★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの宮殿」★
新宮殿ロゴデフォルト2017年4月改訂(送料半額).JPG
メタルの宮殿はコチラ。

2017年04月16日

ATLANTIS RISING / Atlantis Rising

atlantisrisingatlantisrising.jpg
USのギタリストJames Byrdのバンドによる’90年1st。(Ds)はFIFTH ANGEL他のKen Maryで、安定感あるドラミングはさすが。他の作品は大抵James ByrdやBYRD名義ですが、コレはATLANTIS RISINGというバンド名義の作品。インギーで言うところのRISING FORCEみたいなものと思われますw


後のJamesのソロ名義の同様、クラシカルな正統派メタルを軸に、Uli Jon Roth的な要素を感じさせるスタイル。びやかなギター・フレーズが聴ける実にJamesらしい哀愁のミドル・ナンバーTr.1、3、トリッキーでテクニカルなソロがカッコいいアツい疾走ナンバーTr.2、6、キャッチーなサビメロのTr.4、Uli色が強めのソロが聴ける浮遊感のある穏やかなTr.5、泣きのギター満載のインストTr.9等々聴きどころは満載。特別うまいわけではないながらもパワフルなハイトーンを聴かせるヴォーカルもなかなかGood。


クラシカルでありつつ、歌心のある流麗で艶やかなギター・ソロがやはり魅力的ですが、なかなか動きの多く硬質な刻みリフに、叙情的なクリーン・トーンを駆使したプレイとバッキングも聴きごたえがあります。テクニカルな速弾きを聴かせつつも、速さではなくそれ以上にメロディ重視のプレイをするギタリストが好きな方には是非とも聴いてみてほしいですし、単純に様式美系メタル、ネオクラシカル・メタルとしても優れた1枚です。年代相応に音質は少々薄いところもありますが、中身はGoodです。


posted by メタルエリンギ at 18:27| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル/プログレッシヴ&ソロ・プレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ALEX MASI / Tales From The North

alexmasitalesfromthenorth.jpg
イタリアのテクニカル・ギタリストによる’95年3rd。(Vo)にはKyle Michaels、(Ds)にはMike Wrightが参加。(B,Key)はAlex Masi本人が担当。


クラシカルなフレーズと歌メロによるどんよりした雰囲気の王道のネオクラシカル・メタル・サウンド。刻みリフの合間に随所に速弾きをぶち込んでくるスタイルに、スウィープ等の速弾きを決める様も実に王道。ただし、音質が薄っぺらくて少しノイジーさもありますし、音の粒立ち等速弾きの安定感もイマイチ。パタパタしたドラムの音と、迫力不足の刻みリフの音がなんとも寂しいです。また、ヴォーカルはそこそこパワーがあるものの、いかんせん歌メロの盛り上がりに欠けるというところも難点。


とはいえ、サビメロがハッキリとしていてギター・ソロも流麗でメロディアスな叙情的なミドル・ナンバーTr.3、哀愁のメロディと泣きのギターのTr.10のように、ネオクラ好きなら聴いて損無しの曲もあります。疾走ナンバーTr.2、叙情ミドルTr.3、ミステリアスなスロー・ナンバーTr.4、ギター・プレイをじっくり楽しめるインストTr.5…そして上記Tr.10で締める構成と、いかにも王道のネオクラシカル・メタルらしい曲の配置もポイント。


音質面やメロディ面、ギター・プレイそのものとハッキリ言って全ての面で未洗練ですので、ネオクラシカル・メタル・マニア以外にはオススメできない作品。B級ネオクラシカル・メタルもコンプリートだぜ!という方にのみオススメ。


タグ:テクニカル
posted by メタルエリンギ at 18:24| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル/プログレッシヴ&ソロ・プレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AGAH BAHARI / The Second Sight Of A Mind

agahbaharithesecondsightofamind.jpg
イランのテクニカル・ギタリストの’08年作。PLANET Xの超絶キーボーディスト、Derek Sherinian、RING OF FIREやPLANET X等で知られる超人ドラマーVergil Donatiが参加。


そのゲストからも想像できる通りの変拍子や速弾きソロ、高速ユニゾンがガンガン炸裂する緊張感の高いテクニカル・メタル・インスト。Tr.1から早速Derekの速弾きが大炸裂しますので、Derekのファンも聴いてオイシイ1枚です。そのDerekに劣らぬ安定感あるテクニックと豊かなフレーズ構築センスを持つ主役、Agah Bahariのプレイも見事。Vergilの非常に手数足数多いドラミングはいつも通りの超絶さ。時にメロディアスに、時に浮遊感のあるフレーズを聴かせるベースも素晴らしいです。


路線としてはやはりこれまたゲストから想像できる通り、クラシカル系とかではないフュージョン/プログレッシヴ系路線。また、楽器がメロディを歌う系ではなく、ある程度のリフやキメのフレーズがありつつも基本はアドリブで曲が進行していくようなものが好きな方にオススメ。なので基本そんなに叙情的とかメロディアスというわけではないですが、泣きのメロディアスなギター・ソロが素晴らしいTr.4、8のような曲もあり、テクニカルなだけではなく、とにかくいちインスト作品として聴きどころの多いGoodな1枚。


posted by メタルエリンギ at 18:17| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル/プログレッシヴ&ソロ・プレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

ANGELO PERLEPES' MYSTERY / Mystery

angeloperlepesmysterymystery.jpg
ギリシャのネオクラシカル・メタル・バンドの’91年1st。(G)Angelo Perlepesが率いるバンドです。


Tr.1はRIOTみたいな哀愁の正統派メタル疾走ナンバーで、ソロにクラシカルなフレーズが出てくる程度で、Tr.2は分かりやすいメロディの叙情的なミドル・ナンバーですが、ネオクラシカル・メタル調の3連ミドルTr.3からはネオクラシカル・メタル色が一気に強まります。ソロは一層クラシカルなフレーズがメインとなり、インギーのスロー・ナンバーみたいなTr.6、クラシカルなフレーズが満載のインストのラストTr.7などは完全にネオクラシカル・メタル。


ギタリストのスタイルはネオクラシカル・スタイルで、曲そのもののクラシカル色が薄い曲でも豪快な高速ピッキングにスウィープを交えたクラシカルなフレーズのソロをガンガン決めてきます。しかもソロは長めですw 曲数は7曲と少なめですが、疾走、ミドル、アップ・テンポ、スロー、インストとバランス良く収録されていて、アナログ盤時代であればこんなボリュームだろうなと思える内容です。


難点は歌メロの弱さ。サビが、「え?今のサビ?」といった感じのインパクトに残りづらいものが大半。また、ヴォーカルはドゥギー・ホワイトを思わせるような感じで、シャウトこそパワフルだけれどもなんだか今一つパワーが足りないところもドゥギーっぽいため、可もなく不可もなしといったところです。音質面も少々薄っぺらいですが、この当時であればこんなもんかなと思ったりも。


ネオクラシカルなギターが好きな方は、豪快な速弾きにメロディアスな泣きも交えたソロで十分に楽しめるでしょうし、Tr.1やTr.7は王道でありつつも素直にカッコいいと言える仕上がりです。ネオクラシカル・メタル好きにオススメ。
タグ:クラシカル
posted by メタルエリンギ at 18:25| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル/プログレッシヴ&ソロ・プレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

DAVE MENIKETTI / On The Blue Side

davemenikettiontheblueside.jpg
Y&Tのギタリストによる’98年作。


Tr.1から圧倒的な泣きと圧倒的にソウルフルでエモーショナルでパワフルな歌唱を聴かせてくれます。Gary Mooreのように泣きのブルースが好きな方必聴のこの1曲から激渋な魅力全開の1枚。このTr.1のような泣きのスロー・ブルース・ナンバーもあれば、Tr.2のように陽気なブルース、Tr.3のようにアップ・テンポなブルースR&Rナンバー、Tr.5のような軽快なインストも収録されており、幅広くブルージーな音が楽しめる作品。SANTANA、Gary Mooreばりに激泣きのギターが炸裂するTr.4、12等が大きな聴きどころ。


とにかくその歌唱力とギターのエモーショナルさに度肝を抜かれる1枚。泣きギター好きにとてもオススメ。
posted by メタルエリンギ at 21:48| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル/プログレッシヴ&ソロ・プレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CHRIS SAVOUREY / End Of Millenium

chrissavoureyendofmillenium.jpg
フランスのギタリストの’96年2nd。


アップテンポでメロディアスな曲、少しブルージーなハード・ロック、叙情的なスロー・ナンバー、都会的な切なげなナンバーと多彩なインストが収録された作品。Tr.4だけはなぜかゴツくガナるヴォーカル入りのパワー・メタル系疾走ナンバーですw 特段テクニカルというわけではないながらも流麗な速弾きと、ロング・トーンの泣きを交えたプレイをたくさん聴かせてくれる作品で、どちらかというと泣きギター好きにオススメの作品。


スタイルはクラシカル、フュージョン等特に凝り固まってる印象がなく、強いて言うならハード・ロック・スタイル。また、歌うような分かりやすいフレーズをあらかじめ構築して弾くようなスタイルではなく、幾分かの決めフレーズのみを作っておいて、あとは奔放にアドリブで演奏している印象のインスト作品です。ギターが歌うタイプではなく、奔放に速弾きと泣きのソロを聴かせてくれるようなインストが好きな方にオススメ。
posted by メタルエリンギ at 21:45| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル/プログレッシヴ&ソロ・プレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

COHEED AND CAMBRIA / The Afterman: Ascension

coheedandcambriatheaftermanascension.jpg
USのプログレッシヴ・ハード・ロック・バンドの'12年作。


'07年のNo World for Tomorrowではプログレッシヴ/テクニカル要素がほとんど無いストレートで分かりやすい作風でしたが、今作は以前のようなリズムや構成が凝っている曲が幾分復活した内容。8分弱のTr.2から早速テクニカルな演奏で楽しませてくれます。一方で、いつものようにやはり'80年代中盤くらいのRUSH影響下の爽やかで分かりやすいメロディのストレートな曲も健在であり、このバンドらしい作風です。


No World〜はテクニカル/プログレッシヴ系が好きな方にオススメするには少々物足りない作風でしたが、今作は爽やかめな分かりやすい曲も少々リズム面が凝っていたりTr.2の他にもTr.8もなかなか凝っている部分があるなど、プログレッシヴ・ハード・ロック的側面が強い内容です。ほどほどにリズムや構成が凝っていて、かつメロディが分かりやすい作品が好きな方にオススメ。


posted by メタルエリンギ at 21:43| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル/プログレッシヴ&ソロ・プレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

COHEED AND CAMBRIA / No World for Tomorrow

coheedandcambrianoworldfortomorrow.jpg
USのプログレッシヴ・ハード・ロック・バンドの’07年4th。


RUSHのゲディからクセを大分少なくしたような可愛らしいクリア・ハイトーン・ヴォーカルがエモーショナルなメロディを歌うのが印象的な作品。元々はパンク下地のサウンドでありつつプログレッシヴ・ハード・ロック寄りなサウンドで、リズム面に凝った部分があったりしましたが、今作ではそういった部分はごく一部。かつてよりも歌メロがストレートに分かりやすくなっているのが特徴で非常に聴きやすいのがポイント。演奏そのものもよりメタル/ハード・ロック的になっています。


歌メロが分かりやすく爽やかなものが中心で、特に爽やかなメロディのTr.3は爽やかなメロハーが好きな方にもオススメしたくなる内容です。反面、テクニカル/プログレッシヴ系が好きな方でも楽しめるのはリズムが少々凝っているTr.2、起伏のある少し長めのTr.12くらいのものでしょう。爽やかなものが好きな方にオススメ。


posted by メタルエリンギ at 21:41| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル/プログレッシヴ&ソロ・プレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

V.A. / Beyond Inspiration

beyondinspiration.jpg
Lion Music所属アーティストらによる、Uli Jon Rothトリビュート・アルバム。Uliのバンド、ELECTRIC SUNの曲をメインに、Uli在籍時のSCORPIONSの曲も収録。

以下、曲名 / カヴァーしたアーティスト
1. Electric Sun / Chris Steberl
2. Sails Of Charon / Joop Wolters
3. I'll Be Loving You Always / Lars Eric Mattsson
4. Firewind / Tony Hernando
5. Dark Lady / Rolf Munkes
6. Yellow Raven / Petrossi Dushan
7. Burning Wheel Turning / Torben Enevoldsen
8. Still So Many Lives Away / Byrd
9. I'll Be There / Cyril Achard
10. Indian Dawn / Thorbjorn Englund
11. Pictured Life / Neal Grusky
12. Return / William Stravato With Alex Masi
13. Polar Nights / Eric Sands
14. Paganini Paraphrase / Paul Nelson

LarsによるUliにも劣らない艶やかなトーンのギター・ソロが素晴らしいTr.3、哀愁のメロディにTonyの弾きまくりギターが違和感無く冴えわたるTr.4、Torbenお得意の粒立ちのきれいなフル・ピッキング速弾きが冴えるTr.7、Cryilの泣きのギターとテクニカルなソロが絶品なTr.9などが聴きどころ。元々の曲が哀愁の強いドラマティックなハード・ロックということもあってか、'80年代以降のテクニカルなメタル・ギタリストのプレイも違和感無くハマるのがUliの楽曲の特徴と言えます。


Uli未聴の方は結構いらっしゃるのではないかと思いますので、自分の知っているギタリストのプレイからまずはこの方のメロディアスな曲の数々に触れてみてはいかがでしょう?そして、是非ともUli本人のギター・プレイにも触れてみてほしいです。Uliの'70年代から活動しているギタリストとは思えない、現代のギタリストらにも劣らぬ高度なテクニックに、このトリビュートでは聴けない32フレットあって超高音域まで出る特殊ギター、スカイ・ギターによる優雅な泣きのプレイを聴いてみてほしいと思います。


posted by メタルエリンギ at 01:04| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル/プログレッシヴ&ソロ・プレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

V.A. / The Spirit Lives On - The Music Of Jimi Hendrix Revisited / Volume 2

thespiritliveson2.jpg
Lion Music所属アーティストらによる、Jini Hendrixのトリビュート・アルバムその2。

以下、カヴァーした曲 / アーティスト
1. Room Full Of Mirrors / Lars Eric Mattsson with Chris Poland
2. Purple Haze / WINTERLONG
3. Angel / Dave Martone
4. Manic Depression / Project Alcazar
5. Who Knows / Torben Enevoldsen
6. Burning Of The Midnight Lamp / Lars Eric Mattsson with James Byrd
7. Red House / Tony Hernando
8. Them Changes / Tommy Denander
9. Villanova Junction / CONDITION RED
10. Freedom / Baltimoore

First Rays of the New Rising Sun、Band Of Gypsys等から選曲されていたり、Vol.1と比較すると少々マニアックな内容。それでいて、代表曲「Purple Haze」も収録。Dave Martoneの派手なテクニカル・プレイが光るTr.3、あえてなのか当時のようなちょっとRAWな雰囲気の篭ったサウンド・プロダクションにしているのが印象的でありつつ、原曲の雰囲気を壊さずテクニカルなソロを決めているのが素晴らしいTr.4、Tony Hernandoのソロ作とは一味違ったブルージーなプレイがじっくり堪能できるTr.7辺りが聴きどころ。


ジミヘン未聴の方には代表曲が揃っているVol.1の方がオススメ。こちらはどちらかというとジミヘン好きな方にオススメ。


posted by メタルエリンギ at 22:09| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル/プログレッシヴ&ソロ・プレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

V.A. / The Spirit Lives On - The Music Of Jimi Hendrix Revisited / Volume 1

thespiritliveson1.jpg
Lion Music所属アーティストらによる、Jini Hendrixのトリビュート・アルバムその1。

以下、カヴァーした曲 / アーティスト
1. Freedom / Sun Caged
2. Gypsy Eyes / Mistheria & Andrea Rivera
3. Highway Chile / Cyril Achard
4. Cross Town Traffic / Arabesque
5. Stone Free / Eric Sands
6. Little Wing / The Michael Harris Tranz-Fusion
7. Spanish Castle Magic / Lars Eric Mattsson with Chris Poland
8. Bold As Love / Regi Hendrix featuring JMR* & Greg Howe
9. Fire / Bumblefoot & Dennis Leeflang
10. Foxy Lady / Edward Box
11. 3rd Stone From The Sun / Carl Roa
12. Star Spangled Banner / Randy Coven
13. Little Miss Lover / Lars Eric Mattsson with Richie Kotzen

本家よりもハードなリフが印象的なハード・ロック/メタル・ヴァージョンといった感じのTr.1、5、7、10、キーボード速弾きが印象的なTr.2、Cyrilらしいグルーヴィなサウンドが素晴らしいTr.3、Michael Harris独自の粘っこいトーンと繊細なトーンでの表情豊かなプレイ、後半の変拍子によるテクニカルなパートを加えたアレンジが印象的なTr.6、ソウルフルな歌唱とGreg Howeのギター・スタイルがハマりすぎて違和感ゼロのTr.8などなど収録。


多くのアーティストにカヴァーされていたり、ライヴ・セッションの定番となっている「Little Wing」、1stアルバムの中でもキャッチーで印象に残る「Fire」、これまた多くのアーティストがそのフレーズの一部を引用している「3rd Stone From The Sun」など代表曲が収録されていますので、ジミヘンは名前は聴いたことあるけど曲知らない!という方、是非とも知っているギタリストらのプレイで聴いてみてはいかがでしょう?ほとんど原曲に忠実な仕上がりですので、ジミヘン未聴の方にオススメ。


posted by メタルエリンギ at 22:07| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル/プログレッシヴ&ソロ・プレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

V.A. / Blackmore's Castle

blackmorescastle.jpg
Lion Music所属アーティストらによる、Ritchie Blackmore関連作品のトリビュート。DEEP PURPLE、RAINBOWの曲をカヴァー。

以下、カヴァーした曲 / アーティスト
1. Bloodsucker / MISTER KITE
2. Perfect Strangers / TRANSCENDENCE
3. Stargazer / ARABESQUE
4. Self Portrait / Lars Eric Mattsson
5. Sixteenth Century Greensleeves / REIGN OF TERROR
6. Gates Of Babylon / IRON MASK
7. The Battle Rages On / HEADLINE
8. Black Night / CONDITION RED
9. Spacke Truckin' / Torben Enevoldsen
10. Man On The Silver Mountain / Eric Zimmerman
11. Highway Star / WINTER LONG
12. Lazy / Jason Richardson
13. Still I'm Sad / CONDITION RED

オリジナルよりもヘヴィなリフが印象的なTr.1、やはりカヴァーするアーティストが様式美、クラシカル系なためかカヴァーもしっくりくるTr.5、6、ヴォーカルの声質自体はかわいいタイプながら当時のイアン・ギランよりもキレがあり、リフもヘヴィなためアグレッシヴな印象を受けるTr.7、ヴァイオリン等が入って妖しい雰囲気になっているTr.8、Torbenらしいアグレッシヴなフル・ピッキング速弾きが聴けるTr.9、大胆なエレクトロ・アレンジとモヤモヤしたサウンド、豪快な速弾きが原曲とは違う異様な雰囲気を醸し出すTr.10などが聴きどころ。


基本的にはオリジナルに忠実なアレンジで、上記の通りTr.10など一部にオリジナルとは違った個性的なアレンジが施されています。疾走感のある曲は少な目で、これから聴こうという方には少々アピールが弱いという面も。RAINBOW時代のメロハー的なキャッチーな哀愁の歌モノも無く、どことなく中世的な雰囲気が漂う様式美ハード・ロックといった感じのものがメインに収録されているのが特徴です。とはいえ、コレでDEEP PURPLE、RAINBOWといったバンドがどのようなものかある程度は分かるので、未聴の方はいかがでしょうか?


posted by メタルエリンギ at 22:04| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル/プログレッシヴ&ソロ・プレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

V.A. / Give Us Moore!

giveusmoore.jpg
Lion Music所属アーティストらによるGary Mooreのトリビュート・アルバム。

以下は収録曲 / カヴァーしたアーティスト。

Tr.1  Led Clones / DOGPOUND
Tr.2  She's Got You / ARABESQUE
Tr.3  Over The Hills and Far Away / DOMAIN
Tr.4  Empty Rooms / STAR QUEEN
Tr.5  Wild Frontiers / Daniel Flores
Tr.6  Don't Take Me For a Loser / LUVPLANT, Mark McGee
Tr.7  Thunder Rising / Tony Hernando
Tr.8  The Loner / Joop Wolters
Tr.9  Reach For The Sky / Craig Erickson, Regi Hendrix
Tr.10 Military Man / Eric Sands
Tr.11 Falling in Love With You / KING OF DARKNESS
Tr.12 Shapes of Things / HOUSE OF SHAKIRA
Tr.13 Out in The Fields / IRON MASK
Tr.14 After The War / ORION RIDERS
Tr.15 Parisienne Walkways / Mattsson

哀愁のメロディに力強い女性ヴォーカルが映え、間奏のギターとキーボードの間奏にヘヴィ・リフがアツいTr.2、ケルティックな哀愁のメロディにエモーショナルなヴォーカルと、勇壮なキーボードが映えるTr.3、クセの無い伸びやかな歌唱が絶品なTr.5、本家に負けず劣らずの激烈な泣きのギターを聴かせてくれるTr.8、11、ワイルドなヴォーカルが映えるTr.13、2番で疾走してメロパワ的なアレンジで楽しませてくれるTr.14、MATTSSON御大の艶やかな泣きのギターが素晴らしいTr.15等が聴きどころ。


ほとんどが原曲に忠実なアレンジで、大胆なアレンジが無い分面白みには欠けるかもしれませんが、Lion Music所属アーティストだけあって演奏面は皆素晴らしく、Gary Mooreはまだよく知らないという方でもじっくり楽しめるアルバムに仕上がっています。ハード・ロック期の曲がメインで、哀愁のメロディ、泣きのメロディに満ち溢れた曲で占められているのも魅力的。代表曲がウマく詰まっていますので、Gary Moore未聴の方にもオススメ。ここから掘り下げていってはいかがでしょうか?


posted by メタルエリンギ at 22:01| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル/プログレッシヴ&ソロ・プレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

KHALI / Khali

khalikhali.jpg
イタリアのテクニカル・メタル・バンドの’99年1st。


ヴォーカルはMESMERIZEのFolco Orlandini。SKYLARKにもゲスト参加したことがあり、あのマイルドでアンニュイなヴォーカルを今作でも聴かせてくれます。他のメンバーはいずれもTIME MACHINE関連。優れた演奏力を持つTIME MACHINE部隊の演奏に合わせてFolcoが上記マイルドな歌唱を聴かせるちょいテクニカルな叙情メロディック・メタル。たまに変拍子を使ったり、小節展開に捻りを加えたりといった要素はTIME MACHINE譲り。


陰のある雰囲気とテクニカルなリズムによるFATES WARNINGを思わせる9分のTr.4辺りが聴きどころ。ミドル/スロー・テンポのどんよりとした雰囲気のシリアスな叙情ナンバーがズラリと並んでいますので、そういった感じのものが好きであればオススメ。どれかといえばQUEENSRYCHEなどが好きな方向け。


posted by メタルエリンギ at 12:28| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル/プログレッシヴ&ソロ・プレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

BRAVE NEW WORLD / Monsters

bravenewworldmonsters.jpg
ドイツのテクニカル・ハード・ロック・バンドの’06年1st。


安定感ある演奏とハスキーなヴォーカルを軸に、テクニカルさを要所で押し出したり、テクニカルさを強調した曲を収録したハード・ロック・サウンド。それぞれ特別目立ったキャリアは無いながらもいずれも優れた演奏技術を持っているのがポイントで、そこはさすがLion Musicが拾ってくるだけあるなといったところ。スウィープやフル・ピッキングの高速ソロ、タッピングなどテクニカルなプレイもガンガン聴かせつつ、歌心のあるフレーズに仕上げてしまうギターのセンスが素晴らしいです。バッキングも多彩でGood。


ブルージーさのあるリフと哀愁の歌メロによる王道のハード・ロック・ナンバーTr.1のような比較的ストレートなものもありますが、手数多いドラムや、変拍子を駆使したプログレ・ハード的なTr.2、ヘヴィなリフと清涼感あるアルペジオのパートの切り替わる展開が印象的なTr.3、’80年代プログレのような爽やかかつ浮遊感のあるTr.5等、トータルでは'80年代プログレッシヴ・ロックとメロディアス・ハードの中間のようなプログレ・ハード・ナンバーがメインの作品。


聴きやすさと演奏面の聴き応えが両立されたものが好きな方、バッキングにソロにギターが聴き応えある作品が好きな方、手数多いドラムが好きな方にオススメ。


posted by メタルエリンギ at 19:05| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル/プログレッシヴ&ソロ・プレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする