして「暑苦しく疾走」するのか、「暑苦しく哀愁をまき散らすのか?」というのが気になるところですが、このバンドの特徴は後者。このアルバムはTr.2、5などのアップ・テンポ・ナンバーに、強靭な疾走ナンバーTr.6も収録されていますが、やはり総合的にはミドル/スロー・ナンバーがメイン。骨太なリフに時折泣きのメロディを交えたギターに、叙情的なフレーズや速弾きで表現力豊かなベース、当時の界隈で言えばロブ・ハルフォードに匹敵するほどの強靭なハイトーン・シャウトを聴かせるヴォーカルによるへヴィ・メタル作品。


US産のバンドですが、そのコンセプトや哀愁全開のサウンドはむしろ欧州的なので、UK/ヨーロッパ等の正統派メタルが好きな方にオススメの作品。ただ、遅いメタルは苦手…という方にはあまりオススメできないので、疾走感にはこだわらず、戦士の哀愁漂う暑苦しい曲に魅力を感じる方にオススメな1枚。Manowarらしいアップ・テンポ・ナンバーTr.2、超絶なベース・ソロ・ナンバーTr.7、壮大なスロー・ナンバーTr.8等が聴きどころ。


posted by メタルエリンギ at 23:10| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR K、L、M、N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MACHINE HEAD / Supercharger

machineheadsupercharger.jpg
USのグルーヴ・メタル・バンドの’01年4th。


ほとんど歌う場面が無かった初期からは結構変化しており、ラップ歌唱やメロディを歌う場面と、地声でガナるシャウトを聴かせる場面とを分けて起伏のある内容で聴かせるグルーヴ・メタルになっています。リフも初期のようなスラッシュ・メタル色のある感じではなくすっかりモダン・へヴィ系の低音リフとなっており、それだけではなくアンニュイなフレーズや叙情的なリフも織り交ぜたプレイになっているのが特徴です。


とはいえ、決してメロディアスというわけでも叙情的というわけでもないので、メロディアスさが希薄なへヴィ・ロック、グルーヴ・メタルが好きな方にオススメ。コレはメタル好きの方というよりも、ラウド・ロック/へヴィ・ロック系が好きな方にオススメな内容です。ギター・ソロがあまりないのでPANTERAが好きな方にはあまりオススメではないですが、SLIPKNOTが好きな方にはオススメです。


posted by メタルエリンギ at 23:07| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR K、L、M、N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MACHINE HEAD / Burn My Eyes

machineheadburnmyeyes.jpg
USのグルーヴ・メタル・バンドの’94年1st。


'00年代後半くらいからドラマティックなギター・フレーズを駆使した正統派メタル/パワー・メタルに接近したサウンドを聴かせるようになる彼らですが、この頃はメロディアスさは控えめのへヴィ・リフ主体のグルーヴ・メタル路線。変拍子を駆使したTr.2や、2ビートの高速疾走パートを擁したTr.3、8のような曲も収録していますが、基本的には疾走感は低くへヴィでストレートなミドル・パートが主体の作品。


また、ギター・ソロがある曲があったり、Tr.9のように軽くメロディを歌う他より叙情的な曲もありますが、基本的にはギター・ソロはスラッシュ・メタル的なクレイジーな速弾き重視のスタイルで、ヴォーカルもスラッシュ・メタル的なシャウトを聴かせるタイプで歌う場面は少な目です。PANTERAやSLIPKNOTのような、へヴィでグルーヴィなリフ主体でメロディアスさもほとんど無いバンドが好きな方にオススメ。後のUnto The Locustみたいなドラマティックさもある内容を期待すると大分ハズレになってしまいますのでご注意ください。


posted by メタルエリンギ at 23:02| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR K、L、M、N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LIONSHEART / Under Fire

lionsheartunderfire.jpg
GRIM REEPERで知られる名ヴォーカル、Steve GrimmettによるUKの正統派メタル・バンドの’98年作。TYKETTOの(G)Brooke St. Jamesが参加。


熱血系のパワフルなヴォーカルを聴かせるSteveですが、このアルバムは意外にも穏やかでスローな曲が多め。Tr.1、5のような正統派メタル/ハード・ロック的なミドル・ナンバーや、Tr.11のようにDIOを思わせる疾走ナンバーもありますが、明るく穏やかなスロー・バラードや、爽やかなメロディアス・ハード・ナンバーの方がむしろメインと言えます。正統派メタル/ハード・ロック系の熱いナンバーを期待すると微妙なタイトルですが、Steve Grimettがメロハーっぽいのを歌っているのが聴いてみたい方にオススメ。


posted by メタルエリンギ at 22:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR K、L、M、N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LIGHTMARE / The Fool

lightmarethefool.jpg
ドイツのメロディック・パワー・メタル・バンドの’97年2nd。


クラシカルなフレーズを多めに引用したり、クラシカルなギター・ソロを聴かせたりするメロディック・パワー・メタル。序盤はそこそこ疾走感がありますが、総合的には疾走曲は少な目。また、ギター・ソロは非常にクサいものの、全体的に歌メロの盛り上がりに欠けるのが難点で、ヴォーカルも特別下手ではないながらも線が細くて弱々しいのが難点。音質も若干薄っぺらいです。ただ、ドラムは安定感がありますし、ギターも流麗なソロを聴かせてくれるので演奏面は問題なく楽しめます。


クラシカルなフレーズで疾走し、初期HELLOWEENみたいな歌メロをしたTr.2や、サビと間奏で疾走しソロが激クサなTr.3等、B級メロパワでも聴けるという方なら楽しめる曲も収録されていますので、B級メロパワ好きの方はぜひ。


posted by メタルエリンギ at 22:58| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR K、L、M、N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LIAR SYMPHONY / Affair Of Honour

liarsymphonyaffairofhonour.jpg
ブラジルのメロディック・パワー・メタル・バンドの’00年1st。


ブラジル産のメロパワ・バンドらしく5〜7分弱と少し長めで展開が多く起伏のある展開で聴かせるメロパワ・サウンド。Tr.1から早速起伏の激しい曲で変拍子入りのパートもありますが、メインは疾走パートです。疾走がメインであるか、大体の曲に疾走パートがあるため全体的な疾走感が高いのが魅力的です。歌メロの盛り上がりに欠ける曲も正直ありますが、サビが明るくキャッチーなTr.3や、歌メロが分かりやすいTr.10などはメロパワ好きには是非とも聴いてみてほしい曲です。


クサいツイン・リードに、テクニカルでメロディアスな速弾きソロと、メロパワらしさ全開のサウンドが魅力的です。ヴォーカルもそこそこパワーがあり、可もなく不可もなしといったところ。Tr.1のように起伏が激しかったり、Tr.5のように急にテンポが変わる展開を持った曲があったり、Tr.8のように10分の大作があったりと、疾走感が高いながらもストレートではないところで好みは分かれそうですが、メロパワ好きであれば聴いて損の無い内容です。展開多めかつ疾走感の強いメロパワを聴きたい方にオススメ。


posted by メタルエリンギ at 22:45| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR K、L、M、N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LEVERAGE / Blind Fire

leverageblindfire.jpg
フィンランドのメロディック・メタル・バンドの’08年2nd。後にCIRCUS MAXIMUSのMichael EriksenとTHE MAGNIFICENTを組む(G)Torsti Spoofが在籍しているバンド。


メンバーは1stと変わらず、今作もツイン・ギター、キーボード入りの編成で、北欧らしい冷たくきらびやかでメランコリックなキーボードと骨太なギター・リフ、哀愁があって叙情的なメロディの数々でじっくり聴かせてくれるメロディック・メタル。メロディアス・ハードよりもメタル度が高く、メロパワほど疾走感やパワーに溢れておらず…といったバランスはまさにメロディック・メタルというのが相応しい内容です。


前作にもバランス良くアップ・テンポな曲が収録されていましたが、今作も10曲中半分の5曲がアップ・テンポ・ナンバーとなっており、前作よりも疾走感が強い仕上がりになってるのが特徴。それでいて前作以上に歌メロのキャッチーさが増しているのが素晴らしいところ。哀愁、メランコリック系のメロディに特化した内容であるのもポイントで、そのテの作品が好きな方には非常にオススメな内容。


そこまで複雑なことはしないながらもさりげなくテクニカルなリズム展開を聴かせたり、流麗なギターとキーボードのソロやユニゾンを聴かせたり、演奏面は相変わらずの充実ぶり。特に泣きとテクニカルさの合わさったTr.4、10等のスロー・ナンバーでのギター・ソロが聴きどころ。アップ・テンポ・ナンバーや疾走ナンバーでのスリリングな速弾きやトリッキーなフレーズもカッコいいです。


前作はまだ少しメロディが弱いかなと思う部分があったものの、今作はメロディ面の分かりやすさが向上した名作。前作同様、メロハーよりはハードでありつつメロパワとは一味違ったメロディック・メタルが聴きたい方にオススメ。


posted by メタルエリンギ at 19:55| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR K、L、M、N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LEVERAGE / Tides

leveragetides.jpg
フィンランドのメロディック・メタル・バンドの’06年1st。後にCIRCUS MAXIMUSのMichael EriksenとTHE MAGNIFICENTを組む(G)Torsti Spoofが在籍しているバンド。


ツイン・ギター、キーボード入りの編成で、北欧らしい冷たくきらびやかでメランコリックなキーボードと骨太なギター・リフ、哀愁があって叙情的なメロディの数々でじっくり聴かせてくれるメロディック・メタル。メロディアス・ハードよりもメタル度が高く、メロパワほど疾走感やパワーに溢れておらず…といったバランスはまさにメロディック・メタルというのが相応しい内容です。


太めで温もりのある声質のヴォーカルがエモーショナルに歌うメロディの数々がやはり聴きどころですが、結構手数のあるドラムに、多彩なバッキングを聴かせるキーボード、テクニカルでメロディアスなソロを決めるギター、ギターとキーボードの高速ユニゾンも時折炸裂するなど、歌だけでなく演奏面の聴きごたえも十分。強いていうなら後の作品ほどメロディの強力さは無いですが、それでも十分なクウォリティ。


北欧らしい哀愁とメランコリックさを湛えつつ、メロディアス・ハードよりもメタリックで、へヴィなメランコリック・メタル系とも違った王道のハード・ロック、メタルが下地のメロディック・メタルが聴きたい方にオススメ。


posted by メタルエリンギ at 19:52| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR K、L、M、N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LETTER 7 / Follow The Light

letter7followthelight.jpg
USのへヴィ・メタル・バンドの’08年2nd。この作品当時はマルチ・プレイヤー、JD Evans氏とヴォーカルのSteve Young氏の二人組。


アップ・テンポ/疾走系ナンバーと、ミドル/スロー系ナンバーがバランス良く配置されたメロディック・メタル作品。温もりのある声質のヴォーカルと、テクニック的に飛び抜けたところは無いながらも堅実な演奏で危なげなく聴かせてくれます。哀愁がある曲が多いのが特徴で、その中にUSメタル/L.A.メタル的なノリ重視のナンバーや、爽やかなメロハーTr.12も収録。ギター・ソロはフラッシーな速弾きとメロディアスなフレーズを組み合わせたスタイル。王道のUSメタルを継承したようなメロディック・メタルを聴きたい方にオススメ。
posted by メタルエリンギ at 19:48| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR K、L、M、N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LAUDAMUS / Lost in Vain

laudamuslostinvain.jpg
スウェーデンのハード・ロック/へヴィ・メタル・バンドの’03年2nd。IMPELLITTERIで知られる(Key)Ed Rothがゲスト参加。


スウェーデン産ですが、そのサウンドからはMR.BIG、VAN HALEN、FIREHOUSEなどUS産のハード・ロック/メタル・バンドからの影響が感じられるのが特徴で、あまりメロディアスではなくノリとキャッチーさで聴かせるようなタイプのハード・ロック・サウンドが特徴。さらに、ギタリストが繊細な表現からテクニカルな速弾き、トリッキーなプレイまでなんでもこなす実力者で、ギター好きの方はソロを聴くだけでも楽しめるでしょう。


リフとサビがキャッチーなミドル・ナンバーが多めですが、シャッフルでジャジィな要素もあるアップ・テンポ・ナンバーTr.5や、USメタル的疾走ナンバーTr.7、アコースティック・バラードTr.10などバランス良く収録。さらに、Tr.9は哀愁のアップ・テンポ・ナンバーですが、これは欧州的な質感を持っていると言えます。


上記の通りギタリストのプレイが大きな聴きどころで、クロマティックなフレーズをセンス良く多用するのが特徴的。テクニカル・プレイの聴きどころですが、Tr.7ではMR.BIGのようなギターとベースの高速ユニゾンも聴かせてくれます。さらにこのTr.7、ド派手な高速フル・ピッキングも強烈です。Tr.9ではスウィープ、高速フル・ピッキング、トリッキーなフレーズなんでもありの圧巻のソロが楽しめます。


歌メロは地味目といえば地味目ですが、そういったUSメタル系のサウンドが好きな方にはむしろメロディアス過ぎずにちょうどいいでしょうし、ギターに聴きごたえがあるハード・ロックが好きな方にはとてもオススメ。何気にテクニカルなプレイもこなしてくるベースも聴きどころです。


posted by メタルエリンギ at 19:43| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR K、L、M、N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

LEGION(Легион) / Стихия огня

legion.jpg
ロシアのメロディック・メタル・バンドの’04年7th。


太い声の暑苦しいロシア語ヴォーカルと、哀愁のメロディが印象的なメロディック・メタル。Tr.1がクサ疾走ナンバーですが、その後は疾走曲は1曲もなく、ミドル、スロー・ナンバーがメインの作品。哀愁がかなり強く、Tr.3、4、9などはむしろメランコリック・メタルと言ってもいいくらい。そういったパワー重視ではないメロディ重視のメロディック・メタルなため、Tr.1では刻みリフのパワーの無さやドラムの音の細さが気になります。


ギターはパワフルさこそ無いものの、艶やかなギター・トーンによる歌心のあるフレーズと速弾きを混ぜたソロはかなり魅力的。ギターが歌う泣きまくりギター・インストTr.7がこのアルバムのハイライトと言ってもいいくらいです。ということで総合的にはメロパワよりも、ミドル/スロー・ナンバーが中心の哀愁のメロディック・メタル、メロハーなどが好きな方にオススメの1枚。
posted by メタルエリンギ at 23:27| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR K、L、M、N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

KNELL ODYSSEY / Sailing to Nowhere

knellodysseysailingtonowhere.jpg
スペインのメロディック・パワー・メタル・バンドの’97年1stにして唯一のスタジオ・フル。


とんでもない高音を断続的に繰り出すハイトーン・ヴォーカルがいきなり印象的な作品。歌いまわしとしてはジェフ・テイト辺りを思わせますが、それをさらに高音にしたような感じ。この超絶ハイトーン・ヴォーカルはのちにTRAGEDYなるバンドにも参加している模様。曲の方は哀愁の正統派メタル・サウンドを軸に、起伏のある少し凝った展開で聴かせる作風。


中間部の静のパート、終盤の疾走パートと切り替えが見事なTr.3はプログレッシヴ・メタル寄りな曲ですが、クサメロが冒頭から炸裂するTr.4、疾走ナンバーのTr.7はメロパワです。ミドル・テンポ・メインの哀愁のメロパワに、軽くテクニカル要素を足した感じの作品。


posted by メタルエリンギ at 16:28| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR K、L、M、N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする