★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの宮殿」★
新宮殿ロゴデフォルト2016年11月改訂.JPG
メタルの宮殿はコチラ。

2015年03月16日

AUSTRALASIA / Vertebra

australasiavertebra.jpg
国など詳細は不明ですが、どこかのポスト・ブラック・バンドの作品。


ALCESTからの影響が感じられるような温もりのあるトレモロ・リフや、アコースティック・ギターの儚く美しい音色を聴かせてくれる作品で、ヴォーカルは少なくインスト・パートがメイン。ヴォーカルは女性ヴォーカルで、ハスキーな声質で温もりのある歌唱を聴かせてくれます。歌唱というよりは、明瞭に歌詞を歌うものではないので、ヴォーカル自体も楽器の一部といったような趣です。


また、曲自体は2〜4分とコンパクトなのですが、その中で展開させてドラマティックに聴かせる術を心得ているバンドです。アトモスフェリックさの強いパートから、ドラムの音が心地よいメタリックなパートへの切り替わりを聴かせるTr.3などは素晴らしいものがあります。全体的にドラムの音が素晴らしく、バシッとした跳ね返り感のあるスネアの音に、多彩なリズム・パターンでじっくり聴かせてくれます。特にこれまた3分程度であるにも関わらず変化に富んだ展開のあるTr.5のドラムは素晴らしいです。


アトモスフェリックでありつつ、トレモロ・リフやブラスト・ビートなどのブラック・メタル要素もきちんとあるポスト・ブラックが好きな方にはかなりオススメ。メタリックでない部分は近年のANATHEMAや、ARCTIC PLATEAUを思わせるようなふわふわした感じですが、それとメタリックなパートとの対比が実にGoodです。


posted by メタルエリンギ at 10:39| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ポスト/アトモスフェリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月04日

ARCTIC PLATEAU / The Enemy Inside

ARCTIC PLATEAU  The Enemy Inside.jpg
イタリアのポスト・ブラック系バンドの'12年2nd。


前作と同じような路線でありながら、よりモヤがかかったようなサウンド・プロダクションとなり、浮遊感が上昇しています。渋い泣きのギターと変拍子も駆使されたTr.1から実に美麗で引きこまれます。アルバム・タイトル曲Tr.6のようにポップさのあるパートも多分に含まれながら、明るさから切なさへと展開するような楽曲の数々に魅了されます。さらにこのアルバム、ドラムの音がかなり心地よいのがポイント高いです。なかなかリズム・パターンが多彩ですし、音そのものも心地よいです。メタル度の高いTr.5ではそのカッコ良さが際立っています。


水の波紋が広がるような瑞々しいクリーン・トーンのトレモロ・リフもまた特徴で、前作のようなブラック・メタル的な質感は大きく減退しながらも、また違った魅力を発揮しています。ヴォーカルは前作同様基本はアンニュイな感じの低〜中音域のノーマル声ですが、掠れデス声絶叫も部分的に聴かせてくれます。曲が前作よりもコンパクトになっており、軒並み3、4分で聴きやすくなっているのもポイント。


前作が気に入ったのであれば今作も迷わずオススメ。ALCESTで言えば「Shelter」のようなメタル度が低い作品が好きな方には大いにオススメ。


posted by メタルエリンギ at 10:18| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポスト/アトモスフェリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ARCTIC PLATEAU / On A Sad Sunny Day

ARCTIC PLATEAU  On A Sad Sunny Day.jpg
イタリアのポスト・ブラック寄りバンドの'09年1st。


ブラック・メタルどころかメタル的な要素は極めて薄いですが、ハード・ロック系が好きな方にも十分オススメできるハードなリフに、シューゲイザー的なノイジーな轟音リフ、さらにブラック・メタル的なトレモロ・リフの使用も多めなので、まさにALCESTなどのポスト・ブラックが好きな方にオススメしたい作品。ヴォーカルは低〜中音域のアンニュイなクリーン歌唱をメインに、部分的にグロウルの使用もあります。浮遊感のあるサウンドに漂う儚くも温かみのあるフレーズの数々は、まさにこのテのサウンドの模範的内容。個人的にも非常に好きな音です。


それにしてももっと普通にポスト・ロックっぽい感じかと思っていれば、実際全部聴いてみると意外とハードさもきちんとあるのが好印象。さらに、ALCESTばりに歌メロがしっかりしているのもポイントで、決してほわほわした雰囲気だけのモノに終わっていないのが素晴らしいです。アルバム・タイトル曲であるTr.2の歌メロにトレモロ・リフは実に素晴らしいです。意外とベースがカッコよかったりするのもポイント。


Tr.7「Iceberg Shoegaze」のトレモロ・リフは実に絶品。個人的にこういうのは本当に好き。Tr.8はドラマティックな展開がある7分程度の曲でこれまた名曲。ラストのTr.11は21分ありますが、4分くらいで曲が終わって、長い無音部が入って19分くらいからS.E.みたいなものが入るというよくあるパターンですw


総合的に言って、ALCESTなどが好きな方には是非とも試しに聴いてみてほしい作品。美しいです。


posted by メタルエリンギ at 10:15| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポスト/アトモスフェリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

TIDES FROM NEBULA / Aura

TIDES FROM NEBULA  Aura.jpg
ポーランドのポスト・メタル系バンドの’09年1st。


ポスト・ロックの要素をふんだんに交えたフワフワしたアトモスフェリックなサウンドで、その美しさもさることながら、リズム面は変拍子が多いのも特徴で、それがまたミスティックな雰囲気を醸し出しています。


ポスト・ロック的な感じかと思って聴いていれば、意外とヘヴィでハードなリフも登場するし、やはりメタル要素もアリ(シューゲ的轟音というよりは、むしろメタルっぽい)。さらに、トレモロ・リフが大量に散りばめられているのも個人的にポイントが高く、煽情力は抜群。


曲間が繋がっているのも特徴で、ひたすらに美しい世界が続いていきます。コレは最近聴いた中でもかなりのヒット。というより、以前軽く聴いてみて、「なかなかいいじゃん!」と思っていたのですが、それを最近ようやく入手した・・・とw


想像していた通り、全体的にも素晴らしかった。クリアな音質だし、ノイズ混じりじゃないし、ブラック要素はほぼ無いものの、それでもポスト・ブラック好きな方にもオススメできる内容。変拍子入りなので、FENとか好きな方もお試しあれ。


でももっと言ってみれば、LES DISCRETSや、ARCTIC PLATEAUのように、ポスト・ブラックとロックの中間みたいなサウンドのものが好きな方に一番オススメ。


美しいです。





ういじゃ〜!
posted by メタルエリンギ at 11:38| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ポスト/アトモスフェリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする