★メタルCD専門ネット通販ショップ「メタルの宮殿」★
新宮殿ロゴデフォルト2017年4月改訂(送料半額).JPG
メタルの宮殿はコチラ。

2017年10月29日

【11月24日発売予定!】SHIVER OF FRONTIER / Crystal in my heart予約受付中!当店限定特典あり!

【予約受付中!!/こちらは各種セール全て対象外となります】

当店限定特典付き!
:店主梶原が、(G)Akihiro氏にインタビューしたものを手作り小冊子としてお付けいたします。特典がご不要な場合は、その旨ご記載くださいませ。特に記載がない場合は特典をお付けいたしますのでご了承くださいませ。

内容は、EPの内容やバンドの活動内容は他の媒体でも語られることがあると思いますのでそちらはほどほどに、Akihiro氏が好きなメロパワ・バンドや、メロパワ以外のメタル内のジャンルで好きなもの等々を伺ってみました!彼の意外な一面が分かるかも!?

==============================
※こちらの商品の発売日は11月24日(金)となっております。発売日前々日の11月22日(水)に当店に入荷予定です(本来は前日23日入荷ですが、23日が祝日で発送に支障が出るために入荷日を1日早めていただきました)。

ですので、お支払いが予め済んでいるお客様に関しましては、最速で11月24日にお届けが可能です。また、11月21日までのご注文でしたら、11月24日(発売日)着で承ることが可能です。日付指定無しでも東京近郊にお住いのお客様には発売日にお届けすることができる可能性がございますが、確実に入手されたい場合は、11月24日着をご指定くださいませ。

なお、当店の日付指定はご注文から5日〜15日の間が原則となっておりますので、11月24日着ご希望の場合は、お手数ですが特記事項にその旨をご記入くださいませ。上記の通り21日のご注文分までは24日着でお承り可能です。

また、23日が祝日で発送不可の日になりますので、お急ぎのお客様は大変恐縮ではございますが、11月21日までにご注文くださいませ。24日は金曜日となりますので、23日以降にご注文いただいた場合は到着が翌週月曜日になる可能性が高まりますのでご注意くださいませ。

ご予約希望のお客様は通常通り商品をカートに入れてご購入手続きを進めてくださいませ。

★普通にカートからご購入いただいた場合ですが・・・、

●代金引換の場合→入荷次第発送させていただきます。
●カード決済の場合→入荷次第発送させていただきます。
●各種振込の場合→予めご入金いただいている場合は入荷次第発送させていただきます。前払いがご不安な方は、ご注文時に特記事項に「入荷連絡希望」の旨ご記入くださいませ。入荷次第連絡させていただきます。ただ、上記の通り出荷の状況がタイトですので、お急ぎの場合は11月21日までになるべくご入金をお願い致します。11月22日の14時までのご入金であればギリギリ11月24日着指定で発送可能です。

カード決済の場合ですが、入荷前に決済するのが不安な方はひとまずメールの方からご予約くださいませ。入荷いたしましたらご連絡いたしますので、改めてカートからご注文ください。特に問題ないという場合は普通に前払い扱いとなります。

当店の連絡先はこちらになります:shop@metaleringi.shop-pro.jp
============================


日本のメロディック・パワー・メタル・バンドの'17年5曲入りEP。

すでに曲のストックがかなりあったということと、1stフルからなるべく間を空けずにリリースしたかったという意向から、EPでのリリースとなった今作。全メンバーが作曲に参加していますが、しっかりとシバフロ・カラーに合った曲を全曲披露してくれています。日本語詞メインの疾走感あるクサ・メロパワという路線は今作ももちろん変わっていません。

(G)Akihiro氏が高校の頃に作曲したものをアレンジしなおしたというTr.1から、疾走感とクサメロに満ち溢れたメロディック・パワー・メタルをガッツリ聴かせてくれます。彼のルーツが感じられる北欧的な若干冷たい質感と、哀愁に溢れたメロディは前作1stフルの延長上にあると言えます。

先行Demoで披露されたTr.2は(G)Hayate氏の曲。よりジャパメタ感のある曲で、GALNERYUSのEverlastingやThe Awakeningを思わせるような哀愁にヒロイックさが漂う熱いアップ・テンポ・ナンバーに仕上がっており、アルバム中でもキャッチーさやクサさはトップ・クラス!Tr.3は(Vo)Minaki氏が作った歌メロを基に(G)Akihiro氏が作曲した二人の共作と言える曲で、非常にキャッチーで哀愁に満ち溢れたサビメロ、緩やかに疾走するリズム、ハード・ロック・テイストのあるソロが印象的な曲です。

Tr.4はHayate氏による悲しさ溢れるバラード。疾走するTr.5の前に見事な配置と言える叙情スロー・バラードです。Tr.5はKouta氏による疾走ナンバー。彼らしい捻りのある展開と、ユニゾンなどのテクニカルなプレイ、クサいんだけれどもやっぱり捻りのあるメロディやコードなど聴きごたえ抜群の1曲です。これもTr.1に通じる冷たい質感がシバフロらしいなと思わせてくれます。

速い曲、遅い曲がバランスよくなるように配分したという(G)Akihiro氏の言葉通り、収録曲のバランスや配置のバランスは完璧。まさにこの並びでしょう!と言いたくなる内容です。前作1stが気に入った方には是非とも聴いてみていただきたい充実のEP。1stフルがまだの方は是非とも両方聴いてみていただきたいです。
こちらからカートに入れるでご予約いただくことも可能です。




posted by メタルエリンギ at 01:04| 千葉 ☔| Comment(0) | メタルの宮殿入荷情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

DEMONIZER / Triumphator

demonizertriumphator.jpg
ベルギーのファスト・ブラック/スラッシュ・バンドの’08年3rd。


掠れデス声絶叫ヴォーカルに、ブラック/スラッシュらしい高速2ビートでの爆走パートと、怒涛のブラスト爆走を軸にした実にハイテンションなファスト・ブラック、ブラック/スラッシュ・サウンド。若干の粗さを感じさせつつも前のめりにガンガン突っ走るドラムはもちろん、フックある邪悪な高速刻みリフと、薄ら叙情的なトレモロ・リフをバランス良く使い分けるギターも素晴らしいです。Tr.2等では薄メロ・プリブラ好きにもオススメしたくなるような素晴らしいトレモロ・リフが聴けます。


ノイジーなトゲトゲしさが感じられる質感でありつつも、音質自体はクリアで音圧もあり迫力十分。曲によってはミドル/スロー・パートも挿みつつも、大体の曲では爆走が8割くらいになっているので、スピード狂にオススメな作品。アルバム最後までブレが路線にブレが無くとにかくハイテンション。Tr.7はミドル・パートで始まり、パワー・メタル的な速度での2ビート疾走で若干控えめですが、それでも後半にブラスト爆走があります。


タイトさでは劣るものの、Tr.2等曲によっては1349にも迫る勢いで爆走していて実に強烈。このハイテンションぶりは1349の1stや2nd、そしてTSJUDERが好きな方に是非とも聴いてみてほしいです。爆走ブラック名盤!


【新品】・盤質:A、その他状態: ベルギー ファスト・ブラック/スラッシュ’08年 3rd 輸入盤 
※こちらは輸入時に開封状態で届いたので盤質が記載してあります。


posted by メタルエリンギ at 11:56| 千葉 ☔| Comment(0) | デス/メタルコア A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DISINTEGRATE / Parasites Of A Shifting Future

disintegrateparasitesofashiftingfuture.jpg
オランダのメロディック・デス・メタルの’10年1st。


Tr.1の冒頭から爽やかさのある泣きのギター・ソロが炸裂し、それが象徴するように他の曲でも流麗でメロディアスなギター・ソロや、泣きのツイン・リードなどがじっくり堪能できるメロディック・デス。しかしながらリフそのものにはそれほど叙情性やクサみが無く、スラッシュ色も結構あるのがポイント。イントロダクションTr.1やジャケからくるモダンそうな雰囲気に反して、意外と2ビートによる高速疾走パートが主体で、クリーン歌唱パートも無しのデスラッシュ寄りメロデス。ガテラルとグロウルを使い分けるヴォーカルや、テクニカルな速弾きを時折決めるベースも印象的。


アグレッシヴな2ビートの疾走パートを軸にしつつ、ギター・ソロではスピードを落とし存分に叙情的なフレーズを聴かせるTr.3は多くの叙情メロデス好きにアピールできる名曲。デスラッシーな質感もあるTr.5や6も実にカッコいい曲。また、ギター・ソロはフレーズの構築性も抜群で、そういった点からも日本人好みなメロディック・デスと言えます。日本盤が出ていても全くおかしくない内容。非常に叙情的でメロディアスなソロ・パートと、アグレッシヴなビートと刻みリフによるデス・メタルらしいパートとの対比が実に素晴らしい名作。


比較的アグレッシヴなメロデスが好きな方、デスラッシュが好きな方、クリーン歌唱無しのメロデスが好きな方、ギター・ソロがメロディアスかつテクニカルなメロデスが好きな方に激押しの1枚。バンド自体にクリーン歌唱はありませんが、Tr.9のみLYONITEというバンドの女性ヴォーカルがクリーン歌唱で参加しています。


【新品】・盤質:C、その他状態: オランダ メロディック・デス’10年 1st 輸入盤
※こちらは輸入時に開封状態で届いたので盤質が記載してあります。

posted by メタルエリンギ at 11:53| 千葉 ☔| Comment(0) | デス/メタルコア A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DISINFECT / Screams of Pleasure

disinfectscreamsofpleasure.jpg
ドイツのデス・メタル・バンドの’09年2nd。


タイトな高速ブラスト・ビートの疾走を軸にしつつ、変拍子を多めに駆使したり休符を駆使したりするテクニカルなリズムと、ストップ & ゴーな展開やテンポ・チェンジも織り交ぜた展開で聴かせるデス・メタル。ギターもドロドロした質感ながらも動きが速くテクニカルで、速弾き系のフレーズも結構出てきます。妖しいメロディのギター・ソロもあり。ヴォーカルはガテラル・ヴォーカルで実に邪悪。オールド・スクール・デス・メタルが下地の音で、そういった点から総合的にMORBID ANGELを思わせる部分が多い作品。


しかし曲は3分弱のものが多くコンパクトなところが特徴的で、言ってみればコンパクトなMORBID ANGELといった感じ。3分弱程度の尺でありつつ変化に富んだテクニカルな展開とスピーディなブラストを聴かせるデス・メタルが聴きたい方にオススメ。

【新品】・盤質:B、その他状態: ドイツ デス・メタル’09年 2nd 輸入盤
※こちらは輸入時に開封状態で届いたので盤質が記載してあります。

posted by メタルエリンギ at 11:49| 千葉 ☔| Comment(0) | デス/メタルコア A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DIFER NOM BASTA / Bloangen

difernombastabloangen.jpg
メキシコのデス・メタル・バンドの’03年1st。ドラマーはおらず、やたらとキンキンした機械的な音がするのでドラムは恐らく打ち込みかドラム・マシン。


ノイジーな質感のギター・リフと上記のやたらキンキンしたドラムの音が耳に痛いデス・メタル。ヴォーカルは喚き散らす狂気的なタイプでちょっぴり初期のKATAKLYSMを思い出します。刻みリフと、どろどろしたリフ、少しメロディックなトレモロ・リフと幅広く使うギターによって基本的にはオールド・スクール・デス・メタルが下地。前面に出ているドラムに反してギターはちょっと後ろに追いやられ気味ですが、ギター・リフはかなり忙しなく動き回っていて多彩かつテクニカルでじっくり聴いてみると聴きごたえ十分。


音質そのものも少々篭っていて聴きとりづらさがあるものの、曲の構成も案外凝っており、3:44と普通な長さながらも展開多めのTr.2はかなり聴きごたえがあります。ブラスト & 2ビートの爆走パートが主体でブルータリティも十分。ということで、ドラムが生ドラムになって、ギターの音等ミックスのバランスをもっと整えたらかなり良質に化けそうな印象の作品。やっていること自体は非常にカッコいいです。


初期のKATAKLYSM等、ハイテンションかつテクニカルで、邪悪かつメロディックな要素もあるオールド・スクール・デス・メタルが好きな方には試しに聴いてみてほしい1枚。


【新品】・盤質:C、その他状態: メキシコ デス・メタル’03年 1st 輸入盤
※こちらは輸入時に開封状態で届いたので盤質が記載してあります。

posted by メタルエリンギ at 11:46| 千葉 ☔| Comment(0) | デス/メタルコア A〜N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする