★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの宮殿」★
新宮殿ロゴデフォルト2018年3月改訂(クリックポスト).JPG
メタルの宮殿はコチラ。

2018年05月12日

KIMAERA / The Harbinger of Doom

kimaera2.jpg
レバノンのゴシック・メタル・バンドの’13年3rd。

前作ではドゥーム、デス、ブラック等様々な要素を感じさせつつ展開も多い'90年代初頭のゴシック・メタル的なサウンドを聴かせてくれましたが、今作も内容的にはその延長上。前作までと違うところはヴァイオリニストが女性ヴォーカル兼任となったところ。そしてTr.1でいきなりブラスト・ビートのブラック・メタル的なパートが出てくるように、全体的にもブラスト・ビートが出てくる量が若干増えていたり、高速2バス連打とガテラル・ヴォーカルでアグレッシヴに聴かせるパートが増えているのが大きな特徴。ドゥーム・メタル色はほぼなくなっています。

ゴシック・デス/ブラック…といった感じでもあるのですが、言ってみればこれはOPETHみたいなサウンドになったとも言えます。ヴォーカルはガテラル主体で攻撃的、静と動の切り替わりを繰り返す多めの展開、そしてスロー/ミドル・パート主体ながらも2バス連打とヘヴィな刻みリフでアグレッシヴに聴かせるところはまさにOPETHを思わせます。前作同様ドラムが印象的なフィルやリズム・パターンをたくさん聴かせてくれて素晴らしいです。

とはいえまんまOPETHというわけではなく、このバンドらしさもきっちりとあるところもポイント。それは前作から大活躍のヴァイオリンとキーボードです。随所で加わり耽美さや強烈な悲しみを発散してくるサウンドはOPETHとは異なるもの。やはり攻撃的でありつつもよりゴシック色が強いのがこのバンドの特徴です。今回もブラストが出てくる場面が増えたとはいえ、やはり後半に行くにつれてミドル/スロー主体の悲しく耽美なパートが中心になってきますので、広くこれもゴシック・メタルと言っていいのではといった内容。

また、女性ヴォーカルは前作では高音主体で神秘的な質感が強めでしたが、こちらはメロディアスに歌う場面が多く、悲しさを強調している仕上がりです。8分の曲が無い分前作よりは曲の尺はコンパクトですが、やはり6分前後あるものが中心。ただ展開の多さは前作ほどではなく、アグレッシヴでありつつも聴きやすさも増したかなという印象です。デス/ブラック的アグレッシヴさがありつつ、しっかり悲しく耽美なゴシック・メタルが聴きたい方、デス・ゴシック的なものが好きな方にオススメ。

ラベル:オススメタル
posted by メタルの宮殿 at 16:24| 千葉 ☁| Comment(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KIMAERA / Solitary Impact

KIMAERa1.jpg
レバノンのゴシック・メタル・バンドの’10年2nd。ヴァイオリン奏者入りの6人編成。

悲しみと耽美さを押し出したサウンドが基本ですが、より悲しくフューネラル要素が強かったり、デス・メタル的な疾走感と邪悪さがあったり、中東的なミステリアスさを感じさせたり、ヘヴィでドゥーム色が感じられたりと曲によって様々な表情を見せつけるところが特徴的。デス、ブラック、ドゥームそれぞれの要素が感じられますが、総合的には実験的なサウンドだったあの'90年代初頭のゴシック・メタルのようなサウンドと言えます。

5〜8分と少々長めの曲が多く、スローなパートが主体ながらもその中でテンポを切り替えたり、ヘヴィなギター中心の動のパートとギターとドラム無しでヴァイオリンとキーボードが主体の静のパートを切り替えたりといった起伏のある展開で聴かせる曲がズラリと並んでいます。元来、'90年代初頭のゴシック・メタルはプログレッシヴな要素が強いですが、コレもそういった要素は強いです。そうでありつつも一本芯の通った非常に耽美で悲しげなサウンドが魅力的です。

ヴォーカルはガテラル・ヴォイスをメインに囁くような低音掠れデス声からグロウルまでこなす実力派で、そこにゲストの女性ソプラノ・ヴォーカルが絡んで美と醜の見事な対比を演じてくれます。また、Tr.5ではキーボーディストがクリーン歌唱を聴かせてくれますが、これがとんでもなくメランコリックでVery Good。ギターはドゥーミーな質感のヘヴィなリフを中心に、トレモロ・リフも使用してきます。

スローなパートが主体ながらもスリリングな高速金物刻みを聴かせたり、複雑な2バス連打を聴かせたり、曲によってはブラスト・ビートも聴かせたりと器用なプレイを聴かせるドラムも聴きどころ。やはりこのアルバムで重要な役割を担っているのがヴァイオリンとキーボードで、悲しいメロディはもちろん、妖しげなメロディも聴かせることで様々なゴシック・サウンドを演出してくれます。

デス・メタル的な2ビートの疾走パートから急激にクリーン・ギターの静のパートに突入し、その後も静と動を繰り返しメロディアスなギター・ソロも聴けるドラマティックなTr.8、上記の通りキーボーディストがクリーン歌唱を聴かせる絶望的なレベルで悲しいTr.5、これまたレクイエム感全開で尋常じゃない悲しみを誇るラストTr.10が大きな聴きどころ。全体的に聴きどころの多い名盤!

ラベル:オススメタル
posted by メタルの宮殿 at 16:17| 千葉 ☁| Comment(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KARNA PROJECT / The Haunted: Age of Destruction

karna.jpg
ロシアのダーク・エレクトロ/アンビエントの’07年3rd。

ロシアっぽい叙情性やとんでもない哀愁といったようなものはなく、ひたすらに荒廃した雰囲気や虚無的な雰囲気を醸し出すアンビエント・ナンバーが並んだ作品。10分半のTr.2ではシンプルで悲しげなメロディが反復するパートも出てきますが、BURZUMのアンビエントのようなシンプルな陰鬱さであり、クサいといった感じではないです。Tr.4、6など曲によってはダンサブルな打ち込みリズムやグルーヴィなベースが入ったテクノ寄りなエレクトロ・ナンバーも収録。

メロディらしいメロディもあまりなく、シンプルなフレーズが反復する荒廃した世界を表現するかのような虚しさが残るアンビエントが聴きたい方にオススメ。


posted by メタルの宮殿 at 16:08| 千葉 ☁| Comment(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JUMALHAMARA / Resitaali

JUMALHAMARA.jpg
フィンランドのメランコリック・ドローン・アンビエントの’10年1st。

オルガンや笛、コントラバスなどを思わせる音色で変化の少ないドローン・アンビエント・サウンドを重ね合わせて、非常にメランコリックなハーモニーを奏でる作品。クラシックの曲なんかでもそういう変化の少ない中でハーモニーを聴かせる静かな楽章とかありますが、言ってみれば雰囲気はそういうものに近いです。中〜高音を延ばしたものもあれば、低音を駆使した曲もあり。

8〜10分程度の尺の中で基本的には同じフレーズが反復するサウンドの中で少しずつ重なる音に変化が表れていくので、そういった長い中でちょっとずつ変化していくアンビエント、ドローン系サウンドが好きな方にオススメ。リズム楽器やバンド演奏は皆無の純・ドローン・アンビエント作品です。

ドローン音からスタートし、もの悲しいハーモニーが流れて少しずつ違うメロディが流れ、オルガン的な音色が悲しくも美しいTr.1、笛っぽい音色とオルガンぽい音のハーモニーで徐々に盛り上がっていくような感じがするTr.2、低音メインで不気味なハーモニーも響き、精神の内側に侵食されるような非常に陰鬱で不安になるサウンドで、ディプレッシヴ・ブラックのアンビエントが好きな方にオススメなTr.3、低音主体のパートと高音主体のパートが切り替わるTr.4と、微妙に異なったドローン・アンビエント・ナンバーがじっくりと楽しめる名作。


posted by メタルの宮殿 at 13:27| 千葉 | Comment(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

APHRODISIAC / Nonsense Chamber

aphrodisiacnonsensechamber.jpg
ノルウェーのノイズ/ダーク・アンビエントの’97年1stにして唯一の作品。FLEURETYのSvein Egil Hatlevik、DODHEIMSGARDのVicotnikによるデュオ。


多彩な楽器やナレーション等のサンプリングや電子音を駆使し、ノイズをまぶしたダーク・アンビエント。メタル色やメンバー由来のブラック・メタル的な要素もありません。とにかく全編に亘り不穏でダークで、ところどころメロディらしいメロディも登場してきますが、基本的にはメロディらしいメロディもリズムらしいリズムもないアヴァンギャルドなノイズ・アンビエント作品です。明るさやメロディアスさなどが無く、かつ時に中世的、時に儀式的だったりと多彩なアンビエントが聴きたい方にオススメ。
ラベル:アンビエント
posted by メタルの宮殿 at 18:17| 千葉 ☀| Comment(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

★DENIED REDEMPTION / Egregora Tenebrae

posted by メタルの宮殿 at 00:08| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

DAEVA DURZEIRICHE / Invoke

daevadurzeiricheinvoke.jpg
国等の詳細は不明ですが、アンビエント作品。


ジャケットから漂うブラック・メタル感は一切無しで、穏やかなで神秘的なアンビエントTr.1、虚無的アンビエントTr.3、ダンジョンぽい雰囲気のアンビエントTr.4、不穏なアンビエントTr.5など、様々なタイプのアンビエント・ナンバーを収録。とにかく盛り上がりとかそういうものの一切無い、かといって極端に暗く絶望的なわけでもない、無機的で虚無な雰囲気のアンビエントが好きな方向け。バンド・サウンドやヴォーカルは一切無しの完全アンビエント・インストです。


posted by メタルの宮殿 at 17:42| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

AUTUMNBLAZE / Words Are Not What They Seem

autumnblazewordsarenotwhattheyseem.jpg
ドイツのメランコリック・メタル・バンドの’04年4th。


ダンディな声質でエモーショナルに歌い上げるヴォーカルが絶品。アルバム全体に歌メロにしてもバッキングにしてもメランコリックさやアンニュイさが漂った統一感に優れた作品。曲の尺がそこそこ長いのも特徴で、5分程度の曲が並びつつ7分の曲や10分の曲もあります。ハードなギター・リフとドラムの動のパートと、クリーン・トーンの儚げなギター主体の静のパートの起伏のある展開も魅力的で、ただメランコリックなだけでないところがGood。浮遊感やアトモスフェリックさも感じさせるサウンドはANATHEMAを思わせたりもします。


ギター・レスで儚げなキーボードが曲を引っ張るTr.4のような曲も聴きどころ。儚げで美しいメロディのメランコリック・メタルが好きな方にオススメ。ANATHEMAよりは歌メロが分かりやすい印象ですし、曲の構成も結構凝っていてプログレッシヴ色もありますので、WOLVERINE辺りが好きな方はぜひ。


なお、Disc2は少々趣が異なっており、基本的にはドラム以外のバンド演奏は無しの打ち込みサウンドを駆使したアンビエント・インスト系ナンバーが収録されています。ヴォーカルも歌というよりは効果音的に漂っています。やはり浮遊感のある儚げでアンニュイなサウンドが魅力的なので、Disc1の音が好きならハマれるはず。


posted by メタルの宮殿 at 18:29| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

CREMATORY / Revolution

crematoryrevolution.jpg
ドイツの個性派ゴシック・メロデス・バンドの’04年8th。


元々ゴシック・メタルとデス・メタルの中間みたいな個性的なサウンドを披露してきたバンドですが、この作品もTr.1ではゴシック色が強いかと思ったら、Tr.2ではメロディック・デス的になったり、クリーン歌唱のサビがあってモダンな空気もあったりと彼ららしい柔軟なサウンド。キーボードが目立つサウンドで、AMORPHIS、SENTENCEDなどのメランコリック・メタルに大々的にキーボードが入って、さらにエレクトロな要素、サビでのクリーン歌唱などモダンな空気が加わったようなそんなサウンドに仕上がっています。以前よりも分かりやすいサウンド。
ラベル:個性派メタル
posted by メタルの宮殿 at 13:39| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CORONATUS / TERRA INCOGNITA

CORONATUSTerra Incognita.jpg
ドイツ出身のツイン女性Voゴシック・メタル・バンドの2011年4thフル。


麗しい美声ソプラノ・タイプと、割と力強く歌うタイプの違うシンガーがいるのがポイント。また男性ヴォーカルもおり、楽曲に彩を加えています。曲の方は、いわゆるゴシック・メタル然とした耽美なもの、壮大なものもあれば、フォーキッシュな旋律が前面に出たフォーク・メタル調のものもあり、はたまたちょっぴり妖しさのあるメロディーの曲もあります。ギター・ソロも入っていたり、複雑なリズム、捻りのある展開も要所で巧く導入、ヴォーカルを前面に出しつつも演奏面にもしっかりと聴き応えを持たせた、ただの歌メロゴシックでは終わらせていないところが素晴らしいところ。きちんとメタル然としたヘヴィさ、ハードさをゴシック・メタルに求める方には非常にオススメな内容です。
posted by メタルの宮殿 at 13:37| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

COLLIDE / Some Kind Of Strange

collidesomekindofstrange.jpg
USのゴシック/ダーク・ウェイヴによる’03年作。


打ち込みのヘヴィなギターのリフとインダストリアルなリズムによる、インダストリアル/エレクトロ・ゴシック色の強い曲があったり、ヘヴィな生ギターのゴシック・メタルがあったり、アコースティック・メインの曲があったり、幅広くゴシック・ナンバーを披露。女性ヴォーカルのアンニュイな低音歌唱とバックのほわ〜っとしたエレクトロ音響がまたダークな雰囲気を醸し出します。ダークな女性ヴォーカルモノが好きな方にオススメ。曲の構成はシンプルで聴きやすいです。


posted by メタルの宮殿 at 13:31| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

COLD COLOURS / Somnium Xiii

coldcolourssomniumxiii.jpg
USの個性派デス/ゴシック・メタル・バンドの’00年1st。


初期デス・メタル的なノイジーな低音リフとふわ〜っとしつつ不穏なキーボード、グロウルによるデス・メタル色強めのデス/ゴシック・ナンバーもあれば、不穏な雰囲気のブラック・メタル寄りなナンバーもあり、さらに中音域の歌唱が多めのメランコリック・メタル的なナンバーや、ストリングスや会話シーンのようなパートが入ったりと奇妙な展開を見せるTr.5のような曲、エレクトロな要素を用いた曲もありの個性的なデス/ゴシック。妖しさ強めのサウンドです。


ラベル:個性派メタル
posted by メタルの宮殿 at 13:28| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CAMERATA MEDIOLANENSE / Campo Di Marte

cameratamediolanensecampodimarte.jpg
イタリアのチェンバー・ゴシック・バンドによる’96年作。


メタル、ロック色は無く、パーカッシヴなリズムとティンパニによるパワフルなリズム、キーボード、チェンバロ、オルガンによる荘厳なサウンドに、さらにストリングスなどが加わって耽美な世界を醸し出すダーク・チェンバー・ゴシック・サウンド。そこに曲によっては朗々としたトランペット(ホルンとかだったらすいません)が入って、重厚さや勇壮さをプラスする場面があるサウンドが魅力的。ヴォーカルは曲によってあったりなかったりですが、低音の激渋男性ヴォーカルに、美麗で神秘的な女性ソプラノ・ヴォーカルどちらもインパクト大です。


Tr.1からKING CRIMSONの「Islands」を思わせるような朗々としたトランペットが印象的で、神秘的な雰囲気もある名曲。チェンバロをバックにソプラノ・ヴォーカルが歌うTr.3は実に神秘的で美しいです。男性ヴォーカルとアコーディオンが不穏で呪術的な雰囲気を醸し出すTr.4、勇壮なトランペットが鳴り響き哀愁のメロディを奏でるTr.7も強力。中世世界にタイム・スリップするかのようなゴシック・サウンドが聴きたい方にオススメの1枚。


ラベル:オススメタル
posted by メタルの宮殿 at 13:25| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

PAIN / Dancing With The Dead

paindancingwiththedead.jpg
スウェーデンのバンド、HYPOCRISYの首領Peterによるゴシック・メタル・プロジェクトの’05年4th。


ゴシック・メタルの中でもエレクトロ/インダストリアル・ゴシック系のサウンドが特徴。HYPOCRISYみたいにへヴィでガシガシザクザクした鋭利な感触のリフの曲と、へヴィさよりもエレクトロ・サウンドによる耽美さや儚さ、メランコリックなメロディが際立っている曲をバランス良く収録。デス・メタル的なブルータリティや疾走感はもちろんなく、スロー/ミドル・ナンバーばかりの内容ですが、HYPOCRISYでも聴けるようなゴシカルで叙情的かつダークな曲やPeterのノーマル歌唱が好きで、もっとゴシック/メランコリック・メタル的にしたようなものが聴きたい方にはとてもオススメ。


posted by メタルの宮殿 at 18:50| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NOX ARCANA / Carnival Of Lost Souls

noxarcanacarnivaloflostsouls.jpg
USのアンビエント・ゴシック・バンドの’06年作。


ジャケットからすると、クサメタル?ペイガン?メロブラ?とか思ってしまいますが、実際に聴いてみるとメタル要素はおろかロック要素すらないアンビエント・ゴシック・サウンド。悲しく儚げな単音のキラキラした電子音にピアノ、キーボード・オーケストレーション、さらにコーラスが被さったり鐘の音が加わったり子供の笑い声が加わったりする、不気味でありつつも耽美で神秘的なサウンドが魅力的。他にも魔女の囁きみたいなTr.5、ちょっぴり勇壮なTr.6、おっさんの不気味な笑い声が続くTr.8等々、中世暗黒世界というものがそのまま浮かんでくるようなサウンドです。
ラベル:アンビエント
posted by メタルの宮殿 at 18:48| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴシック/メランコリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする