★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの宮殿」★
新宮殿ロゴデフォルト2018年3月改訂(クリックポスト).JPG
メタルの宮殿はコチラ。

2018年01月19日

CHAOS SYNOPSIS / Art Of Killing

chaossynopsisartofkilling.jpg
ブラジルのスラッシュ・メタル・バンドの’13年2nd。


ザクザクした切れ味とフックを兼ね備えたリフ、グロウル寄りな地声咆哮を聴かせるヴォーカル、2ビートでの疾走パートが主体の疾走感あるスラッシュ・メタル作品。新世代のバンドらしくブラスト・ビートを使う場面も少々出てきますが、あくまで'80年代スラッシュ・メタルを下地にし、それを現代的なクリアで厚みの音質でアップデートしたような内容。メロディアスなギター・ソロも曲によってはありますが、基本的にはリフ主体で押すスタイルなので、リフ重視のスラッシュ・メタルが好きな方、疾走パートがメインのスラッシュ・メタルが好きな方にオススメ。


ブラジル産ですが、同郷の初期SEPULTURAやSARCOFAGOのようなサタニックさも無く、USスラッシュ・メタルからの影響が感じられるサウンドです。アルバム全体の統一感にも優れており完成度は非常に高いです。
ラベル:オススメタル
posted by メタルの宮殿 at 23:31| 千葉 ☁| Comment(0) | スラッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

MECHANIX / Sonic Point Blank

mechanixsonicpointblank.jpg
ドイツのスラッシュ・メタル・バンドの’10年2nd。結成自体は1995年と古め。


このアルバムではあまりよく分かりませんが、他のアルバム等でのバンドロゴの質感や、MECHANIXというバンド名からなんとなく想像がつく通り、MEGADETHからの影響が感じられるスラッシュ・メタルを聴かせてくれます(ロゴの配置はこのアルバムもそれっぽいですが)。ヴォーカルの声質や歌いまわしもDave Mustaineぽいです。Tr.1は戦争のSE、Tr.2はIRON MAIDENみたいな哀愁の刻みリフによるパワー・メタル的なナンバーなのでこの時点ではよく伝わってきませんが、全18曲を聴き進めるうちに、起伏のある展開がウリだった初期の頃や、Countdown to〜の頃のようなストレートでキャッチーなリフを使ったMEGADETHみたいな曲が出てきます。


そこに、ex:RAGEのManni Schmidtのような切れ味鋭いギター・リフが加わってくるところがどことなくドイツ産なんだな〜ということを思わせてくれるスラッシュ/グル―ヴ/パワー・メタル・サウンドです。ハードコア的な短いシンプルな爆走ナンバーもありますが、大体の曲は疾走パートとミドル/スロー・パートを切り替えたり、上記Countdown to〜の頃のようなストレートなアップ・テンポ/ミドル・ナンバーになっていて、全体的な疾走感は高くも無く特別低くも無くほどほど。


ギター・ソロは曲によって異なり、スラッシュ・メタルらしいがむしゃらな速弾きもあれば、構築感のあるメロディアスなソロもあり、MEGADETHっぽいちょっと不穏な雰囲気のフレーズのソロもあり様々に聴かせてくれます。裏拍のカッティングが印象的なグルーヴィな前半から2バス連打スネア裏打ち疾走に展開するTr.4、儀式的なフレーズが印象的なダークなスロー・ナンバーTr.5、メランコリックなアルペジオや変拍子も出てくるダークでドラマティックなTr.18のような個性的な曲も聴きどころ。


全18曲ですが曲の長さは短いと1分半程度で長いと6分程度とマチマチであり、総合的には1時間程度という長すぎないそこそこなボリューム。'80〜'90年代MEGADETHに、ちょっぴり'90年代前半RAGEっぽいジャーマン・パワー・メタルっぽさをプラスしたようなものが聴いてみたい方にオススメ。
 ※余談:上記バンド名の由来かもしれない「Mechanix」はMEGADETHのKilling Is My Business... and Business Is Good!に収録されています。


posted by メタルの宮殿 at 23:48| 千葉 ☁| Comment(0) | スラッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

HIDDEN INTENT / Walking Through Hell

hiddenintentwalkingthroughhell.jpg
オーストラリアのスラッシュ・メタル・バンドの’13年1st。


ミドル・パートも織り交ぜつつ、2ビートによる前のめりな疾走パートが主体のピュアなスラッシュ・メタル。OVERKILLのようにベースが目立つ音作りで動きもかなり派手なところが特徴的で、数曲でベース・ソロがあったり、ベースによる短い陰鬱なインスト曲があったりするほどです。ヴォーカルは地声シャウト主体でスラッシュ・メタルらしく歌メロ自体は無いようなものですが、突然ハイトーン・シャウトを織り交ぜたり沈み込んでみたりと起伏があって歯切れもよくカッコいいです。


演奏が崩壊するほどではないですが、割と安定感は二の次といった感じのサウンドで、がむしゃらな疾走感とがむしゃらな速弾きギター・ソロがスラッシュ・メタルらしい破壊力を備えていて実にカッコイイです。疾走主体のスラッシュ・メタルが好きな方、ベースがカッコいいスラッシュ・メタルが好きな方にオススメの1枚。


posted by メタルの宮殿 at 18:07| 千葉 ☔| Comment(0) | スラッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DIVINE DECAY / Maximize The Misery

divinedecaymaximizethemisery.jpg
フィンランドのスラッシュ・メタル・バンドの’03年2nd。


前作はアップ・テンポでこそあるものの8ビートのパートが主体で2ビートで高速疾走する場面がほとんどなく、ギター・ソロも地味でした。今作は疾走パートの割合が大幅に増加してるのがポイントで、前作がアルバム中20%くらいだった2ビートでのスラッシュ・メタルらしい疾走パートが60%くらいにまで上がっています。持ち味のリフのザクザクした爽快感はそのままに、歌メロがスラッシュ・メタルらしさを損なわない程度に前作よりも少しメロディアスになっており、ギター・ソロもメロディアスさや流麗さを大きく増していて、全体的に大きくレベル・アップした印象の1枚。


演奏にこそ安定感はあったものの特にコレだ!という点が無かった前作と比較すると、随分聴きどころが増えたな〜と思わせる1枚。スラッシュ・メタル好きであれば試しに聴いてみて損はないです。カッチリした音質と演奏に、程よいテンポでの疾走、そして若干メロディックな歌メロといった点で、やはりベイエリア・スラッシュ系が好きな方にオススメです。


posted by メタルの宮殿 at 16:16| 千葉 ☔| Comment(0) | スラッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DIVINE DECAY / Songs Of The Damned

divinedecaysongsofthedamned.jpg
フィンランドのスラッシュ・メタル・バンドの’01年1st。


地声で軽くメロディを歌うヴォーカルと、シンプルなリフをザクザクと刻むギターによるアップ・テンポ・ナンバー主体のスラッシュ・メタル。高速2ビート疾走はほとんどしないので疾走感的には物足りないですが、ギターの刻みのガツガツした音はカッコイイです。曲によってはSLAYERみたいながむしゃらなギター・ソロが出てきたりもします。どれかといえばたまに高速疾走するベイエリア・スラッシュ系のものが好きな方向け。同じような曲が並んでいてアルバム全体の統一感には優れた内容です。


posted by メタルの宮殿 at 15:02| 千葉 ☔| Comment(0) | スラッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

DRUNKEN BASTARDS / Posercrusher

drunkenbastardsposercrusher.jpg
ハンガリーのスラッシュ・メタル・バンドの’07年1st。


ノイジーでモヤモヤしたRawな音質をしているのが特徴的で、その中をシンプルなリフとドカドカと2ビートで疾走する汚いスラッシュ・メタル・サウンド。ヴォーカルも汚い地声シャウト。ハードコア的なノリも強めなのでクロスオーバー・スラッシュといった感じ。どれかといえばブラッケンド・ハードコアとかそういったものが好きな方の方がしっくりきそうです。3分前後と長さもコンパクトで、全10曲25分弱とボリュームも少な目。ノイジーで汚い音とシンプルなリフで疾走するスラッシュ・メタルが聴きたい方向け。


posted by メタルの宮殿 at 19:46| 千葉 ☁| Comment(0) | スラッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DRASTIC SOLUTION / Thrashers

drasticsolutionthrashers.jpg
イタリアのスラッシュ・メタル・バンドの’14年1st。


1流のカッコ良さと言っていいグロウル直前の切れ味のあるダミ声シャウトを聴かせるヴォーカル、邪悪さのあるコード進行で刻みリフをザクザク刻みまくるギター、タイトさには欠けるものの前のめりに突っ走りまくるドラムによる実に'80年代的な王道爆走スラッシュ。ミドル・パートも軽く織り交ぜつつも、基本的には「ミドル・パートって何?」な姿勢で2ビートでひたすらに爆走するスタイル。ブラスト・ビートの使用やデス声も無く、もうまさにスラッシュ・メタル!なサウンドに感激。


ほとんどの曲がMETALLICAの「Battery」くらいの速度で、ジャーマン・スラッシュとかSLAYERみたいに速すぎず、かといってベイエリア・スラッシュみたいに速度控えめ…というわけでもないスラッシュ・メタル好きがアツくなれる速度での疾走曲が満載されているのが非常に素晴らしいところ。ギター・ソロもとにかくワウを効かせてアーミングを織り交ぜたグチャグチャでクレイジーな速弾きソロが全曲で披露されており、アルバム通して一切のブレが無いのもポイント!


ほとんどの曲は2〜3分と短めで、トータルでも29:33ですが、2ビート爆走スラッシュ好きには大満足な1枚となるでしょう。ジャーマン・スラッシュばりのテンポで最も速い1分のTr.11で終了するところまで完璧な前のめりスラッシュ・メタル・アルバム名盤。


posted by メタルの宮殿 at 19:44| 千葉 ☁| Comment(0) | スラッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

TORMENTOR / Violent World

tormentorviolentworld.jpg
ドイツのスラッシュ・メタル・バンドの’12年1st。


バンド名どおりKREATORからの影響が感じられるサウンドで、リフの質感は'80年代的にザクザク、ヴォーカルも地声シャウトなため、'80年代直系のスラッシュ・メタルが好きな方に大いにオススメ。ただただKREATORのフォロワーというわけではなく、ミドル・パートも加えたビートの切り替わりの多い緩急ついた展開で聴かせるオリジナリティあるサウンドであるところもポイント。爆走パート主体のTr.5や、初期KREATORからの影響が感じられるTr.6、8などは実にアツい曲。


スラッシュ・メタルにモダンなヘヴィさやデス声なんていらねぇぜ!とにかくザクザク突っ走ってりゃいいんだよ!という方はぜひ。総合的に1st〜3rd辺りのKREATORからの影響が強めなので、初期KREATORが好きな方に特にオススメ。ラストTr.10はバッチリKREATORの「Tormentor」のカヴァー。

【新品】・盤質:A ドイツ スラッシュ・メタル’12年 1st 輸入盤
※こちらは輸入時に開封状態で届いたので盤質が記載してあります。

続きを読む
ラベル:オススメタル
posted by メタルの宮殿 at 17:45| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スラッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

DISASTER / Blasphemy Attack

disasterblasphemyattack.jpg

コロンビアのスラッシュ・メタル・バンドの’14年1st。なお、活動自体は'99年からしているらしいです。


ヴォーカルは掠れデス声直前な甲高いダミ声シャウトで、KREATORのミレとか、DESTRUCTIONのシュミ―ア辺りからの影響がありそうなタイプ。ザクザクしたスラッシュ・メタルらしいリフと2ビートで疾走するサウンドを軸に、パワー・メタル的なメロディックさを感じさせるリフやソロに、ハードコア的なシンプルなリフでの疾走パートももウマく混ぜた内容。Tr.6では軽くブラスト・ビートも出ますが、基本的には2ビートでの疾走です。ほど良いスピードでの疾走ナンバーをメインに、邪悪なミドル・ナンバーTr.5のような曲や、泣きの叙情インストTr.9なども加えたバランスの良い仕上がり。


また、ヴォーカル・スタイルこそかなりイーヴルでありながらもサウンド自体はどんよりしておらず、そんなに邪悪な雰囲気が強くないところも特徴的。音質はクリアで厚みもありますが、基本的には'80年代スラッシュを手本にしているような音作りなので、やはりオールド・スラッシャーに大いにオススメな内容。パワー・メタル色があって、疾走だけでなくミドル・ナンバーも程よく収録したスラッシュ・メタルが聴きたい方にオススメ。


posted by メタルの宮殿 at 22:18| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スラッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

DELIRIUM TREMENS / Read My Fist

deliriumtremensreadmyfist.jpg
ドイツのスラッシュ・メタル・バンドの’14年3rd。


刻みリフだけでなくパワー・コードも多めに使用してフックあるリフを構築し、R&R、パワー・メタル的なノリも醸し出すスラッシュ・メタル。そして2ビートで爆走しまくりの実に爽快なスラッシュ・メタルです。流麗で程よくメロディアスなギター・ソロもGood。速弾き系のフレーズをリフに混ぜるセンスも見事。安定感のあるリズム・キープに、高速のフィル・インや多彩な2バス連打もガンガン決めてくるドラムもGreat。地声シャウトのヴォーカルも実にスラッシュ・メタルらしいです。


高速爆走パートが実に速いTr.1、パワー・メタル的なリフのノリでありながらも速いテンポで爆走するTr.4、MOTORHEADやTANK等のスピード・メタルを思わせるようなTr.5、9、11、スラッシュ・メタルらしい刻みリフと2ビート疾走のTr.2、6、ブラスト・ビートも軽く聴かせるデスラッシュばりの超高速疾走ナンバーTr.7等々アツい曲満載。また、高速で疾走する曲が中心ながらも、ジャーマン・メタル的などんよりしたサタニックな雰囲気がほとんどなく明快なノリで爆走するところがポイント。


全体的にミドル・パートって何?と言わんばかりに疾走することしか頭に無い展開も実にGreat。疾走主体でありつつミドル/スロー・パートを挿む展開があるのではなく、とにかく疾走疾走!!な作品です。王道スラッシュ的、スピード・メタル的とテンポやノリは曲ごとに少々違えど、徹頭徹尾とにかくアホみたいに疾走するスラッシュ・メタルが聴きたい方に超絶にオススメ。一番遅いのが2ビートを使わないTr.10で、これも普通にアップ・テンポ・ナンバーなので決して遅くは無いですw 安定感も抜群、音質面もGoodな名盤!


posted by メタルの宮殿 at 11:27| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スラッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DEATHRAGE / Down in the Depth of Sickness

deathragedowninthedepthofsickness.jpg
イタリアのスラッシュ・メタル・バンドの’90年2nd。スタジオ・フルは'88年の1stとこの2ndのみ。


相変わらずノイズ成分を含んだギターに篭り気味の音質のアンダーグラウンド臭漂う邪悪なスラッシュ・メタル…なのですが、前作にあった勢いはどこへやら?今作は爆走することは一切無く、ミドル・テンポ主体のグルーヴィなスラッシュ・メタルへと変貌しているのが特徴。軽やかな疾走パートはあるものの、ジャーマン・スラッシュ的なイーヴルな超高速爆走が一切無くなってしまったところに凄く寂しさを感じさせます。


上記の通り音質面や、歌詞を抑揚無く吐き捨てるヴォーカルによって暗黒な雰囲気が出ているのは変わりませんが、ソロがカッチリとしていて若干メロディアスになっていたり、明るい疾走を聴かせるTr.8のような曲があったりと明らかな変貌ぶりです。ノイズを纏った低音リフはデス・メタル的でもあり、'90年代に隆盛を迎えるグルーヴ・メタルともまた違った質感のグルーヴィなスラッシュ・メタルといった感じのサウンド。


前作は多くのスラッシュ・メタル好きに聴いてみてほしい作品でしたが、これは前作が気に入った方にもオススメしづらい内容。ある種独特の雰囲気はあるので、暗黒な質感を漂わせつつミドル・テンポ主体でグルーヴィなスラッシュ・メタルが聴きたい方向け。


posted by メタルの宮殿 at 11:24| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スラッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DEATHRAGE / Self Conditioned, Self Limited

deathrageselfconditionedselflimited.jpg
イタリアのスラッシュ・メタル・バンドの’88年1st。スタジオ・フルは'90年の2ndとこの1stの2作のみ。


'80年代のアンダーグラウンドなスラッシュ・メタルらしいちょっぴり篭り気味な音質と、地声吐き捨て型ヴォーカル、割とシンプルな高速刻みリフと疾走パート主体のスラッシュ・メタルらしいサウンド。ミドル/スロー・パートも織り交ぜて展開も多少多めの内容ながら、大体の曲にジャーマン・スラッシュばりの超高速爆走パートがあるのがとても魅力的で、そこそこタイトでありながらもボカボカした図太いドラムの音もあってかなりサタニックです。


高速スラッシュ爆走からハードコア的な疾走へと切り替わるTr.2、ミドルから超高速の爆走に展開するとてもアグレッシヴなインスト・ナンバーTr.3、SODOMを思わせるようなリフで爆走するTr.5等々、高速スラッシュ好きなら聴きどころ満載の思わず熱くなる作品です。演奏自体は初期のSODOMやKREATORのように崩壊しておらず案外タイト。しかしながらカッチリしすぎていない危うさを感じさせる爆走パートにクレイジーなギター・ソロは破壊的な衝動に満ち溢れています。


イタリアでありながらも同郷のBULLDOZERみたいなメロディックさは一切無く、とにかく邪悪さが強い2nd、3rd辺りのSODOMやKREATORみたいな爆走スラッシュ・メタルが好きな方にとてもオススメ。


posted by メタルの宮殿 at 11:21| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スラッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

CRITICAL SOLUTION / Sleepwalker

criticalsolutionsleepwalker.jpg
ノルウェーのスラッシュ・メタル・バンドの’15年2nd。


'80年代的な硬質な刻みリフと2ビートの疾走パートに巧みにミドル/スロー・パートも交えつつ、メロディアスに歌うサビと言っていいパートや、ブラスト・ビートの使用もある新世代らしいモダンな質感のあるスラッシュ・メタル。リフには程よくメロディックなフックがあり、ドラムも手数多い上に非常にタイト、軽くメロディを歌いながら歌詞をシャウトするヴォーカルも安定感抜群で、総合的に非常に質の高いスラッシュ・メタルに仕上がっています。


また、4分程度の普通の尺の曲がある一方で、7分の曲が2曲、11分の曲が1曲と長尺で少し凝った展開を見せつける曲も収録されているのがポイント。ヴォーカルが歌うパートが多くメランコリックなギターのフレーズが光る叙情的な静と、アグレッシヴに疾走する動を切り替える展開が聴きどころ。また、Tr.7ではドゥーミーで不気味なスロー・パートがあったり、11分のTr.8では神秘的なスロー・パートがあったりと、ちょっぴりプログレッシヴな側面も感じられるのが特徴的です。


爆走爆走のピュア・スラッシュ好きにはあまりオススメでは無いですが、ヴォーカルがゴツい声で歌ったり、メロディアスなギター・フレーズが多かったり、テンポやビート、静と動を切り替える展開があったりする凝ったスラッシュ・メタルが好きな方にオススメ。決してテクニカルというほど頭でっかちでもなく、安定感ある演奏と多彩な展開でドラマティックに聴かせる作品です。


posted by メタルの宮殿 at 00:28| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スラッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CREHATED / Anthems of Hate

crehatedanthemsofhate.jpg
イタリアのスラッシュ・メタル・バンドの’08年1stにして唯一の作品。


ジャケットからはいかにも'80年代直径そうなストレートなスラッシュ・メタルをやっていそうなイメージが伝わってきますが、実際は5、6分程度の少々長めの尺でグルーヴィなミドル/スロー・パートを主体に、要所に疾走パートを加えた展開で聴かせるグルーヴ/スラッシュ・メタル。9分弱の曲もあります。ドスの効いたダミ声でのシャウトに、ピッキング・ハーモニクスも多用する'90年代的なへヴィさも兼ね備えたザクザクと硬質な低音のギター・リフが印象的です。


全体的に疾走感は低めですが、トリッキーなギターのバッキングに、手数足数多いドラムでミドル/スロー・パートでも聴きごたえは十分。疾走していない箇所での聴かせ方がウマい作品という印象です。また、グルーヴィな作品というと得てしてギター・ソロが無かったり、ソロはメロディアスでは無かったりしますが、この作品はギター・ソロが非常にメロディアスであるところが大きな特徴。スウィープ等を交えたテクニカル・プレイに泣きも絡めたソロは実に素晴らしいです。そういったところはTESTAMENTを思わせますが、ソロの質感自体はARCH ENEMY等メロデス勢の方が近いです。


グルーヴィなミドル/スロー・パートと、攻撃的な高速疾走パート、そしてメロディアスなギター・ソロと聴きどころ自体は多い作品なので、疾走感にこだわらない方にはオススメ。


posted by メタルの宮殿 at 00:26| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スラッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

COMA / Mindless

comamindless.jpg
イタリアのスラッシュ・メタル・バンドの’13年1st。


ダミ声でシャウトしつつも、ところどころメロディも歌うヴォーカル、スピーディなドラムと刻まれるギター・リフによるまさにスラッシュ・メタルらしいスラッシュ・メタル。疾走時のテンポはSLAYERやジャーマン・スラッシュのように極端に速くは無く、METALLICAやベイエリア・スラッシュくらいの程よいテンポであるところもポイント。程よくメロディアスなギター・ソロもGood。


疾走ナンバーが中心ですが、少し凝った展開を見せつけてベース・ソロがあったりするTr.3、爆走する1分半のインストTr.5のような曲もいいアクセント。'80年代のUS産スラッシュ・メタル直系サウンドで、たまに歌ったり程よいテンポで疾走するスラッシュ・メタルが好きな方にオススメ。


ラベル:オススメタル
posted by メタルの宮殿 at 00:24| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スラッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする