★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの宮殿」★
新宮殿ロゴデフォルト2017年4月改訂(送料半額).JPG
メタルの宮殿はコチラ。

2017年11月12日

◎2017年11月12日〜13日、700円以上の商品30%オフ・セール!!

【対象期間:11月12日 0:00 〜 11月13日 23:59までのご注文】

上記対象期間中に、合計1,500円以上ご注文いただくと、700円以上の商品が30%オフとなります!

700円未満の商品は割り引き対象外ですが合計金額にはカウントいたします。

※送料半額、代引き手数料無料は、値引前ではなく、値引後の合計金額が対象となりますので、ご注意くださいませ。
※カートのシステムの都合上、決済時には割引額が適用されません。ご注文後の自動送信メールの後の、手動メールにて割引後の額をお伝えいたしますので、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

是非ご利用くださいませ。


posted by メタルエリンギ at 00:04| 千葉 ☁| Comment(0) | エリンギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

ゲームのトラウマ

Twitterで年に1度(2度?)くらいトレンドに上がってくる、お前らのゲームのトラウマ挙げてけっていうのがありますが、私もゲームをいっぱいやってきた身としては結構あるわけですw

まぁ、大人になってから再度プレイしたらそうでもなかったみたいなものもあったり、繰り返しプレイするうちに慣れたみたいなものもあって、真にトラウマって言えるほどのものはたぶん無いんだと思いますけど、プレイした当時辛かったものというものを色々と挙げてみたいなと思います。

とりあえず…

バトルが大変だった、もう2度と戦いたくない、倒し方がさっぱり分らんかったっていう【バトル編】

「うわ〜・・・」っと思ってしまった、【イベント編】

もう2度と行きたくない、プレイするたびに「あ〜次あそこか〜」ってなる【ダンジョン編】

に分けてやってみるとしましょう。

まずは、

【イベント編】

●ドラクエ5で、ビアンカ(もしくはフローラ)がさらわれた時
あの時、城全体が不自然なほどに寝静まっていて、その中で異変に気付いた主人公が起きて城内を探索することになるわけですが…。非常に不穏なBGMに、他はみんな眠っている、画面は暗い、もちろんクリアするまで出られないという状況下で、どうすればいいか分からず1時間くらいウロウロしてしまい結構精神的に来るものがありました。

そして…ベッド付近を調べて侍女と赤ちゃんがパッと現れた時、あまりにも驚いてしまい心臓が飛び出そうになりましたw

まぁこれは今では攻略法はすでに分かっているので、そんなにキツいイベントでもなくなりましたが、小学生当時の自分には非常に不気味でキツいイベントでしたね〜。

●ヒーロー戦記のロボット長官
最近ふと調べてみたんですが、アレは実際にロボット長官っていうのがウルトラセブンにいたんですね。で、実際ヒーロー戦記でもウルトラセブン関連のイベントで出てくるわけですが…。

ロバート長官と名乗っていた人がいきなり狂いだして「どうも調子が悪い」って言って、メガネを外したら実はロボットであることが判明したあのシーンは不穏なBGMもあいまって元ネタを知らない当時の自分にはやはり相当くるものがありました。あそこはとにかく一刻も早く抜け出したかったですね〜。元ネタ知ってたら笑っちゃいそうですけどねw

●ライブアライブのオルステッド
方々で言われていますが、まぁオルステッドさんの裏切られっぷりは相当応えるものがありますね。コレはむしろ大人になった今見たほうが「な、なんてとんでもない話だ…」って思うようになりましたw

●FFに多い時間制限イベント
カルナック城とか未だに苦手ですw

●サガフロンティア2でコーデリアが死んでしまったとき
一人送り込む…となったらやっぱり単独でも相当な戦力であるコーデリアを送ってしまうわけですよ。そしたらあの仕打ちですよ。とても悲しかった…。なので初プレイ時のウィルの奥さんはラベールでした。母が違っても同じ息子が産まれる辺り、ナイツの血というのはそこまで濃厚なのだろうかwww

●サガフロンティア2のサウスマウンドトップの戦い
はい、悪名高い?コンバットイベントですね。とにかくこっちには強いユニットがいないのに、敵は鋼な部隊がいたりしてとても大変。勝利条件がホントにギリギリになるように設定されていてコレはクリアに手間取りましたね〜。ただ1度クリアすると意外とその後のプレイではすんなり勝てるようになりました。防衛ラインぎりぎりで耐えたこともありますし、偽ギュスターヴを囲んで撤退→消滅に追いやったこともあります。それでも、それでもです!ここはやっぱりやりたくはない。疲れるw

●幻想水滸伝2の隠居(?)エンディング
ゾンビに追われながらも逃げまくると発生するエンディング。リドリーさんがお亡くなりになって、シュウさんにビンタされてもなお主人公の思いは揺るがないのだった…。

●幻想水滸伝5の普通エンディング
108人集めないで行くとね〜…。まぁヒロインは苦手な人も多いようですが、自分は好きだったのであのエンディングはバッドエンドにも等しいくらいに悲しかったですね〜。その後108人全員集めたエンディングを見るために即2回目やりましたからねw

●ブレスオブファイア2のタペタのお城のイベント
料理対決のために食材の虫を集めてくるわけです。…すいません、虫が苦手なのでこのイベントは毎回苦痛ですw でもタペタは1番好きなんだぞ!あ、関係ないけど数年前にブレス2を再度プレイして、キノコ少女アスパーが凄くかわいいと思いましたw

●ブレスオブファイア3の砂漠
あれは…マジで…精神的に摩耗しました…。星の位置を確認しながら延々と続く何もない砂漠マップを行くわけですが、いやコレはホントに「う〜〜〜ん、コレちゃんと進んでるのかな?」「どうなの?そろそろゴール?」「まだなの?」って凄く不安になったものです…。これも今でもあんまりやりたくないイベントですね。

●ブレスオブファイア4のニエ関連のイベント
ニエとは直球そのもの「生贄」なわけですがw コレがまぁ酷いもんで、主人公の片割れフォウルが人間を滅ぼすことを決意するのも無理ないなぁと思ってしまうイベントなわけです。終盤にもある城で凄いものがありますが、あそこの城の呪術的なBGMが当時ホントに怖くて苦手でしたね。ブラック・メタルとか聴いた今ではむしろ好きなんですけどw


では次に【ダンジョン編】でも。

●FF3の暗黒の洞窟
コレは何度プレイしても「あ〜、次は暗黒の洞窟か~・・・・・」ってなっちゃいますねw ファミコン版ではセーブポイントというものが存在せず、あのダンジョンのモンスターからは逃げることもできません。おまけに魔剣以外の通常攻撃で仕留めそこなうと、対象のモンスターが分裂して増える、ダンジョン内は隠し通路だらけっていう鬼のようなダンジョンです。

私は宝箱回収しつつ隠し通路に迷いつつクリアしていましたので、毎回3時間はかかっていましたw ボスに負けたら最悪ですね。今のところ負けたことはないですが…。

なお、ここは全員魔剣士で行くのが普通なのかな?と思っていたのですが、思ったより皆さん魔剣士そんなに多くは使わず、パーティに一人か二人なんですね。私は全員魔剣士か、全員ナイト、もしくはナイト2人、魔剣士2人でしかクリアしたこと無いです。全員魔剣士なら敵を増やさず倒せるので先制できればほぼ被害は無いし、ナイト全員だとディフェンダー2本なら1撃で仕留められたり、全員で庇い合うのでなかなか死なないわけですねw

コレは今度また別な組み合わせにして攻略してみたいですね〜。

●FF3のオーエンの塔
実はここも苦手。序盤の中でも飛びぬけて階層が多いダンジョンですが、どうもその長さが未だに「あ〜、行きたくね〜」と思わせてくれますw

●FF3の小人じゃないと攻略できないダンジョン
あるんですよそういうダンジョンがw あれは「あ〜、次はあそこか。やだな〜」っていまだに思いますねw

●FF4の封印の洞窟
うむ、一撃必殺の9ディメンジョンを使ってくるアサルトドアーに、徐々に迫ってきて一撃必殺のクラッシュダウンを使ってくるデモンズウォール。どちらも非常に心臓に悪くて大嫌いですw 封印の洞窟は本当に「あ〜、次はあそこか。やだな〜」の筆頭に上がるダンジョンですね。

●ブレスオブファイア2のラストダンジョン、無限の塔
いや〜、エンカウント率が異常に高いのと、敵が強力なものが多いせいか攻略に時間がかかるわけです。無限の塔を降りるだけでもかなりの苦労ですが、ドラグニールが中間地点でさらにラストダンジョンがあるという流れは結構大変でした。まぁでも中間地点があるだけ、FF3のクリスタルタワー→闇の世界よりはマシかw

●サガ2秘宝伝説のラストダンジョン
ザコモンスターが強すぎるwww そして結構長い。初回プレイ時はエクスカリバーも持っていなかったし、力武器で全然攻撃が当たらなかったので、少し進んではセーブ、敵にエンカウントしたらリセットで強引にラスボスまで辿り着きましたw もう20年近くプレイしていないハズなので今プレイしたらどうなるか分かりませんが、やっぱりあまり行きたくないダンジョンですね。

●FF6のダリルの墓
世界崩壊後というダークな場面、かつお墓というシーンで、いつものダンジョンの曲すらも不気味に感じられてとにかく子供の頃は苦手だったダンジョンです。今は普通ですが。あとアウザーの屋敷でしたっけ?あれも子供の頃は苦手だった。

●真・桃太郎伝説の大江山
ここは何度プレイしても苦手です。あまり成長していない前半に挑戦しなければならない謎解きありの長大なダンジョンで、敵もほどほどに強くて実に大変。ここを乗り越えた後の一面雪景色が印象的でしたね〜。


続いて【バトル編】です。

●FF3のサラマンダー
コイツは何度戦っても心臓に悪いw 炎が強すぎるんですよね〜。ただ実は1度も負けたことは無くて、最初戦った時もバッカスの酒を戦士に使ったらなんとなく勝ててしまったというのがありますw それもあって大抵自分はここでバッカスのさけを使ってサラマンダー退治に役立てます。あとはくろまどうしにブリザガを覚えさせてから大体行きますね。

●FF3のガルーダ
コレも方々で言われているかと思いますw ちょうど姉が自分がプレイしているところを見ていたいんですが、あれで寝込みを襲われるところでピンチなBGMが流れますが、何度も全滅して何度も聴いているせいか姉がタイミングを覚えてしまってBGM口ずさみながら爆笑していましたw こっちは勝てなくて笑い事じゃねぇぞとw 全員竜騎士でジャンプが基本ですが、タイミングがかみ合わないとかみなり2、3発で死んでしまいますからね〜。あれは大変だった…。

●FF3のクムクム
ボスじゃなくてザコですが、石化するブレクガやデスを使ってきたり、ファイガとかも法外な威力でとにかく「会いたくね〜〜〜」って思わせてくれる敵でしたな。

●アンリミテッド・サガのカオスルーラー戦
アンリミテッド・サガ。それは命の削り合い…。なんのことかといいますと、あのゲームには敵にも味方にもLPというものが設定されています。え?「いつもそうじゃん」て?そうなんですが、このアンサガに至っては「HPすらも鎧でしかない」のです。HPが0になってもキャラも敵も倒れることはありません。LPが尽きるまで殴り合うのです。そして、HPが残っているほどLPが削られにくい等の要素があるわけで、言ってみればHPすら鎧なわけですw

そしてこのラスボス、カオスルーラー戦は緊張感が半端無いw カオスルーラーの前に各主人公に応じた個別のボスがいて、まずそいつもなかなか強い。特に攻略に特定の手順が必要なアーミックさんはかなり大変です。HPがないとLP2〜3削られる攻撃をしてくることも多く、カオスルーラーの最終形態はとにかくそういう攻撃の嵐!ここまでにいかにLPを温存できるかが鍵となりますし、LPが削られるのは完全に確率です。極論すればHP0だろうが削られない時は削られないし、HP600あっても削られるときは削られます。

つまり、いくらHPやLPに余裕があってもこのLP2〜3削られるのが当たり前な最終形態戦は全く油断ならないわけですw
ヒドい時は最終的に3人しか残らない時もあるし(最後の一人で勝利した方もたくさんいらっしゃるかと思います)、とにかくまぁ毎度毎度手に汗握る熱戦を繰り広げなくてはならないわけですw とてもスリリングで面白いんですが、心臓に非常に悪い戦闘であることに違いは無いです。それを7人分とかよくこなしたなぁと我ながら思いますw

アンサガクリアした人は自分の周りには誰もいないので、誰かと話してみたいなぁとちょっと思っていたりもしますw

●サガ2アポロン戦
あれは…強かった…。最近友人から聞いたんですが、秘宝によってパワーアップしていたところを秘宝を持っていかれてしまって弱体化しているので余計にキツいという話。実はそれ、「全く意識していなかった」ですw そ、そうだったのか!と目からうろこでした。この人には何度も負けましたね。

●FF5のところどころにいる強い敵
ガルキマセラ、どくろイーター、シールドドラゴン、エクスデスソウルなどなどですね。こんなのなぜ出てくるんだよw って思っていました。あ、あとモーグリの森?行くとき、特になにも意識せず砂漠に突っ込んで、サンドクローラーと熱戦を繰り広げていました。バッツが魔法剣士だったので、魔法剣ドレインで強引に勝っていました。いや〜、大人になってから再度プレイして「あ、これって砂漠避ければよかったのね…」ってようやく気付いたのでしたw

●FF5のプチドラゴン
プチブレイズで散々にやられたので忘れられませんw

●FF5のゴゴ
切れられてしまい物凄いダメージを受けて「こ、この人超怖い…」って子供の頃思いましたw

●テイルズ・オブ・デスティニー2のバルバトス
まぁ、定番だと思いますw ただでさえ強いのに「アイテムなんて使ってんじゃねぇ!」とか「術なんて使ってんじゃねぇ!」とかワガママなこと言ってくるおっさんw

●デビルサマナーソウルハッカーズのモーショボー
バイナルストライクで一撃で粉砕されたことは忘れられませんな〜。

●ロマサガ2のザコモンスターのキックとか触手とか…
いやあのゲームキック強すぎでしょw フォージウィルムとか、タームバトラーとかのキックは一撃で死ねるw あとはナイトフォークの地獄爪殺法とか、ミスティックの気弾、植物モンスターの触手も強すぎるw リザードロードは通常攻撃すらもバカにならんですね。ボスよりもザコの方が怖いですよねあのゲーム。

●ロマサガ1のザコモンスター達
スカルゴイルさん、流星剣やめてくださいw イフリートさん、火の鳥やめてくださいw フルフルさん、吹雪やめてくださいw あとはラルバさんかな?ダークウェブやめてくださいw これらの攻撃で1撃、2撃で葬り去れた人は私だけではないでしょう。

●アンサガのレインボーグッキー
はい、アンリミテッド・サガには最も弱いモンスターとして「グッキー」という獣モンスターがいます。アンサガはマスを一歩一歩進んで、進んだ瞬間にそのマスに敵がいたら「獣系」とか出てきて、モンスターのグラフィックだけが出てきて、その後確率で戦闘に突入する感じになっています。このレインボーグッキー、ラスボスのカオスルーラー以上に厄介なモンスターなのですが、コイツがなんとグッキーと全く同じ姿なんですwww なので、「獣系モンスター」って出てきて、「はいはい、グッキーね、ザコ―」って戦闘に突入すると…「レインボーグッキー」という名前が。「おや?なんだそれは。まぁいいか。」と戦ってみると、いくらLP削っても死なねぇ~~~(笑)!!とにかくLPの値が物凄いし、HPをかなり削らないとLP自体も削れません。状態異常技も連発してくるし、とにかく難敵!それ以来、グッキーの姿を見るたびに「こ、こいつフツーのやつだよね?レインボーじゃないよね?」とビビりっぱなしなわけですwww

でも実はレインボーグッキーには遭遇すること自体は物凄く難しいんです。各マップに入った瞬間に低確率で出現するようなのですが、なぜ出会わないかというとひたすらにこちらを避ける動きを取るからです。レインボーグッキーと会いたい場合、袋小路に進んだうえにすれ違わないようにピッタリと相手の動きと重ならないといけないので、会うこと自体がとにかく稀です。モンスターが逃げていく動きを取っている場合は「あ、レインボーいるな。」と大体わかるわけですw ただ、序盤はこちらも弱いので当然のごとくフツーのグッキーがうろついているわけで、もうそれを見かけるだけでも「レインボーちゃうよな!?」ってビビりますw 今思えばコレが一番のトラウマかもしれません。勝つにしても長期戦は避けられないし、負けるにもこっちのLP全部尽きないといけないから時間かかるんですw


突然ですが上記に当てはまらない【その他】編

●サガフロンティアで主人公のLPが尽きた時。
「〇〇は死んだ」って出ます。「おぃ、ストレートすぎるだろ!」ってかなりグサッと来ましたw

とまぁまだまだたくさんあるとは思いますが、トラウマというほどではないにしても「あ〜これはきつかったなぁ」みたいなやつを挙げてみました。

これを挙げてみて改めて思ったことは、サガ・シリーズは意外とそういうの少ないんだなということです。まぁ、ストーリーがそんなに作りこまれたシリーズではないというのと、物凄く強い敵がモリモリいて一番全滅したのが多いのもこのシリーズだろうけれども、どこでもセーブができるので何度も挑戦できる分苦痛が無いというのがその要因だと思います。

実際ダンターグとか、初プレイ時にはフォルネウスとか、ミンサガのシェラハもそれこそ何十回と挑みましたが、やっぱりサガ系の場合は負けても「クッソ〜、次はこうしてやるぜ!」みたいな楽しみの方が大きく上回りましたね〜。で、ギリギリのタイミングで新技閃いて逆転勝利みたいな時はやっぱり最高に楽しいわけですよ。

なんか全滅するのが当たり前、みたいなゲームなので、それも大きな要因かなと思います。敵が凄く強くて油断できない分、どこでもセーブができるっていうのは優れたバランスだなと再確認。

反面、ストーリーがよく練りこまれていて、キャラを使える期間にも限りがあるサガフロ2は精神的に重くなる場面は結構多めにありましたね〜。アンサガは一話完結式というか、クエストに出て失敗したら終わりなだけだったので、そんなに精神的に重くなる場面はなかったですね。ラスボス除きw

すぐに思いつくのはこんなもんかなと思うのでここでいったん終了です。なんか思い出したら追記するかも。

ういじゃ〜!
posted by メタルエリンギ at 18:51| 千葉 ☁| Comment(0) | エリンギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

2017年8月23日エリンギ日記【あの頃は良かった…?】

さきほど、別カテゴリにて個人的LUNA SEAの曲トップ10をやってみました。

で、終盤にこんなことを書いたのです。

------------------------------------------
3年ほど前だったかな?仕事のメタル以外はほとんどLUNA SEAしか聴いていない時期があったくらいです。

2年ほど前は仕事のメタル以外はLAPUTAしか聴いていない時期というのもありましたw

去年の頭はWild Armsの曲ばっかり聴いてた時期もありますね。
------------------------------------------

っていう。

なんだかんだ自分も仕事じゃない時に聴く音楽っていうのが決まってきたなぁとここ数年思います。

あんまり音楽をまだ聴いていなかった頃や、今まさにメタルにのめりこみ始めたころなどは、とにかく新しく買ってきてはそれらをガンガン聴いていたわけです。

でも今では、新しく入手してもそれをゆっくりしたい時間に聴くということはほとんど無くなりました。

新しいものを聴くなら同時にコメントも書いてしまいたい


ゆっくりしたい時間にはコメントとか気にしないで聴けるものを聴きたい。

となるので、結局歌詞までガッツリ覚えた昔聴きこんだ作品を聴く機会が多くなるのです。

でまぁ、よく…

昔は良かった。

的なことをなんでもかんでも言ってしまうのが多くの人ということですが、自分もそういう状態になっているのかなとw

昔も今もいい作品があるということは間違いないです。

しかしながら、大体の人には特定の音楽やらゲームやらに物凄くのめりこんだ時期っていうのがあって、あの頃は良かったになっちゃうんですよね。

自分にとってはまさにゲーム音楽や’90年代のヴィジュアル系、メタル聴き始めに聴いていたメロパワ、ギタリストモノ、大御所のデス、ブラック・メタルがそれらに該当するわけです。

CDを扱う仕事をしている身としては、聴いたことが無いものを率先して聴かなくてはなぁとは常々思うのですが、やはり好きなものを聴く機会もないと疲れてしまいますw

なので、聴いたことが無いものはコメント書くために集中して聴いて、作業じみたことをする時やのんびりしたいときはヴィジュアル系やゲーム音楽やメロパワなどを聴く…そんな感じになっています。

正直新しいものをガンガン聴いていた頃は、「いやいや、昔は良かったとか言ってないで今もいいバンドいっぱいいるよ!聴けばいいのに。」って思っていたものですが、今となっては「昔は良かった…」というその思いも否定できないなぁとそう思ったわけですね。

90年代のポップスが好きで、「今の音楽はダメだ。心に響かない。」ということを言う方もたくさんいますが、現代の音楽が好きな人は「何言ってるの、凄くいいのに。90年代のなんてつまんないじゃん」と思っているかもしれませんし、きっとそう思っている人たちも10数年後の音楽を聴く頃には「あの頃(2010年代くらい)は良かった。」って多くの方々が言ってるんだろうなぁと思いますw

きっとその繰り返しなんですよね。

まぁ、どんな人にも「あの頃は良かった…」があるのを前提にして、それでも何かのきっかけで「あ、昔の音楽も結構いいよね!」とか一部の若い人に思ってもらえたり、「うん、最近の音楽も悪くないね。」とか一部の年配の方に思ってもらえたり、お互いそういうのがたまにあればいいんだろうなとそう思ったのでした。

仕事で100枚、200枚と聴く中で、やっぱりたまに強烈な作品と出会えたりするので、それは今でももの凄く楽しかったりします。

なので「新しいの聴けばいいものとたくさん出会えるのは分かってるんだけどね、でもやっぱりラクリマとかシャムとかロマサガの曲とかも聴きたいんだよな〜」っていう状態なんですw

あの頃は良かった…を否定せずに、かといってあの頃は良かった…に閉じこもることなく新たな出会いも求めて、そして新たな良作との出会いを提供できるようにバランスよくやっていければなと思います。

なんかうまくまとまってませんがw

ういじゃ〜。
posted by メタルエリンギ at 22:51| 千葉 ☁| Comment(0) | エリンギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

2017年8月9日、エリンギ日記【DAITA / Lucifer D】

私はSIAM SHADEが好きで、DAITAさんのギターがとにかく好きなわけですが、そのDAITAさんがバンドやろうぜという音ゲー用に作曲した「Lucifer D」がとにかくカッコよくてハマっています

SIAM SHADE、ソロ作含めてもトップクラスの弾きまくり度であり、クサみのあるメロディとハードなリフ、2バスを駆使したドラムによりメタル寄りな曲に仕上がっています。

それでいて幾度もテンポを切り替えるDAITAさんらしいプログレッシヴ・ハード・ロック’的な展開がまた激アツなわけです。


↑これは3分程度のエディットサイズで、フルでは5分半くらいあってより聴きごたえがあります。

展開にプログレッシヴさがありつつも、SIAM SHADE時代のVirtuosoとも、Solomon's Sealとも、ソロのFantasiaとも違ったシリアスでダークな雰囲気がDAITAさんの曲としてはちょっぴり新鮮。

タッピング、高速フル・ピッキング、スウィープとテクニカルなソロも満載ですので、テクニカル・ギター好きにとてもオススメですし、DAITAの速弾きがとにかく好きだ〜!という方には絶対に聴いてみてほしいです。

ここ数日仕事の合間にコピーしていますが、メロディも結構覚えるのが大変で、5割くらいしかコピーできていませんw

どの道速弾きはキレイに弾けないから、この曲のコピーは6割くらいになるのかな〜。

速弾きの少ないSuna no Siroとか、新たなる旅路辺りは8割くらいいけるんですけどねw

ういじゃ〜!
posted by メタルエリンギ at 23:13| 千葉 ☁| Comment(0) | エリンギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

2017年7月5日、エリンギ日記【あの頃ハマっていたCD その3/Romancing SaGa】

このネタもすごく久しぶりですね〜。

日記をちょっと読み返していたら久しぶりに書きたくなったという感じです。

え〜〜〜と、前回のこのネタではロマサガ3のサントラについて語りました。

その後くらい(高校2年の秋、冬頃)にハマったCDということで、それが今回の、ロマンシング・サガ・オリジナル・サウンド・ヴァージョンとなります。

ゲーム自体はロマサガ1と2を同時に買って、1からプレイしました。

でも途中でデータが飛んでしまったので、2からクリアしましたw

ふっふっふ、今の若い子達はデータが飛ぶというのがきっとピンと来ないであろうなw 何せソシャゲはセーブの概念すら無いしw

ファミコン、スーファミのカートリッジの頃は多くのプレイヤーが泣いたことでしょう。私も数多くのゲームのデータが飛んで行ったものです。それが自分のデータならまだしも、親とか姉貴のだと凄く気まずい・・・

まぁそれはいいとして、今回も気に入っている曲について書いていきましょう。

まずは

・オーバーチュア|オープニングタイトル
の、オーバーチュアですね。ソフトを差し込んだ瞬間に雷鳴のSEと一緒に流れてくる曲ですが、勇壮さの中に悲壮感も漂いつつ、後半で壮大に展開する流れがいかにも勇者の伝承といった感じでカッコいいです。

・シフ
タイトル通り、主人公キャラの一人であるシフのテーマ曲です。シフを主人公にすると街や草原等のマップでこの曲が流れるわけですが、とにかくアツい!アツい!そしてクサい!!中古で買って入っていたデータがたまたまこのシフだったのですが、その曲のカッコよさに痺れました。シフさんドット絵も勇者っぽくてカッコいいよね。

・グレイ
勇壮なミドル・ナンバーにして哀愁も漂うメロディが印象的。グレイを初の主人公にしたので、いろいろと思い入れの強い曲です。

・ダンジョン1
メルビルの方の下水道とかで流れるダンジョン系の曲。ダンジョンの曲までもとにかくメロディアスなイトケンさんですが、1からとてもメロディアス!それでいてダンジョン的な危険な雰囲気やドロドロした質感もあるのが素晴らしいところ。ミンサガの方よりこっちが好きですw

・バトル1
当時あまりのアツさに衝撃を受けました。当時はまだ「クサい」という概念は自分の中には無かったわけですが、メタル聴き始めた後に聴くとまぁクサいことこの上ないw むしろ暑苦しいくらいなので何ターンも戦っていると聴き疲れすることも正直ありますが、それでも名曲。

・騎士の誇り
とても穏やかでメロディアス、かつ切なさも感じられる爽やかな曲ですが、こういう明るく切ない感じの曲はとにかく好きです。メロハーでもそっち系が好きですw

・下水道
そして外せないのがこの下水道でしょうw ロマサガ1を知らない方はなぜにこれが下水道?と思われるであろうメロディアスかつクサい名曲。実は元々フィールドの曲として作られて、アルベルトが歩いているところをイメージしたのだそうです。が、「このゲーム、フィールド無いから」と言われて、使われた先がダンジョン。それもエスタミル下水www なぜエスタミル下水にこんなカッコいい曲を当ててしまったのか謎ですが、スピーディに近寄ってくるモンスター共の疾走感ある動きと下水の水色は意外とマッチしていたりもしますw

・バトル2
とんでもない哀愁爆裂の超名曲。これもアツい曲ではありますが、通常戦闘ほどの暑苦しさが無くて個人的には何周聴いても聴き疲れもしない素晴らしい名曲。ただ、このゲームのバランス的に、この曲を何周も聴くこと自体が困難であり(ボスは瞬殺するかされるかというバランスなのです)、しかもサントラも1週半しか入っていないので、必然的に聴く機会が少なくなります…。個人的には全サガ・シリーズの戦闘曲の中でも5本の指に入るくらい好きな曲です。

・試練
伸びやかなオーケストラによるとても壮大で重厚でメロディアスな曲。決意めいたメロディはあの天上の最終試練の場面に実にぴったりと言える名曲です。なんでも最初はロマサガのテーマとして作られたそうですが、「重すぎる」と却下されたそうですw 実際サガ・シリーズのテーマはやはりあれがいいし、最終試練はコレがいいですね。

・決戦!サルーイン
シンプルな構成とストレートなリズム、キャッチーな哀愁のメロディによるクサクサなアップ・テンポ・ナンバー。個人的にはバトル2よりは落ちますが、サルーイン戦の神秘的な背景には微妙に切なさも孕んだこの曲がやっぱりピッタリですね。ストレートな分、ギターでも比較的コピーしやすいのも魅力的ですw これがミンサガで2バスドコドコのメロスピ化するとはなぁ〜。アツすぎて号泣しましたw

個人的にはロマサガ1のお気に入りはこんな感じ。2とか3と比較すると大分少ないです。キャラのテーマとかが後のロマサガ3やミンサガと比べるとまだあんまりしっくりこないかな〜といったところです。それでもバトル2や試練等永遠の名曲となる曲が収録されているのも事実なので、やっぱり素晴らしい1枚です。

次はなんだろうな?順番的に聖剣シリーズになるのかな?それかサガフロ1ですね。

ういじゃ〜!

posted by メタルエリンギ at 04:04| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | エリンギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

2017年6月18日、エリンギ日記【MusicBee その2】

少し前の日記で、MusicBeeというプレイヤーを愛用しているということを書きました。

実家に帰るとき最近はPCごと持って帰るのですが、実家で聴きたい曲を選んでPC本体にコピーして持ち運んでいるわけです。

で、自宅は外付けHDDに曲が入っているので、ライブラリの参照がおかしくなるわけですね。

そこで実家に帰った時にもライブラリを再構築するわけですが・・・。

今回2600曲ほどを本体にコピーして実家に帰還。

早速ライブラリを再構築してみたら…

なんと1秒で終わってしまいましたwww

凄すぎるよMusicBee…

あまりにも早すぎる…。

フォルダを読み込みってクリックしたら、次の瞬間もう全部曲が表れていて衝撃的でした。

やっぱりこのコ使えるわ〜。

ってわけでまたしてもMusicBeeが素晴らしいと実感したのでした。

ういじゃ〜!
posted by メタルエリンギ at 10:35| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エリンギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

2017年6月7日 エリンギ日記 【MusicBee】

皆さんは音楽プレイヤーは何をご利用されているでしょうか?

私は以前はWindows media playerとか、Walkmanに付属してくるX-アプリとかを使用していました。

が、とにかくX-アプリは重い重い…

起動までに凄く時間がかかるし、曲を流しながら作業でもしようものならそれだけで激重で作業がツラくなります。

Windows media playerはそこまで重くないものの、数曲ごとにどういうわけか動作不良を起こしたりということがしょっちゅうでしたし、Windows 10になってから余計な要素が増えて非常に使いづらくなりました。

と、言うのも昔はこうではなかったのですが、今ではもはや仕事柄ファイル数が膨大な量なわけです。

去年、外付けHDDが壊れてデータが全部飛んでしまいましたが、飛ぶ前のファイル数は13万ほどありました(13万曲ということです)。

ファイル数がこの量になってくると、とにかく起動がmedia playerもwalkmanも遅い…。

取込中はとにかく重くて他の作業をしたくても結構ツラい状況でした。

さらに、windows 10にアップデートした時に、なぜかmedia playerのライブラリもリセットされてしまい、その再構築がやたらと捗らないのも気になったポイントでした。1日まるまる放置してもまだファイルの取り込みが終わらない…。進んでるの?これ?みたいな。

再起動してみると、取り込んであったはずのファイルがまた消えていて再度構築し始めたり、なんだかワケの分からないことになっていました。

そんなわけで、「なんかもっといいプレイヤーないだろうか…?」と探してみたのが去年だったのですが、そんな私にピッタリのプレイヤーが見つかったのでした。

それがMusicBeeです。
musicbee.jpg
音楽蜂ですwww アイコンがカワイイです。

海外製と思われますが、日本語表示にも対応しています。

画面はこんな感じ。
musicbee2.jpg

これがですね、とにかく軽いんだ!

まず起動が圧倒的に速い!

上記2プレイヤーが起動から使用できるまでに2〜ヘタすると5分くらいかかることもあるのに、このプレイヤーはクリックして5秒くらいですぐ開いてくれます(いや、これもね、曲数が少なかったころはry)。

また、開いて曲目を選べるようになったにも関わらず、上記2プレイヤーは再生までそこからまた30秒〜2分くらいかかることもザラでした(いや、これもね、曲数ry)。。

そしてこのプレイヤーはクリックすればすぐに再生してくれました!

いや、曲数が少なかった時は上記2プレイヤーもこうだったんですよ。いつからだろう…こんなにも重くなってしまったのは…。

以前CD屋でバイトしていた頃からX-アプリは使い物になりませんでしたが、media playerはなんとか普通に動いてくれていました。やっぱり宮殿始めてしばらくしたあたりでしょうか…。入手する音源の量が格段に増えてしまったのが原因と思われます。

そしてwindows10へのアップデート後に「あぁ、もうこれはダメだ」と決定的になったのが、上記のライブラリの構築具合。

しかしこのMusicBee、ファイルが13万あるのにものの数分でライブラリが構築されてしまったのには驚きでした!

目が飛び出るほどの衝撃でしたwww

いや、media playerはwindows7の頃から再構築しようものならまるまる1日〜2日は覚悟しないとダメだったし、X-アプリなんて途中で固まってましたからねwww

それがまさかものの数分でライブラリが出来上がってしまったので…

え?これホントにもう再生できるの?ホントに?

と、ものすごく疑ってしまったものでしたw

で、実際に曲をクリックしてみると…!

おお!再生できたぁ!

もちろん、CDの取り込みの機能もありますし、取り込みも上記2プレイヤーよりスムーズにできています。いや、上記2プレイヤーは取り込み数枚ごとに大体固まっていましたのでw

今は大体月に1度くらい、メインで使っているHDDからサブのHDDに音楽ファイルをコピーしてバックアップを取っていますが、その期間に何を取り込んだかわかるようにフォルダを分けているわけです。すると、最終的には分けたフォルダからメインのフォルダにデータを移すので、ライブラリの参照がおかしくなるわけですね。

そのたびにライブラリを全部消して再構築していますが、ホントMusicBeeならこの作業もラク!

先程もやりましたが、5万ほどファイルがあるのにライブラリの再構築に2分程度しかかかりませんでした。やっぱり素晴らしいよMusicBee…

というわけで、もうすっかりこのプレイヤーしか使っていません。

強いていうならイコライザはあまり良くないですw こまかくいじれますが、なんかノイズが入ります。なのでイコライザはPCに付属のものとか使ったほうがいいですが、そんなことはどうでもいいくらいに日々のコメント書き作業やら取り込み作業やらがやりやすくなりました。全体的に動作が軽いのが素晴らしいです

CD取り込み機能の他にも、Walkman等への同期の機能ももちろんありますので、不便なことは個人的には何一つ無いですね。

ってわけで、私みたいにファイル数が膨大で、media playerとかX-アプリじゃ重すぎてやってられん!!という方には是非ともお試しいただきたいプレイヤーです。無料でダウンロードしましたが、1年前なので今もあるかは分かりませんw

なんにせよMusicBee作ってくれた方に感謝でございますよホント。

ちなみに、I tunesは使ったことが無いので比較はできません!I tunes使っている方もかなり多いと思いますので、まぁこの記事はMedia playerとかX-アプリ使っている方向けですね。

ところでX-アプリって最初はX-アプリっていう名前じゃなかったような…なんでしたっけね?まぁいいか。

ういじゃ〜!
posted by メタルエリンギ at 16:16| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エリンギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

2017年4月5日、エリンギ日記【春ですねぇ・・・】

皆さんはどの季節がお好きでしょう?

私は・・・

冬だっ!!

なので、毎年この時期はしょぼーん(´・ω・`)としております。

で、今シーズンは一つ目標を達成いたしました!

お店のはなしじゃないですwwww(オイ)

去年ですね、今までの毎月の電気代やらガス代やらを全部表にしたわけですよ。

そしたら意外と冬の方が電気代が高かったんです。

そして今年は…

こたつは使わんっ!!

という目標を掲げたわけです。

うむ、乗り切れるものですね。

こたつ不使用で今シーズンは乗り切れました。なお、私の所在は関東平野なので、冬でもそこまで寒さはきつくないです。

こたつ机の下に布団を忍ばせて、レンジでゆたぽんを二つ使うというセルフこたつ的な感じで過ごしていましたw

友人が来たとき1日だけこたつ出してみたんですが、改めて使うとこたつは無駄に全身が温かくなりすぎて、やっぱり眠気が強くなるんだなあと実感しました。

このセルフこたつはそこまで全身が温かくならないので、眠気も夏と大して変わらないという(すいません、結局年中眠いんですw)。

うん、どうせ夏も眠くなるから「冬眠くなるのはこたつのせいじゃない!」と、思っていたんですが、やっぱりこたつでさらに眠気が増すというのはあるみたいですねw

そして!!

1月にもう一つのプロジェクトを敢行したわけですよ。

ウチはプロパンガスでしてね、コレが高いんですわ〜。

昨年12月、かなりササッとシャワーを済ませてガス使用量は普段の半分くらいにしたんですが、それでもかなり取られたので…

おい、この使用量でそれはねぇだろう!!

とさすがに怒りが湧いてきましたw

実際、数年前同じくらい使用した時よりもさらに500円ほど上がっていました。

そこで、ガスの使用を止めてもらいました。

で、完全電気生活が始まったわけです。

「まぁ今どき恐らく電気でお湯を沸かせるようなアイテムがあるでしょ。」

と、思って1月頭ごろに調べてみたら、案の定バケツヒーターなるものがありました。バケツに水入れて、そこにこれを入れて電源を入れることで電気で水を温めてくれるというブツです。

そして1月にトタンバケツやらバケツヒーターやら、あとはIHクッキングヒーターやら買って、それでいけるか2週間ほど実験しました。

結果…

なにこれ、全然問題ないじゃん

ということになり、喜んでガスを止めてもらいました。

止めてもらったことで、果たしてガス代がホントに無しになるのかな?と不安だったのですが、2月に最後の分をちょっぴり支払って、3月は請求無し。

その瞬間…

やったぜ!見たかこのプロパンガス野郎!

と、テンションが上がりましたとさw

結果…

3月は電気代は3,000円弱だったし、シャワーを使わないことにより無駄に流れる水が無くなったせいか水道代の節約にも繋がりました。いや、水道代にここまで影響出るとは思わなかったです。そしてガス代は0…。

素晴らしい!!

なんで今までガス止めなかったんだ!!

と、凄く思いました。

まぁ実際、風呂用のお湯をバケツ(容量18ℓ)で温めるのに35分程度かかりますので、すぐに風呂に入れないという欠点はあります。でもそれで月数千のガス代が無くなるなら万々歳といったところです。

また、IHクッキングヒーターですが、私が買ったものは出力が1000です。お湯を沸かしにくいという欠点があるので、まずは電気ケトルでお湯をわかしてそれをIH対応底深フライパンに移すという手順で毎日飯を作っています。

これも想像以上に問題が無くて、特に強火を使う必要が無い自分としてはガス(火)よりもむしろ快適。

てなわけで、プロパンガス高ぇよ!

と思われている方はバケツヒーターとIHいかがでしょうか?

限られたお湯でお風呂タイムしないといけないので緊張感はありますが、うまくいくと達成感がありますw

なお、バケツは金属製のものでないとダメらしく、いわゆるポリバケツではバケツヒーターは使わないでねとのことなのでご注意を。私もトタンバケツを買いました。

金属製のバケツって意外とその辺に普通に売ってなくて、ネットで買いましたw

いや〜〜〜〜、今まで高くてイラついていたガス代が無いっていうのはなんと清々しい気分なのでしょう!

ホントもっと前にやっておくべきでしたわい。

ういじゃ〜!
posted by メタルエリンギ at 13:15| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エリンギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

2017年2月19日、エリンギ日記【ウルトラデスソースの沈殿部】

久しぶりの日記ですな。

なんかもうかれこれ買ってから3年半くらい経つのですが…

ウルトラデスソースをようやく使い切れそうです

いや〜、普通にお店で見かけるものはサドンデスが最強ですが、そのサドンデスすら赤子の如く感じてしまうほどの超絶な辛さのウルトラデスソース…。

1滴かそれに満たないくらいでも十分な辛さで、しかも液体があまりにもドロッドロなので1滴自体がとても小さいんですねw

サドンデスは1滴出そうと思えば結構、ボタッ!と落ちてきますが、ウルトラはトロッ・・・という感じにしか出てきません。

ですがそれでもとんでもない辛さなのです。

そんな感じですし、さすがに毎食は使わないので、頻度としては大体週に10食くらいなんですかねえ?

それくらいのペースで使っていたら、3年半かかりましたw

賞味期限はとうに過ぎておりますが💣、まあ別に気にしたもんじゃありません。

そしてそして!

ウルトラデスソースって、下の沈殿部分がとんでもなくどす黒いんですよwww

この部分辛そうだな〜・・・ってずっと思っていたのですが、ついに姿を現したコイツ!!

その結果は!!!!

とんでもない辛さ!!!!!!

でした!

いや〜、同じウルトラデスソースとは思えないくらいのさらに上を行く超絶な辛さで、悶絶しましたwww

ウルトラデスソース自体は350ccくらいのスープに3滴くらいは入れても大丈夫なのですが、この沈殿部分は1滴にも満たないような量ですでに地獄級の辛さですwww

今まで、蒙古タンメンでありますとか、すこびる辛麺でありますとか、とんがらし麺でありますとか、ハバネロカレーでありますとか、激辛なものを色々食ってきましたが、それらが霞むほどの辛さでした・・・。

私は普段、朝食兼昼食に、混ぜそばもどきというものを作って食べています。

コレは、パスタを茹でます。器にお好みの味を用意しておきます。個人的にはかつおだしとマヨネーズ、それから辛い物という組み合わせが日常的な組み合わせです。そこにパスタをぶちこんで混ぜるので、混ぜそばもどきなわけですw

で!

これにいつもどおり2滴ほど使ったわけです。

この日は特に意識していなかったのですが、なんとなんとこのドス黒い沈殿部が出てきてしまったのですw

いつも通り食った瞬間…

あ!?辛っ!!

なんじゃ!?いつもよりはるかに辛いぞ!?

とw

喉が焼けるような感触すらするその辛さは、軽く生命の危機を感じるくらいの辛さでござんしたw

その次の日…

懲りずにまた1滴だけ使ってみたわけです。

それでも非常に辛くて驚き!!

さらに二日ほど空けて次はスープに入れてみました。今度は1滴だと辛すぎるので、1滴にも満たない量で。

だがしかし!!

うぐぁ!とんでもなく辛ぇ!!

と痛恨の一撃を食らったのでしたw

う〜〜む、まさかこのドス黒い沈殿部分がここまで辛いとは!

だって、コレ1滴にも満たない量で上記の激辛ラーメンやカレーをぶっ飛ばす辛さなんですものwww

もはや笑うしかなかったです。

私の場合ほとんどの激辛モノは、数回口に運んでようやく「おお、辛いな」と思うのです。

ところがこれは違う。

一口目から「ウボァー」

となります。

辛いの苦手、あるいは普通の耐性の方とかがよく辛い物食わされてそういうリアクションしている動画とかありますよね?

自分もこの辛さならようやくそのリアクションが取れますw

ちなみにコレがそのどす黒い沈殿部の1滴にも満たないやつ。血液じゃないですよ!
TS3Y0689.JPG
今思い出したんですけど、この色ブレスオブファイア2のドラゴンズティアでしたっけ?アレの敵対している人の色みたいですねw

そしてそれを入れたスープ。パッと見ただの野菜スープですが地獄のような辛さです(よくよく見ると非常に小さい赤黒いものがところどころプカプカ浮いていますw)
TS3Y0690.JPG

さて、ウルトラデスソースが無くなったら、次は辛さの追求はもういいので、辛みにちょっと変わった風味が加わった実験的な激辛ソースを入手してみたいな〜と思います。

ういじゃ〜!
posted by メタルエリンギ at 22:13| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エリンギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

2016年12月14日 エリンギ日記

最近たま〜に絵を描いたりしているわけですが、そういえば自分、昔からそこそこ絵を描くのは好きだったんだなぁって思い返しています。

皆さんはどうだったでしょう?

私は結構ノートの余白に落書きしたりしていましたw

子供の頃よく描いたのは、家にあったペンギンのぬいぐるみとか、アザラシとか思い出しながら落書きしてました。

あとは、ガンダム。

それもSDガンダムw

いや、自分いわゆるガンダムらしいガンダムっていうのはストーリーとか全然しらないんです。

でも、子供の頃ガン消しにはハマったわけですよ。

あとSDガンダムが主役のRPGですねw

ナイトガンダム物語ですよナイトガンダム物語。

FC版ではなく、SFC版です。

大いなる遺産と、円卓の騎士ですね。

それらが好きだったので、よく余白にナイトガンダムとか、麗騎士レッドウォーリアとか、風騎士ガンダムとか描いたもんですよ。

っていうか、描いてたなぁ〜〜〜って最近思い出しましたw

高校の時も席が前後になった友人と手紙RPGを授業中にやっていて、その余白に絵を描いたりしてたっけなぁ〜と思いだしたり。

※手紙RPGとは
(ロマサガ2とかテキトーに題材を決めて、進行役(友人)と選択肢を選ぶ役(自分)で交換しながらアレコレ書いて進める遊びですw)

それらを思うと、真面目に描いたことはないけどそこそこ絵を描くのは好きだったんだなと感じたわけです。

ちなみに小、中学生の頃は風景を描くのが好きで、というかそれしか書かなかったw

何か描くとなると、森だったり砂漠だったり(サボテンダーもどき付き)、はたまた時化た海だったりとそんなもんばかり書いていました。

森の時は確か、環境保全か何かのポスター的なやつだった気がします。

砂漠はよく分かりませんが、アレって何がテーマだったんだろう?自分が描いたやつは、サボテン君の1日という感じで、真ん中に時計があって、右半分が朝で元気に砂漠で泳ぐ(そう、なぜか泳がせてしまいましたw)サボテン君で、左半分は夜でじっとしているサボテン君(っていうかサボテンダーですすいませんw)という、今思うとシュールな作品でした。

時化た海なんですけど、あれは少し厚めの紙に絵を描いて、それがファイルになるっていうやつだったんです。なんか絵の具をベタっと塗り重ねているうちに波のうねりっぽいのができて面白かったですね。でもなんで時化た海にしたのかは謎ですw

そして知識も技術も無いのにやたらと遠近法を使いたがっていたなぁと今になって思いますw

最近は単純にゲームやってて気に入ったキャラクターを描いたりしているわけですが、改めて思うのが・・・

手って描くの難しいなぁ〜〜〜〜

ということです。

手をうまく描ける人はホントに凄い。尊敬します。

ういじゃ〜。
posted by メタルエリンギ at 18:26| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | エリンギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

2016年12月6日、エリンギ日記【こたつ】

今年も私のテンションが一番上がる冬がやってまいりました!

皆さんは冬はお好きでしょうか?それともお嫌い?

さて、冬と言えば暖房。

暖房といえばこたつです。

自分はこたつが昔から好きです。ストーブと違って空気に変化が無いので、頭が痛くなったりしないのがその主な理由です。

また、電気代もあまりかからないと昔から聞いていたので、やっぱりこたつはいいなぁと思っていたのでした。

ところが・・・

夏ごろに、ここ数年の電気代をまとめて表にしてみたわけです。

すると私は驚くことに気が付きました。

あれ〜!?夏より冬の方が電気代高いだとぉ!?

うむ、夏はエアコンを使うこともあるので、夏の方が高いイメージがあったんですね。

確かに冬というのは暗い時間が多く、室内の照明をつける時間は長くなるでしょう。

が、そこは私にとってはほぼ関係が無いです。

なぜなら、室内の照明は必要な時以外はつけず、ほぼ卓上ライトのみで年中過ごしているからですw

なので、この結果を受けて私が思ったことはただ一つ・・・。

も、もしや今まであまり電気代がかからないと思っていたこたつって、意外とかかるものなのか!?

と。

なお、冬にエアコンの暖房を利用することはまずありません。氷点下近くなった時に使ったことはありますがw

そして今年は試しにこたつを使用しないことを決めたわけです

すると、やっぱりか・・・と思う結果が・・・。

大体例年、10月末辺りからこたつふとんを出して、なんか肌寒いなと思った時にスイッチ入れたり切ったりな生活をしていたわけですが、今年はそれが無し。寒い年は10月真ん中くらいから出していますね。

そうしたらですね今回、10月、11月ともに例年よりも使用電気量がかなり少なかったわけですよ。

そこで確信。

あ、こたつってやっぱり思っていたより電気かかるんだな。

と。

そして今年はどうしているかというと、布団をこたつの下に忍ばせて普通にかぶっていますw

実はコレでも十分温かいですし、むしろスイッチを切っている時のこたつに比べて無駄なスペースが無い分自分の体温で温かいw

この前雪が降ったときはさすがに寒かったですが、今の時代はレンジでゆたぽんといういいものがありましてな〜。あれを二つほど駆使すれば十分な温もりが確保できるわけですよ。

こたつ布団、下だけは敷こうかな?とも思ったんですが、よくズレるのでめんどくさいのでやめましたw 

でも床が木なのでやっぱり寒い日は冷たいわけです。

そこで、なんか本来カーペットやこたつ布団の下に敷くらしい銀色のシートを買ってきて、それを今こたつの下に敷いています。

コレだけでも床の冷たさが直に来なくなったので十分です。

ってなわけで、暖房無し生活全然いけるもんだなと実感しておりますw

毎年1月に電気代が高くなっていたので、今年はどうなるか非常に楽しみです。

光熱費を抑えられた時の達成感というものは素晴らしいものだなとw

ウチみたいにこたつの出力が中途半端であまり温かくないという方、光熱費抑えたい方はお試しください。

こたつの電気入れるよりも、ゆたぽん複数忍ばせた方が温かいですw

ういじゃ〜!
posted by メタルエリンギ at 09:43| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エリンギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

2016年12月4日、エリンギ日記。キャラ属性というもの。

なんかこう、自分の好きなキャラクターの特徴というものがあるじゃないですか。

いわゆるキャラ属性っていうやつですね。

コレ、昔はあんまり意識したことなかったんですが、ブラゲとかはキャラゲーが多いので、何か最近色々と自分の好みが分かってきましたw

数年前に思ったことが、まず自分はいわゆるロリババァが好きなんだなということ。

あれですね。見た目は若いんだけど、「○○じゃ!」とか喋るキャラ。

あと、「○○じゃ!」とか言わなくても見た目は子供で、大人っぽくてなんか偉そうなキャラ。

こういうのが好きらしい。

昔やっていたゲームで言えば…

ワイルドアームズ2のマリアベル
幻想水滸伝2のシエラ
サガ・フロンティアの零姫

辺りですね。

それからここ1年くらいブラゲをやっていて思ったのが、コレはたまたまかもしれないんですが、気に入ったキャラクターの髪の毛が水色っぽいというパターンがずいぶんと多いんですw

それから少し意識してみたら、やっぱり水色頭のキャラってなぜか気に入ることが多いという。

水色の他にも、薄紫とか銀髪とかなんか割と色素が薄い系が好きなようですw

それから最近思ったのが、前髪ぱっつん系が好きなのかもしれないと思いました。

現に今やっている、かんぱに☆ガールズの最近のお気に入りメンバーが以下の通りに。
無題.png

使用キャラ5人中、4人がぱっつん頭という、ぱっつん☆ガールズになってしまっているではありませんかw

まぁそんなわけで、そういうのが自分の好きなキャラ属性なんだなぁと実感したのでした。

総合すると、色素薄い髪の毛でロリババァという幻想水滸伝2のシエラは個人的に最強…なのかもしれません。

ちなみに、子供の頃というか学生の頃というか、ゲームに熱中していたころに好きになる傾向が多かったのは、刀キャラでした。

FF6のカイエン
ブレス4のサイアス
ロマサガ2ならイースト・ガード
アークザラッドのトッシュ
幻想水滸伝2のゲンシュウ

などですね。

まぁ幻想水滸伝は見た目が気に入っても性能があんまりよろしくないということもよくあるんですがw

FF7も見た目的には刀キャラのセフィロスなんですが、やつは仲間にならんかったからなぁ…。

高校の頃クラスの男子で、「FF6誰が好きだった?」

っていう話になって、大半の人が「俺ロック〜!」っていう中、当時のゲーム好きの友人と二人で、

「え、カイエンでしょ。」

って言って、浮いていたのを思いだしますw

侍魂なんかはそれこそほぼ全員刀なんですが、それ系だと居合系のキャラが気に入る傾向がある気がします。

橘右京とか、御名方守矢(月華の剣士)とか

ですね。

ツバメ六連とか、十六夜月華超好きでしたw

だけど一番のお気に入りは風間蒼月だったりします。

消破風月斬は何回使ったか分かりませんw

ういじゃ〜!
posted by メタルエリンギ at 03:46| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エリンギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

2016年9月25日エリンギ日記

皆さんはどうでしょう?

自分は音楽聴きながら割とエア・ドラムをやってしまうタイプなのですが(といっても、ドラムは友人の家で電子ドラムをたたかせてもらったことしかないですが)、

今のこの・・・

黙っていると涼しいが・・・

動くとちと暑い!

という環境の時、

「あ、エア・ドラムしなけりゃよかったw」

と後悔することがよくあります。

特にLAPUTAの「Breath」を聴くとほぼエア・ドラムをしてしまうので、今の時期は聴かない方がいいのかもw

ういじゃ〜!
posted by メタルエリンギ at 15:22| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エリンギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

2016年9月5日 エリンギ日記

個人的にテンションが下がる二つのこと。

その1、

METAL ARCHIVESで、プログレッシヴ・メタルとジャンル表記してあるのに、実際に聴いたときにただのキーボード入りメロディック・メタルだった時。

これを、テクニカル/プログレッシヴ・メタル詐欺という(言いませんw)。

テクニカル/プログレッシヴ・メタル好きにとってこれの残念感は半端じゃないですw


その2、

私は暑いのが嫌い。

週間予報で、雨もしくは曇りがちで気温が低めという予報だったにもかかわらず、実際は晴れて蒸し暑いというパターン。

冬に、「明日は晴れて暖かくなるでしょう。」って言われたけど、実際寒かった時はテンション上がりますw


ういじゃ〜!
posted by メタルエリンギ at 10:54| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エリンギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

●2016/8/28 エリンギ日記

久しぶりな日記でございますな。

先日これまた久しぶりに、サガ・フロンティアをやったわけです。

久しぶりだったので何をしていたのか忘れていたわけですがw

サガフロは発売当時に全キャラクリアして、何を思ったかそのデータ全部消しちゃってまたやって・・・という感じなのですが、

結局発売当初に全キャラクリアして以来、全キャラ分のデータすら無いという状態。

妖魔、メカ、モンスターそれぞれの仕組みが分かったから、全キャラで強いデータ作りたいなぁ〜〜〜〜

と、前から思っているわけでして、今一応クーン編。

Excelにそれぞれのモンスターキャラが吸収した能力を入力して、地道にHPを4ずつ上げていっていますw

今のブラゲも面白いけど、やっぱり自分の中ではゲームってこれだなぁと思ってしまいます。

キャラがかわいかったり、お色気要素があったりっていうキャラ押しなゲームもそれはそれでいいんだろうけどw、純粋にファンタジーを楽しむっていうことができるゲームって今どれくらいあるんだろう?

自分が子供のころは本当に純粋にファンタジーを楽しめるゲームが満載でした。

お金もまぁ、当時のものは購入時に一回払っちゃえばそれっきりなので、親とのトラブルも無かったしw

スーファミ後期はソフトが1万円もして、中古でも6千円くらいして、高いなぁとか思ったけど、今や数千、数万の課金は当たり前の世界w

凄いなぁと思います。

ネットのゲームはサービス終了したらアクセスできなくなってしまうのに、そこにお金はかけられないなぁ〜とどうしても思ってしまっていた私。

そこに関しては最近、こう思うようにしていまして・・・。

そういえば遊園地とか行くのも毎回金払うし、別に何かモノが残るわけじゃないんだよなぁ〜と。閉店したら終わりだしw

ゲームに課金するっていうのも、どこかで遊ぶっていうのと同じ感覚なのかなって、そう思いました。

それでも私は無課金ですがw

やってみれば意外と無課金でも遊べてしまえるんだなっていうのも、実際にやってみての驚きでした。

むしろ無課金で地道にやっている方が、レアなキャラがたまにポツリと出た時の喜びが大きいのでは?と思ったりもw

まぁ課金したことないから何とも言えませんけどw


で、それはまぁいいんです。

それよりもふと思ったことがあるんです。

自分はサガ・シリーズがホントに大好きです。

でも、満足行くまでプレイできたのって実はサガフロ2とロマサガ2、3くらいしか無いんですw

サガフロ2はなんだかんだ技術全部揃えたし、欲しい武器防具もそろったし、HPも999いったキャラもいます。

「う〜ん、十分育てたな!」という満足感がありますw

が、サガフロ1に関してはプレイした回数は多いものの、パラメータを最高にしたことが無いし、モンスターの変身もまだ中途半端です。

本当は全主人公で理想的なパーティを組んで、理想的な術を入手して、理想的な武具を装備して、技全部閃いて、人間以外の種族もバッチリにして・・・

という形にしたいんですw

ミンサガも全員クリアしましたが、できれば全主人公でクラスレベルを5にしたデータを作りたい。

ロマサガ1は単純に術の使用回数を99にしたやつをズラリと揃えてみたいw

アンサガも全員クリアしたものの、2周目はまだアーミックさんのみ。アーミックさんのデータはHPが800以上になったり、術合成パネルも入手できたりでかなり満足度が高いのですが、それを全キャラでやりたい。

1周目はパネルの法則も全然知らないで手探りでやっていたので、攻略本読んだ後の目からウロコぶりが凄まじくて、それを実践できたのが今のところアーミックさんのみなのですw で、只今マイス2周目。

どうでもいい話ですが、サガフロ1以降、最初に選ぶ主人公を少しひねった感じにしてしまっています。

サガフロ発売当時、私は周りから1週間遅れて買ったのですが、学校でみんなが「レッドが」「レッドがさぁ」と言っていたので、「なるほど、皆はレッドというキャラを使っているのか。じゃあ自分はこのリュートにしよう!」といった感じにw

で、リュートはマジで固有イベントがほぼ無いキャラなので、HP200くらいになった時に何も知らずにラスボスに挑戦してしまい玉砕したのはいい思い出ですw

アンサガも「たぶん普通はこのローラか、もしくはヴェントってのが選ばれそうだな…じゃあここは・・・マイスにしてみよう!」

と、マイスにしたわけですが、全キャラクリア後に分かったこと…

一番難しいのマイスじゃんwww

という事実w

コレ自分でも、よくクリアできたな・・・と思ってしまいます。

確かマイスの次はアーミックやったわけですが、コレもまたクセが強くてツラかったw

ミンサガはジャミルで開始。

これには理由があります。

実はロマサガ1を最後にプレイした時のことなのですが・・・

ロマサガ1には滝登りという裏技があります。

それを巨人の里で実行した結果・・・。

ジャミル「滝から降りられん!!」
※最上部までいって画面が切り替わるのですが、その画面から出られないのです。
(あぁ、ツクールやってたから思い出した。あれはつまりあそこに移動のイベントが設置されていなかったということかw)

となってしまい、そこで詰んでしまったのでしたw

なので、

リメイク版出たら絶対まずはジャミルでやるぞ!!

そして!

スーファミ版でさんざんプレイしたグレイは最後のお楽しみ!

ということにしましたw


どんどん話がずれているな。

ふと思ったことというのは・・・

あぁ、アンサガもやりたい、サガフロもやりたい、ミンサガもやりたいっていう状態だから一つのゲームに集中できないのか!

ということですw

結局あっちこっち手を出してしまって、満足いくデータがち〜とも作れていませんw

一つのゲームに集中すればいいだけなんですけど、やっぱり日によってですね、

あぁ〜、何か今日はサガフロやりたい。今日はミンサガやりたいってなっちゃうんですよね。

まぁただの贅沢な悩みですねw

時間をかけてちまちまやっていこうかと思いますw

ういじゃ〜!
posted by メタルエリンギ at 19:01| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エリンギ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする