★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの宮殿」★
新宮殿ロゴデフォルト2017年4月改訂(送料半額).JPG
メタルの宮殿はコチラ。

2017年11月16日

DISHARMONIC / The Black Dance of Evil Spirits

disharmonictheblackdanceofevilspirits.jpg
イタリアのブラック・メタル・バンドの'03年1st。


篭ったノイジーな音質の中を低音で唸るような地声ヴォーカルを軸に、突然叫んできたりする、MAYHEMのAttilaのような起伏が合って呪詛が篭ったような狂気的なヴォーカルがとても不気味で印象的なブラック・メタル。寒々しいトレモロ・リフの疾走パートに、呪術的なキーボードを取り入れた不穏なスロー・パートを交えた展開で聴かせるサウンド。疾走パートが主体でドカドカと邪悪に突っ走る曲もあれば、陰鬱なスロー・パートがあるTr.5や、変なリズムで鳴る音が不気味なアンビエントTr.6のような曲もあり、とにかく呪術的で不気味で気持ち悪いブラック・メタルが聴きたい方にとてもオススメ。
ラベル:オススメタル
posted by メタルエリンギ at 20:31| 千葉 ☁| Comment(0) | ブラック A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DISGUISE / Second Coming

disguisesecondcoming.jpg
イタリアのプログレッシヴ・ブラック・メタル・バンドの’12年3rd。


ジャケットから漂ってくる「ただのブラック・メタルじゃないぞ」感は当たりで、ブラスト爆走と2ビート疾走、ミドル/スロー・パートを頻繁に切り替える起伏の多い展開が特徴的なブラック・メタル・サウンド。さらに特徴的なのがヴォーカルで、地声で低音で語るように唸ったり、ガナリ声でシャウトしたり、さらにはグロウルやガテラル・ヴォイスも聴かせる多彩なヴォーカル・スタイルがとても印象的です。そのヴォーカルと展開の多さからなかなかの個性的な音であり、プログレッシヴ・ブラックと言っていい音かなといったところ。


Tr.1こそドロドロしたリフを中心にブラスト爆走するのでデス・メタルっぽい感じがしてきますが、その後はブラック・メタルらしい薄らメロディック、あるいは邪悪なメロディのトレモロ・リフを纏った爆走パートや、薄暗い雰囲気のリフや暗黒感の強いスロー・パートがメインとなり、やはり中心にあるのはブラック・メタルです。また、ふわ〜っとした音で冷たく不穏なメロディで周囲を覆うような感じで初期のENSLAVEDを思わせるようなTr.4や、シンフォニックなキーボードが印象的なTr.6、7、エレクトロなキーボードが印象的なTr.8などキーボードが印象的な曲も多いです。


ブラック・メタルらしい暗黒感とトレモロ・リフやブラスト爆走を駆使した疾走感と邪悪さを軸に、起伏の多い展開で聴かせる幾分個性派なブラック・メタルが聴いてみたい方にオススメ。コレは聴いていて面白いかなりの力作です。
ラベル:オススメタル
posted by メタルエリンギ at 20:29| 千葉 ☁| Comment(0) | ブラック A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DIMONSIUM CHAOTIC / Labyrinthum Nebulae

dimonsiumchaoticlabyrinthumnebulae.jpg
スロヴァキアのメロディック・ブラック・メタル・バンドの’12年1st。(Ds,B,Key)のPioと、(G,Vo)のDemoの二人組。


叙情的なトレモロ・リフとメロディックな刻みリフを併用するギター、薄らかぶさる冷たい質感のキーボードが印象的なメロディック・ブラック。音質は少々モヤっとして薄っぺらいですが、掠れデス声絶叫はエコーがかかったように邪悪に響き渡り、寒々しさと幻想性を増した感じに聴こえる感じで、むしろこの音質がイイ感じに働いています。ジャケットはモダンなテクニカル・デスか何かっぽそうな雰囲気ですが、実際は青っぽいジャケットがとても似合いそうな叙情メロディック・ブラックです。


ミドル・パートがメインの曲もありつつも、ブラスト疾走パートが中心で疾走感も強いところがまた魅力的。特にトレモロ・リフやギター・ソロのメロディック度が高く神秘的なキーボードも印象的なTr.4、幻想的でアトモスフェリックで美麗なインストTr.5が聴きどころ。全8曲で34分とボリュームは多少少な目ながら、どの曲もドラマティックに仕上がっていてGoodな作品。冷たさのあるメロディック・ブラックが好きな方にとてもオススメな力作


posted by メタルエリンギ at 20:27| 千葉 ☁| Comment(0) | ブラック A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DIAMATREGON / The Satanic Devotion

diamatregonthesatanicdevotion.jpg
フランスのプリミティヴ・ブラック・メタル・バンドの’00年1st。


薄っぺらい音質の中でピーピーいいながら時折薄ら叙情的なフレーズを聴かせるノイジーなギター、フランス産らしく妙に動きが多くメロディックなベース、軽い音ながらも前面に出てパタパタと疾走するドラムによるプリミティヴ・ブラック・メタル。ミドル/スロー・パートとブラスト疾走パートを切り替える起伏のある展開を持った曲がほとんどで、6分半のTr.4や6分弱のTr.6等アルバムでも少し長めの曲は展開も少し多めです。


また、絞り出すように喚き散らす絶叫ヴォーカルや、ディプレッシヴ・ブラック的な死にそうな絶叫、地声での悲しそうな絶叫に呪術的な低音朗唱も聴かせるヴォーカルがなかなかに印象的。曲そのものはMUTIILATIONとかCELESTIAみたいな悲壮感はそんなに漂っていませんが、ヴォーカルがなかなかに起伏のある叫びを聴かせてくれます。ただ、ヴォーカルは二人が担当しているので、一人でやっているわけではなさそうです。


プリミティヴ・ブラックの中でも展開があるものが好きな方にオススメ。演奏もタイトではなくかなり粗いです。


ラベル:プリミティヴ
posted by メタルエリンギ at 20:23| 千葉 ☁| Comment(0) | ブラック A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DIAGOR / Hatred of All the Living(Ненависть к живому)

diagorhatredofalltheliving.jpg
ウクライナのブラック・メタル・バンドの’16年1st。


モヤモヤした広がりのある質感の音質の中で響き渡るトレモロ・リフと掠れデス声、時にふわ〜っと時にキラキラとした冷たい質感のキーボードによる寒々しい雰囲気のブラック・メタル。邪悪ながらもほどほどにメロディックさのあるリフやソロ、キーボードを効果的に要所で聴かせるサウンドで、疾走パートとミドル/スロー・パートの切り替わりのある展開もあって、昔ながらのブラック・メタル的な音ながらもなかなかにドラマティックなところが特徴。


ギターのトレモロ・リフよりも冷たいキーボードがかなり重要な役割を果たしているのがポイントで、所々LIMBONIC ARTや初期のEMPERORを思わせる部分もあります。邪悪さと不穏さ重視で冷たい質感ながらもほどほどにドラマティックなブラック・メタルが聴きたい方にオススメ。
posted by メタルエリンギ at 01:41| 千葉 ☀| Comment(0) | ブラック A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DIABOLICON / Infernal Prophecy

diaboliconinfernalprophecy.jpg
ポーランドのブラック・メタル・バンドの’16年2nd。UNDERDARKの(Ds)Kamil、ex:BESATTのFulmineusによる二人バンド。


イントロダクションTr.1を経てTr.2から早速高速ブラストが炸裂するのが象徴するように、ミドル・パートも効果的に織り込みつつもブラスト爆走と2ビート爆走がメインのハイテンションなブラック・メタル。また、ヴォーカルがデス声ではなく地声でのシャウトであるところも特徴的で、演奏は完全にブラック・メタルでありつつヴォーカルだけはスラッシュ・メタル的というのが大きな特徴。


タイトなブラストと2ビートはもちろん、連打もかなりの高速で、タム回しや2バスなどの連打もかなりカッコいいです。また、ギターのリフは高速で動き回り邪悪でありつつもメロディックさも感じられるのが特徴的。リフの質感は1349やMYRKSKOGとかを思わせるような感じ。上記の通り終始爆走というわけではないものの、爆走パート中心でファストな作風であることには変わらないので、どれかといえばファスト・ブラック好きにオススメ。
ラベル:ファスト
posted by メタルエリンギ at 01:39| 千葉 ☀| Comment(0) | ブラック A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DIABOLICAL PRINCIPLES / The Final Step Before the Dawn

diabolicalprinciplesthefinalstepbeforethedawn.jpg
ギリシャのブラック・メタル・バンドの’15年3rd。


曲の尺が6〜9分程度と結構長めながらも、リフがシンプルでそれが反復する時間が長めなところが特徴的なブラック・メタル。前作はミドル/スロー・パートが多めで寒々しいサウンドはFOLKVANG辺りに通じるものがありましたが、今作も疾走パートとミドル/スロー・パートを切り替えつつ突き進むサウンドながら、前作にあったような寒々しさは控えめ。音がまずクリアになっていますし、トレモロ・リフも不穏なものが多いのが特徴。


また、Tr.3以降顕著になるのがふわ〜としたキーボードを使用するところ。疾走パートでもスロー・パートでもキーボードが入っており、特に9分のスロー・ナンバーTr.9ではキーボードが前面に出ていてアトモスフェリックなパートがメインとなっています。一方で、沈み込むような陰鬱なスロー・ナンバーTr.5等は前作の面影を感じさせるところではあります。ガテラル・ヴォーカルも交えて掠れデス声を聴かせるヴォーカルも特徴的。シンプルで少し陰鬱なリフを反復させるブラック・メタルが好きな方向け。


posted by メタルエリンギ at 01:37| 千葉 ☀| Comment(0) | ブラック A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DIABOLICAL FUNERAL / Queime a Igreja

diabolicalfuneralqueimeaigreja.jpg
ブラジルのブラック・メタル・バンドの’15年1st。


基本的にはギターが薄ら悲しいメロディを湛えたトレモロ・リフ等を駆使するところが特徴的な少し悲しげなブラック・メタル。ギター二人にヴォーカル一人の3人の変則的な編成ですが、ツイン・ギター感の無いサウンドで、プリブラ下地のかなり薄っぺらいサウンド。ドラムは恐らく打ち込みで、基本的にはブラスト疾走は少な目ながらTr.8でいきなり高速ブラストが出てくるなどちょっぴり不自然な感じもあり。しょぼくれた音のギター・ソロもなんだか悲しいです。全体的に結構粗削りな仕上がりなので、あくまでB級ブラックまで全部聴いてやるぜ!という気合の入ったマニア向けの作品。
ラベル:B/C級
posted by メタルエリンギ at 01:34| 千葉 ☀| Comment(0) | ブラック A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DEVILISH / Through the Gates of Death

devilishthroughthegatesofdeath.jpg
ブラジルのブラック・メタル・バンドの’12年1st。


プリミティヴ・ブラックが下地のサウンドながら、リフのメロディには薄らと悲しみが漂っているのが特徴で、ちょっぴり薄暗く陰鬱な雰囲気が特徴的なブラック・メタル。バタバタしたブラスト疾走パートが主体ながら、かなりスローなパートとの切り替わりのある落差のある展開で聴かせる作品。決してメロディックとか叙情的というほどではないながらも、邪悪さではない薄らとした悲しみや陰鬱さ、絶望感などを感じさせるトレモロ・リフや単音フレーズのメロディが聴きどころ。ディプレッシヴ・ブラックというほど強烈に陰鬱なわけでもヴォーカルが喚き散らすでもないところもポイント。


基本的にはプリミティヴ・ブラックでありつつ、邪悪さではなく悲しげな雰囲気で突き進むブラック・メタルが好きな方にオススメ。最後まで路線がブレないのもGoodです。
ラベル:プリミティヴ
posted by メタルエリンギ at 01:33| 千葉 ☀| Comment(0) | ブラック A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DETEST / Abominations

detestabominations.jpg
チリのプリミティブ・ブラック・メタル・バンドの’14年1st。


汚く喚く掠れデス声ヴォーカル、バタバタ疾走したりズドドドドと高速で爆走したりするドラム、篭ってノイジーな汚い音質による、実にプリブラらしいプリミティヴ・ブラック。薄らメロディックなトレモロ・リフで疾走するTr.3のような曲もありますが、基本的にはリフのメロディックさはほとんどなく、邪悪さが強い爆走プリブラです。ミドル/スロー・パートもありますが、ファストな爆走パートが主体なので、プリブラ下地のファスト・ブラックが好きな方にオススメ。全8曲ながらも各々が3分弱と短いのでトータルでも21分程度というコンパクトさもポイント。


邪悪に短く突っ走るという点では、グラインドコアとかハードコアが好きな方にもオススメです。
ラベル:プリミティヴ
posted by メタルエリンギ at 01:31| 千葉 ☀| Comment(0) | ブラック A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DET GAMLE BESATT / Caerimonia Diabolus

detgamlebesattcaerimoniadiabolus.jpg
ポーランドの地声ブラック・メタル・バンドの’14年1st。BESATTの新旧メンバーによるバンド。


ミドル/スロー・パートが中心のどんよりしたサウンドながら、暗黒感溢れる刻みリフとサタニックな雰囲気は紛れもなくブラック・メタル。しかしながらヴォーカルがノーマル声で歌詞を叫ぶスタイルが大きな特徴。キーボード・オーケストレーションも邪悪さを強めるのに効果的に働いています。Tr.2では終盤にブラストとトレモロの爆走パートがありますが、それは今作ではあくまで例外。ヴォーカルが自声でありながらもメロディアスさや叙情性は無く、あくまでブラック・メタル的な地下臭と呪術性を漂わせるサウンドであるところがポイント。


疾走感は無いながらもデス声直前のダミ声でもない地声シャウトのブラック・メタルは珍しいので、ちょっと変わったブラック・メタルが聴きたい方にオススメ。


posted by メタルエリンギ at 01:29| 千葉 ☀| Comment(0) | ブラック A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

THE FUNERAL PYRE / Wounds

thefuneralpyrewounds.jpg
USのメロディック・ブラック・メタル・バンドの’08年3rd。


前作も叙情的なトレモロ・リフを纏っての爆走が非常にカッコよかったわけですが、このアルバムもTr.1冒頭から早速叙情的なハモりトレモロ・リフが大炸裂しながらのブラスト爆走!この1曲でもう「待ってました!」と言いたくなるサウンドです。程よくノイズ成分を含んでいるサウンドに、高音掠れデス声もあって、とてもUSとは思えない寒々しいメロディック・ブラック・サウンドを聴かせてくれます。


また、前作は若干のメロデスっぽさがありましたが、よりブラスト爆走とトレモロ・リフに特化した今作はもはや完全にメロディック・ブラック。全編この内容で最後まで勢い衰えず!薄ら叙情的なメロディック・トレモロ & ブラスト好きにはまさに理想郷と言える内容の大名盤!




posted by メタルエリンギ at 01:05| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

THE FUNERAL PYRE / The Nature Of Betrayal

thefuneralpyrethenatureofbetrayal.jpg
USのメロディック・ブラック/デス・メタル・バンドの’06年2nd。キーボード入りの5人編成。


ガテラルとグロウルを使い分けるヴォーカルに、タイトな高速ブラストを聴かせるドラム、低音の刻みリフとメロデス的な叙情リフ、メロディックなトレモロ・リフを使い分けるギターによる、まさにブラック・メタルとデス・メタルの中間のようなサウンド。バックをアトモスフェリックに覆うキーボードも叙情性をプラス。'06年の作品ですがモダンな空気は薄く、'90年代のメロブラとメロデスの中間みたいなサウンドの作品をそのまんまこの時代流にアップデートさせたようなサウンドは実に魅力的。疾走感の強さからすると、ブラック・メタル度の方が強く、そこにメロデス要素が加わった感じ。


ギター・ソロが少ないという点では好みが分かれそうですが、動きが多く多彩なリフの数々はそれだけで十分に魅力的。曲単位で見ても、叙情的な静のパートから始まるTr.1から魅力的な叙情リフが満載ですし、続くTr.2は叙情トレモロ・リフが大充実し、キーボードのフレーズも美しい曲。冒頭のタイトな爆走ブラストが素晴らしいTr.3、メロディアスなギター・ソロが素晴らしいTr.4、6と聴きどころは満載。全8曲ですが5分前後の尺がありますので、程よいボリュームであるところもGood。さらにラストまで勢いが衰えないですし、アルバム全体にブレも無く統一感があるのも素晴らしいところ。爆走ブラスト・パート主体に起伏のあるよく練られた構成も言うこと無し。


爆走パートと叙情リフ満載のメロディック・ブラックが聴きたい方に激押し。モダンそうな雰囲気のあるジャケですが、コレは'90年代型メロブラ/メロデス好きにこそ聴いてほしい傑作!'00年前後のメロブラ/メロデスのようなクサさもほとんど無く、'90年代的なまさに「叙情」というキーワードがピッタリと当てはまる1枚。名盤



posted by メタルエリンギ at 01:02| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

DECAYED / Hexagram (Honour et Fidelitas)

ラベル:オススメタル
posted by メタルエリンギ at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

DEATHROW / The Eerie Sound of the Slow Awakening

posted by メタルエリンギ at 23:58| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする